爺の模型趣味

世の中高年モデラーに勇気と希望を与えるべく・・・

彩雲製作その9

2017-08-10 23:23:09 | 製作記録

Sword製 1/72彩雲×2機とフジミ製 1/72彩雲×2機 並行して作っています。

やっと主脚完成

上4つがSword製、下4つがフジミ製

付け根のモールドが若干違うだけでほとんど同じです。

一応0.3mmの糸半田でブレーキパイプもどきをつけてあります。

 

問題はキャノピー

ハイグレードマスキングテープを4辺に貼って最後に中心を埋めて、というやり方でしたが、

見事に失敗。

ファレホをかなり薄く希釈して吹いたので、テープのわずかな隙間から回り込んでしまい、

とてもお見せできるものではありませんでした。

と、いうことでやり直し。溶剤系のペイントリムーバーは使えません。試しにアルコールで

やってみたところ、きれいに落ちてくれました。

無水エタノールです。溶かすのではなく、浮かせて剥がすみたいな感じ。

キャノピーのマスキング、これはもう苦行以外の何物でもありません。

なので、某社のマスキングシートを購入してしまいました。届くまでしばらく我慢・・・・・

 

ファレホは保存用の空ボトルが発売されましたので、さっそくボークスから買ってきました。

4本で290円

これで少々多めに調合してしばらくの間保存できます。

もう少し買ってきたほうがよさそう。

 

機体のほうですが、

スジボリも復活させて(かなり手抜きですが)、サフも全体に吹いて、準備完了。

機体下面から、塗っていきます。

使うのは、 71046 PALE GREY BLUE です。

手持ちの中では一番明灰白色に近いので。

フジミ製の2機

続いてSword製2機と増槽も

今回はMODEL Airの71046と、AIRBRUSH THINNERだけにしてみました。

希釈の割合は適当です。もともとMODEL Airはそのままエアブラシで吹けるぐらいの

薄さですから、適当にこんな感じで・・・というぐらいのいい加減な希釈。

それでもノズルの詰まりを起こすこともなく、いい感じで塗れました。

 

少しはスピードアップしないと・・・あっという間に来年になってしまいそうです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彩雲製作その8 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。