Living with joy

喜びを受け入れます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女神の目覚め  セッション受けました♪

2014-10-13 20:50:30 | Weblog
ブログの更新、超久しぶりです~~^^;

近頃FBを見るのに忙しく、自分のことはつぶやきでさら~っとって感じで・・・

なので今日はがんばって書いちゃいます。


宮崎は先週に引き続き今週末も台風がやってきてました。
その台風のくる直前に以前からお友達のるみちゃんと約束していた交換セッションをしてきました。


私はオーラソーマ式パーミストリーケア(手相ケア)をるみちゃんに。

るみちゃんからは、彼女のひらめきとこれまでの学びを統合した新しいオリジナルセッション、【女神の目覚め】(なんて素敵な響き~♡)をしていただきました♪

その女神の目覚めの感想を報告しますね。


まずびっくりしたのは、施術用ベッドにかけられたかっこいいシーツ・・・

なんと生命の樹をヘナアートで書いたそうです。

ドラゴンとかペガサスも書いてある!!! 超かっこいいです!

この上で寝たら、それだけで何かが起こりそうなパワフルさでした^^;


まずは施術の前にオーラソーマのボトルの中でもタントリックイルミネーションと呼ばれる18本のボトルの中から1本を選びます。

私は上下ともピンク色の【無条件の愛】を選びました。

あ~~~、一番でかいテーマでないですか?^^;

そこに向き合っていけるのかしら?

続いて、はじめてみる素敵なカード【Henna女神カードから】を1枚引きます。

出たカードは【変容とシンクロニシティ】でした。

そしてそのボトルとカードの意味を読み解きながら私の感じてること、最近の出来事などをシェアしました。


無条件の愛と対極にあるのは私にとってジャッジメント。

正しさという常識?にいつも苦しめられ、他者や自分をジャッジし、結局は自分を責めてしまうパターンに陥ります。

セッションの前日にもそのような出来事がありました。

今日のボトルやカードとのシンクロニシティでした。

ボトルは、もう自分を責めなくてもいいのだよと語りかけるようでした。


そのような気付きのあとに、いよいよベッドでの施術がはじまりました。

選んだボトルを身体のどこに乗せたいかと言われたので、お腹の上にしてもらいました。

ベッドに横たわり、お腹に無条件の愛のボトルを、そしておそらくは各チャクラに対応した位置にクリスタルが置かれていきました。


乗せられたクリスタルが増えてくると徐々にエネルギーを感じはじめました。

とくに感じたのは額のあたり。強く圧を感じました。

あとはなすがまま、されるがままに・・・

クリスタルボウルの音楽にも癒されます。

意識はあるけど、からだはどこかにいる感じです。

いくつかビジョンも見ました、ときどきそこから妄想になってしまいますが^^;

(映画ルーシー的妄想になってました)

身体の横で感じたのは下半身がマリア像で上半身が自由の女神的な存在でした。

しばらくしてアークエンジェロイを振りかけられた気配で今ここに戻ってきました。

そして終了。


は~~、リラックス♡


女神の目覚めにふさわしくマリア様やら自由の女神がでてきました♪
あとたぶん過去世でのトラウマも出てきた感じでした。

解放されたり、目覚めたりがあったかな?


今後どのような変化が起こるか楽しみだな~と思ってたら、

家に戻ってしばらくすると鼻の下に小さなヘルペスが発生!

私的には自分を強く責めるような感情を引き起こすと鼻に反応がでます。

さっそくセッションの影響でしょうか?

でもいつものパターンだと気付いているので、
ヘルペスに向かって、教えてくれてありがとうねと感謝を送りました。

翌日には小さくなってましたよ♪

そしてちょうど台風もやってきて家の中にこもってだらだらと好きなことしながらすごしました。

ちょうどジャッジが気になるパートナーが不在だったのでラッキーでした(^_-)-☆

これで自分への愛、注入できたかな?

そんなこんなで台風も過ぎ去り、なんだかすっきりした感じです。


るみちゃん、ありがとうございました(^O^)/


るみちゃんの【女神の目覚め】セッションを受けてみたい方は、

こちら↓をご覧ください☆


オリオン&アンジェリカ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青島でハッピーに♪ あおはぴ... | トップ | 子宮の世界は素の私 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む