子どもとうさぎと音楽のある風景

息子いっちゃん(2006年3月生)と3匹のうさぎ(ナナ・幸助・てんかん持ちのぷっく)を育てる歌好き主婦の記録

ぷっく3才おめでとう!!!

2007年12月23日 | うさぎぷっくの健康記録(てんかん)
先日、20日にぷっくは3才になりました!おめでとう!バンザーイ!野菜のお誕生日盛り合わせをあげて、夫とふたりでいっしょに遊んであげました。これがきっと何よりのプレゼント。。。もちろん、よろこんではしゃいでいたけど、心が満たされてか、ひざの上のこの穏やかな表情です。やっぱりいつも以上に満ち足りた顔をしてました。遊んでるときには、亡きナナちゃんの顔が目にちらちらとはっきり思い描けて、きっとナナちゃんも . . . 本文を読む
コメント (2)

お父さんは「グー・・・」

2007年12月22日 | 子ども
未だにパソコンは不調ですが、しばし復調中です。1才9か月のいっちゃんの記事も続きがやっと書けました。昨日、いっちゃんがおもしろいことを言いました。 絵本のカエルが目をつむっているのを見て、「ねんね。オトウチャン、グー・・・・」これは、いびきです!私はいびきをかかないけど、夫はかなり大きな・・・それで、「グー・・・」なのです。ほかにも、おもちゃ選びに迷ってるとき、「う~んと、え~っと・・・」たいて . . . 本文を読む
コメント

パソコンが

2007年12月20日 | 子ども
パソコンが不調です。記事も書きかけでストップしてしまいました。また調子が戻ったら書きます。 . . . 本文を読む
コメント

1才9か月のいっちゃんと素敵なお兄ちゃんたち

2007年12月19日 | 子ども
ちょっと前までは「この子、どうぞ、できるようになるのかな?」と思っていたいっちゃんも最近はお友だちと遊ぶ楽しさを知って、積極的に「どうぞ」ができるようになってきました「これ、お近づきの印に・・・。」って感じで、公園でお友だちを見つけると、手に持ってる物(たいがいブーブ)を差し出します前はお腹すいてパンをかじってたのをあげようとしたこともそれから、ニャンニャンにも「ブーブ」をあげようとしてたり(猫に . . . 本文を読む
コメント

初オーブンのピザ

2007年12月16日 | 子ども
オーブンという機能を使ったことがなかった私初めてチャレンジ!「失敗しないパウンドケーキ」のもとを使って朝ごはん。夜は豆腐ピザを!豆腐ピザは薄力粉と絹ごし豆腐を同量ナイロン袋などに入れてこねて作るというもの。テレビでやってたので、作ってみました。本物には勝てませんが、もっちり感あっておいしかったですよ~。作り方はフジテレビの「子育てれび」にレシピがあります。いけないのかもしれないけど、コピーして載せ . . . 本文を読む
コメント

今年は何を学んだか

2007年12月15日 | 私の周辺
何からでも学ばなきゃ!いっちゃんを妊娠してから、これと言った夫婦げんかもなく、幸せ120%の日々を送っていました。でも、今年の後半は陰りもありました。六星占術で自分が何なのかも知らなかった私ですが、今年はちょっと悪いことがあるので、友だちに「今、大殺界あのかな~?」なんて聞いてました。結果、大殺界ではなかったけど、友だちの言葉に励まされました。「ちょっとした不運は大きな不幸が起こらないよう、気をつ . . . 本文を読む
コメント (2)

お日さま ありがとう

2007年12月12日 | みじかうた
今日も近所の森(林?)の公園へ。プレイパークというのでおじさんが手のひらサイズのまつぼっくりツリーを作らせてくれました。とてもラッキーな気分まつぼっくりに色を塗ったものを用意してくれて、桜の枝を各自のこぎりでギコギコ切って台にして。おじさんがダイソーで買えるプラスチックみたいな芯をピストルみたいな形の物に差し込んで(溶かして)手動発電機を使ってピストルから出る接着剤で台とツリーをくっつけてくれまし . . . 本文を読む
コメント

青き涙

2007年12月10日 | みじかうた
「ひとつぶの 青き涙に置き換えて   くやしさ つらさ さよなら 年の瀬」 . . . 本文を読む
コメント

うさぎはモグモグ!

2007年12月09日 | 子ども
例えば、私が夫の行動を見るとしても、今トイレに行ったな、とか、お茶飲んでるな、とか、よっぽど表情がいつもと違わない限りはポイントしか見ません。でも、子どもは細かくいろいろ見てるんですよね。うちの場合は、うさぎには朝ペレットと干草があるか確認、昼は野菜をあげて干草確認、午後はうさぎの昼寝タイム、夜またペレットと干草と野菜、寝る前に干草確認、こんな感じで食べ物をあげています。いっちゃんはまだうさぎ部屋 . . . 本文を読む
コメント

素直なことば

2007年12月07日 | 子ども
「子育ては自分育て」ということばを耳にします。自分の子どものころには無自覚、無意識だったことをじっくり味わえるのも楽しみのひとつです。子どもの世界にも邪はあります。でも、無垢なものもあります。無垢というか、単純だけどとっても大切なこととか。。。大人になると、素直さをそのまま表に出すと、脱皮したてのちょうちょの羽が風にヒリヒリしそうな感じというのか、むき出しの自分が傷ついたらどうしよう、という構えみ . . . 本文を読む
コメント