宮城県栄養士会 食のコラム

「食と健康」についての情報発信!!

宮城の特産品~仙台駄菓子~

2017年11月15日 | 日記
仙台駄菓子とは、仙台市で作られる伝統的な和菓子であり、宮城の名産品の一つです。なかなか店舗がないため、仙台駄菓子の存在を知りながらも、販売している店が見つからず、一度も口にしたことのない方も少なくないのではないでしょうか。最近移り住んできた新しい市民や進学等で移り住んできた若い世代にはなかなか知られていないかもしれません。現在、仙台駄菓子を製造・販売している店は、城下町における下町、すなわち、仙台市中心部の路地裏にあります。
「仙台駄菓子」という固有名詞がついたのは、昭和30年代以降になってからであり、起源となったのは伊達藩にあった「糒(ほしいい)」というものです。当時はその地方の風俗や気候、採れる穀物に合わせて独特の駄菓子が作られていました。特に東北地方は文化が貧しく、賃金も低いので安くて大きく腹持ちが良く、なおかつ保存のきくものが必要でした。そこで独特のおこしや黄粉、ねじりがしや餅菓子が作られたと言われています。種類が豊富で手作りが中心となっており、各店舗の職人によって同じ種類の菓子でも味が異なり、これもまた「仙台駄菓子」の特徴となっています。


参考文献
・Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E9%A7%84%E8%8F%93%E5%AD%90
・伊達美味
http://www.dateuma.jp/menu/dagashi/
・石橋屋
http://www.ishibashiya.co.jp/kokoroe.htm

この記事をはてなブックマークに追加

行事食~七五三・千歳飴~

2017年11月01日 | 日記
七歳、五歳、三歳のお子さんがいらっしゃるご家庭ではそろそろ準備を始める頃かと思いますが、七五三は室町時代から行われていたと言われています。
昔は小さい子どもが病気などで亡くなる事が多かったこともあり、子どもが無事に成長したことをお祝いする行事と言われています。私が子供の頃は、数え年でお祝いしていましたが、現在は満年齢で実施することが多いようです。
七五三と言えば、今でもたまに食べたくなるのが「千歳飴」です。子供の頃は、鶴などの祝いものが書いてある袋に入った長い飴を食べきれず苦労したものですが、あの長いという所がポイントのようで、長寿を願う意味が込められていると言われています。
色も紅白でとても縁起が良いですね。
千歳飴の由来や発祥については諸説ありますが、子どもの長寿を願うということに変わりないようです。
今では、短い個包装の千歳飴や子どもの好きなキャラクターが袋に書いてある千歳飴もあります。
今年七五三のお祝いをされる方、おめでとうございます。長寿を願いながら千歳飴を召し上がってくださいね。

イラスト:イラスト満タン

この記事をはてなブックマークに追加

ノロウイルスって何?

2017年10月15日 | 日記
ノロウイルスは、感染性胃腸炎や食中毒の原因となるウイルスです。ノロウイルスによる食中毒は一年を通して発生していますが11月くらいから増加しはじめ、12~1月がピークになる傾向があります。ノロウイルスに汚染された食品が体内に入り、腸の中で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを引き起こします。ノロウイルスに感染した人の手や唾液、糞便、おう吐物などを介して、二次的に感染する場合もあります。
予防として、手洗いは手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。帰宅時や調理を行う前、食事の前、トイレに行った後には必ず石けんと流水でしっかり(10~15秒以上)洗いましょう。特に指先、指の間、爪の間、親指の周り、手首など洗い残ししやすい部分は意識して洗いましょう。ウイルスは熱に弱いため、食品は中心部まで火を通すことも大切です。ノロウイルスは感染力が強く、少量でも感染し人から人へ感染するため、日ごろの衛生管理・健康管理にも注意し、食中毒を予防しましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

宮城の特産品~せり~

2017年10月01日 | 日記
春の七草のひとつ「せり」。宮城県では伝統野菜としておなじみですね。ここ最近では、根っこの旨みを楽しむ「せり鍋」が見直されてきています。
「せり」は宮城県の在来野菜で、宮城県のせりの生産量は、全国でもトップクラスです。その栽培の歴史は古く元和年間(1620年)に名取地方で野生のせりの栽培をしていたとする文献があり、安永年間(1770年)にはせりの栽培の普及がはじまったとされています。
ほぼ周年で生産されており季節によっても味が少しずつ違います。「根せり」は9~3月、また、「葉せり」と呼ばれるものは4月~6月に出荷されています。
葉っぱ、茎、根っこはそれぞれ違う味と食感が楽しめます。β-カロチン、ビタミンB2・C、カルシウム、鉄分などの栄養素を含み、サラダ、おひたし、ナムルなど火を通したり、生だったりと様々な料理に合わせることができます。鍋物にするときは20秒くらいさっと茹でて根を先に食べましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

新米のおいしい食べ方色々

2017年09月15日 | 日記
新米の季節になりました。お米は私たち日本人のエネルギー源となり、たんぱく質、ビタミン、ミネラルも豊富で栄養満点の食材です。
 新米はなんといっても白ごはんで食べることをおすすめします。口の中でいろいろなおかずと混ぜながら食べることにより、味を敏感に感じることができます。
 新米は水分が多いので、炊く時の水は炊飯器の目盛りより少し少なめの量にして、浸水時間もいつもより短めにするとよいと言われています。
 ごはんはパンやパスタ等の小麦粉製品に比べ、消化・吸収に時間がかかるため腹持ちがよく、血糖値の上がり方も緩やかになります。また、魚介類・海藻類・大豆製品・芋類・野菜等の健康食材との相性もよく、和・洋・中のどんな食事ともあいます。
 白ごはんのほか、おかゆ・茶漬け・リゾット・ドリア・おにぎり・おすし・ピラフ・パエリヤ・チャーハン・おこわ・炊き込みご飯・混ぜご飯等お米を使った料理はたくさんありますので、季節の味覚と合わせておいしい新米を味わってみてください。

この記事をはてなブックマークに追加