つまみ細工工房 文音

文音(あやね)です。
手作りのつまみ細工の作品、どうぞご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国立劇場のコインロッカーは10円

2014-09-11 20:29:57 | 日記
本日、国立劇場に行って参りました。
文楽 双蝶々曲輪日記を鑑賞。

やっぱり私は歌舞伎のほうが好きだなぁとおもいましたが…
だって、お人形は、始終色気があるわけじゃあないでしょ…
でも、吉田簑助さんのおはやは、本当に生きているようで…佇んでいるだけで、息遣いが感じられて、細やかな所作で、目が釘付けになってしまいました。


初めて国立劇場に行って驚いたことは、コインロッカーが10円だったこと❕❕
私は劇場関係の派遣のアルバイトをしていたので、数多くの劇場で受付として働きましたが、10円とは前代未聞❕❕
大きめのロッカーは、20円でした。
このお値段だと、気軽に出し入れできますね。
実際、途中で寒くなってカーディガンを出しましたが、それになんの抵抗もなかった💦
素晴らしいサービスです。

国立劇場では歌舞伎も上演されるとのこと。
しかも歌舞伎座より、南座より、ちょっと安い。
いいなー、羨ましいなー💦

東京は、歌舞伎座、新橋演舞場、国立劇場と、同時に何本も上演されるのがいいですね。
藤十郎さんの政岡、みたいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壽三升景清

2014-09-05 21:44:10 | 日記
9月5日金曜日
京都 南座
3階2列24番 2等席 にて観劇。

来週、なんと歌舞伎座に行くので!!
海老蔵さんはいいかな…と思ってたんですが、ひょっこり時間が空いたので、見てきました。
でも1等席は高すぎるので、3等席で観劇。

だってみなさん、1万6000円ですよ!?
一等席!!
花形歌舞伎なのに!
あまりにも高すぎやしませんか。
2人でいったら3万2000円。これだけあったら旅行できるじゃん。
というわけで、南座初3階席(8000円、それでも高い…)。心配してたんですが…



3階席2列24番からの眺めです。
なんとなんと、ちゃんと舞台は見えるし、七三もバッチリ見える。
しかも24番は左側が階段の通路側の席なので、ちょうど舞台下手から中央、花道が障害物なくスッポリ見えます。
ご贔屓の公演じゃなかったら、この席で十分です。

ちょっと身を乗り出せば、こんなに広々と見えますよ!




さて、公演について。
歌舞伎十八番のなかから「景清」「関羽」「鎌髭」「解脱」の四編を通し狂言として復活したもの。
亡くなる寸前に景清がみた「走馬燈」を「絵巻物的荒事」として表現したもの。


私、全ては走馬燈だったということを知らずに見たので…
まさかの夢オチに唖然としました。
でも、そもそもが夢の話という設定だったのね…

お話自体はいつもの歌舞伎と同じ。
他愛もない、おとぎ話。
まぁ歌舞伎はストーリーを見るものじゃないのでいいよね。

海老蔵さん
いつもの荒事の海老蔵さんでした。
いつも通り、かっこよろしく。
私は優男の海老蔵さんは(天守物語とかね)好きじゃないので、久々にしっかりした荒事が観れてよかったです。

「関羽」では馬が登場。初めて見たお馬さんに感動!
にしても海老蔵さんに跨られるなんて、本当に馬の役者さんは大変だ…重いだろうな。もっと馬の役者さんに、スポットが当たってほしいですね。


孝太郎さん
この人はいつ見ても、手堅いですねー。
本当に努力して、お稽古積んでいるんだろうなぁというのがよく分かる。
ただ、「阿古屋をやる、しかも琴を弾く」と番付に書いていたので期待してたんですが…
ポロンポロンポロン、で終わりでした💧
それぐらい、きっと私でも出来るぞ!!

阿古屋は素晴らしい傾城のお衣装。
金糸の流れ落ちる俎帯、豪華な刺繍の打掛、銀ビラの鳴る髪飾り、初めて見た傾城に、その豪華さと迫力に、圧倒されました。
会場からもため息が…


翫雀さん
色々な役をされてましたね。この人も手堅い。
でも何をされてても、翫雀さんだと分かるところが不思議。
私は「鎌髭」の入道雷雲がいちばんよかった。
こう、三枚目の役の方が、はっちゃけてていいと思うんだよなぁ。
7月の松竹座の「沼津」のおじいちゃんもすっごくよかったし…



「景清」のラストでは舞台いっぱいの大きな海老のセットが登場。
きっとこの海老と、阿古屋の衣装でチケット代が跳ね上がったのでしょう。


最後「解脱」は噂の三升席。


とってもいい企画だと思いますが…
15分で2000円。しかもそれまでの3幕を別の席で見ることはできない。
15分で2000円ということは、1分100円以上ですよ??
その15分のために、わざわざ京都まで来れる人がどれだけいるでしょう??


公演自体は面白かったけど、
あまりの歌舞伎の殿様商売ぶりに、なんだかなぁ

もっと手軽に見れるようにならないかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きすぎた??

2014-09-03 10:26:07 | つまみ細工
私のつまみ細工は小さいものが多くて…いつも花びらは1.5センチとか、2センチとかで作っています。

今回は思い切って、大きなつまみに挑戦しました💓



なんと直径9センチ❕の大花です❕❕
8センチ、6センチ、4センチの正方形で丸つまみを作りました。

前回の青いお花と同じ、頂き物のちりめんの布。
真ん中はゴールドのペップ。
さがりはビーズで✨オーロラのビーズにクリスタルのスワロフスキー、種々のパールをあわせました✨

ちょっと大きすぎたかな😁
だって着けるとこんな感じ…


振袖なんかにはいいかもしれませんね💓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青花のはんくす チチカカのワンピース編

2014-09-01 11:08:47 | つまみ細工
私はチチカカ、大好きなんです
今年のセールでこんなワンピースを買いました🎵



珍しい羽柄の、青いワンピース


ちょうどそのちょっと前、お知り合いから着物の古布をたくさん頂きました✨
本当にありがとうございます
その中にあった青い布…


このちりめんの青い布を使って、ワンピース用の髪飾りを作りました✨



ちりめんの分厚いお花に、羽二重の白地。
真ん中はラインストーンです。



さがりはスワロフスキーをふんだんに使いました❕


3本の長さを変えています。

仕上がりは結構あま~くなってしまいましたが💦
ワンピースにつけると、全体が可愛い感じに仕上がるかな?
チチカカの服は、コーディネートによってエスニックにも、可愛くにも、エレガントにも仕上がるのがお気に入り💓
着るのが楽しみです💓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫と白のプチかんざし ビーズ付き

2014-08-29 16:33:39 | つまみ細工
紫と白を組み合わせると、どうしてこんなに素敵なんでしょう??
大人っぽさのなかに可愛さがあって、なんともいえずに胸がキュンとする

これは紫の浴衣に合わせようと作りました



メインは白、紫、濃い紫のお花。
紫と、濃い紫の小花を合わせてみました。



生地は全て羽二重です。

下がりは涼やかにビーズにしました。
クリスタルとバイオレットのスワロフスキー


こういうかんざしなら、夜会巻きにひゅっとさして、普段使いができますね💓



今週末のお茶のお稽古につけて行きたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加