☆..: 心は いつも ぽっかぽか :. .☆

大好きなゆず始め頑張っているアーティスト
韓流スターを応援しています♪
ご訪問ありがとうございます^^miki

ソンスンホンさん、Black 台本読み現場公開 (^^♪

2017-08-10 | 송승헌 블랙 Black ブラック

스포츠월드 インスタグラムで更新されていますねhttps://www.instagram.com/p/BXm5yeeHHE3/ 

「ブラック」ソン・スンホンxコ・アラミステリー台本リーディング...14サルチャ最強の呼吸

OCNの新しいドラマ「ブラック」が台本リーディング現場を公開した。

来る10月初放送予定のOCNオリジナル「ブラック」は、死を守る死神(ブラック)と死を見ることができる女性の人間(暦)が天界のルールを破った人の命を救おうと奮闘している生死予測ミステリーだ。独歩的なジャンルムル演出を披露してきたキム・ホンソン監督と細かくして密度の展開が引き立つチェ・ラン作家の出会いでドラマファンたちの期待を一身に受けている作品である。

去る24日上岩洞で行われた「ブラック」台本リーディング現場にはソン・スンホン、コ・アラ、バイエル、キム・ドンジュン、キム・ウォンて、バクヅシク、キム・ジェヨン、ジョジェユン、チョン・ソギョン、イチョルミンなど主要出演陣が大挙参加した。開始前から台本に没頭していた俳優たちは独特のキャラクターを確かな演技力に裏打ちしモール入力を引き上げ、ミステリーの中で奇襲的に飛び出る笑いのポイントを一緒に楽しみながら最強の呼吸を披露した。

 死を守る死神ブラック役を演じたソン・スンホンは、まるで第服を着たように冷血なキャラクターを演じヘネトゴ、その中でも予測できない反転のチジルハムで歴代級キャラクターを予告した。死を予測する人間の女性川暦役を演じたコ・アラも見かけ人とのコミュニケーションが困難ないや悪口屋引きこもりだが、知っていると涙が多く柔らかい二つの容貌を実戦を彷彿とさせる熱い熱演で昇華させた。特にあの世とこの世を代弁するソン・スンホンとコ・アラは明らかに対比される文字の色で二人の独特のケミとストーリーを期待させた。

ベールに包まれた美貌の緊急ドクターユンスワン駅のバイエルは代謝一言、表情一つまで妙な神秘的に彼女の正体に疑問を加えた。オマンス逆に扮キム・ドンジュンはひざまずい基を恐れていない特異な財閥2世分解あちこち卑屈な姿を見せたが、特有のヘマルウムで現場に笑いを加えたという裏話だ。この他にも毎作品ごとにシーン・スティラーで活躍してきたキム・ウォンし、バクヅシク、キム・ジェヨン、ジョジェユン、チョン・ソギョン、イチョルミンなどは適材適所で存在感を現わした。

制作陣は「俳優たち皆のキャラクターの個性を繊細ひ生かしてくれたおかげで、リアルさがあふれる台本リーディング現場だった。ミステリーな展開のために気がかりと緊張感がガムドルダがも油断瞬間飛び出す意外な笑いのポイントが目立った」と耳打ちして「個性明確なキャラクターたちと謎な熱演が続く「ブラック」の初放送まで多くの期待と応援お願い申し上げる」と伝えた。

10日、主演俳優たちの生き生きとした活躍が引き立った台本リーディング映像をネイバーTVに公開、ドラマファンの目を引いた「ブラック」は、「ボイス」のキム・ホンソン監督と「神の贈り物-14日に」のチェ・ラン作家が一つになった作品である。 「助けて」の後続で10月に初放送予定である。

 そして、こちらは「ブラック」のHPでしょうか..?お借りします

 

台本リーディング現場!

 

死を守ろうとするライオンと
死を防ごうと女性の
生死予測ミステリーOCNドラマ「ブラック>
主演4人衆をご紹介いたします!

 

 #선남선녀 #다모였구요

 

 久しぶりにブラウン管に帰ってきた
特別な修飾語が必要ない俳優ソン・スンホン!

 

 

 #머리부터_발끝까지 #챠밍포인트

死は恐ろしく、恐怖だという偏見を破って

 

 그리고 묵직한 감동을 선사할

 

 

10月に皆さんのそばに移動します!

 

 

『ソン・スンホン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソン・スンホンさん「ブラッ... | トップ | ソンスンホンさん主演 『Bla... »
最近の画像もっと見る

송승헌 블랙 Black ブラック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。