楽しく学ぶ、キモノと遊ぶ Myキモノニュース キモノ工房亀岡

着物を着てみたい方、縫ってみたい方、また興味のある方のための着付け教室、和裁教室「キモノ工房亀岡」がお送りします。

初めての広襟仕立て出来上がり~

2017年06月09日 16時44分50秒 | 和裁教室

キモノ工房・自分でできる仕立て

NHK文化センター柏和裁金曜クラス 午前10時~12時30分

6月9日1回目の講座日、次は23日になります。

 

ウール地で広襟を仕立てました、普段着に便利でしょう!

次はトスコ長襦袢をぬいます、裁ちは終わり、袖口をくけるのが宿題でした。

 

一つ身の浴衣、袖付けになります、テキストを見ながら縫える方ですね。

 

猫柄結城紬、袖の柄の確認、今月の?娘さんの誕生日に間に合わせるそうです。

 

無双袖長襦袢、背伏と一緒に背縫いをし、終わったら後ろ幅肩幅の標をします。

きせをかけ背伏せ布で背縫いをくるみくけます。

 

縫い代の始末、両脇は耳くけ、衽は折ぐけになります。

 

左側の方は不足分を設計図面通りに縫いが終了して通常の縫いに入りました。

右の方は色掛けの染紬、八掛け丈の標をして裏を縫うのが宿題でした。

身丈不足は接いで解消、上前衽は襟からとり、下前衽衽から共衿を作り、

残りで下前衽と地衿、不足分は黒の新モスを使用します。

 

 

ランキング参加しています、クリックお願いします。


にほんブログ村

ジャンル:
習い事
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« STINGのコンサート行ってきま... | トップ | お母様の形見分けに袋帯から... »
最近の画像もっと見る