マイブログへようこそ

気が向いたときに気が向いた話題でつぶやきます

都心の「大雪警報」、発表基準を見直し

2016-11-05 | つぶやき

気象庁は都心部の「大雪警報」の発表基準を今冬から見直すそうだ。今までは、「24時間で降雪の深さ20cm」が基準だったが、今冬から「12時間で深さ10㎝」に変更するそうだ。対象は、1年を通じて雪が少ない東日本の太平洋側の、東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、山梨、静岡、愛知、三重の9都道府県という。2014年2月の大雪で群馬県や埼玉県などで26人が死亡したなどの教訓を踏まえた対応という。 ⇒ 11/5朝日新聞夕刊

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月5日は「世界津波の日」 | トップ | コーヒー1日3杯以上で脳腫瘍... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。