楽しく学ぶ、キモノと遊ぶ Myキモノニュース キモノ工房亀岡

着物を着てみたい方、縫ってみたい方、また興味のある方のための着付け教室、和裁教室「キモノ工房亀岡」がお送りします。

色をかけで地味にした小紋の出来上がり~

2017年04月19日 21時08分55秒 | 和裁教室

NHK文化センター千葉和裁教室

Aクラス午前10時~12時30分 Bクラス午後1時30分~3時30分

4月期2回目、5月は連休とぶつかり17日と31日となります。

その事を忘れて宿題の確認をするのを忘れました~思い切って連休を休みましよう。

 

派手だった白地ブルーの梅柄の小紋に柄と同じ色をかけました。

いくつになっても、当分着られますね~

 

大島紬の羽織から着物襟のコートを作っていて襟幅を着てみて確認します。

襟幅衿肩周りも襟先も同じ幅でもOKです、着物を着てみて確認がいいかもしれません。

 

塩瀬の帯、シミが多数に変色もあり作り帯にします。

  

木綿の着物が出来上がり、塵除けコートをつくります。

木綿の着物は別の日に掲載します。

 

胴抜き袷、裾合わせ中、背とじを背、脇、おくみは途中までとじます、

ふきが出ると袷の着物らしくなってきましたね!

弓道の練習着が形になってきました、もう少し!!

 

同じく弓道着、練習着よりちょっと上等な弓道用着物、裏の羽二重はハギ、接ぎしています。

 

ランキング参加しています、クリックお願いします。


にほんブログ村

ジャンル:
習い事
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都衿コート講習会 | トップ | 着物を着ました&我が家のボ... »
最近の画像もっと見る