My Dearest London

銀河推薦ブログ☆アセンションだよ、全員集合!アセンション推進委員会:グループE(Education)

世界一悩める人さ(1)卑弥呼とマルキア

2017年08月12日 21時19分48秒 | ローマ(♀2世紀マルキア)
ユニコーン♪ヒゲとボインのように、
マキ▪テリアズは
永遠の深いテーマである「宇宙の真理探索」と「ひとりの女」の狭間で
世界一悩める人だ。(※個人の感想です)
宇宙の大創造主は月男を人質に捕り、
ちょっとくっつかせては引き離す……の繰り返し。

月男との平安時代の前世&平成時代の現世は、
『源氏物語』が忠実に再現されるだけでもキツイ。

そこに理不尽な理由で月男が私との連絡を
一方的に断った途端、
宇宙は新しい課題を投げて寄越す。
去年1年だってそうだったジャマイカ!!

今年6月に入ると、パラレル▪ワールドについて。
麻紀が存在する世界は9つあった。
チャネラーCさんがくれたアドバイス、
私がパラレル▪ワールドの仕組みを理解するのに
ユリウス▪カエサル(ジュリアス▪シーザー)の
『ガリア戦記』に触れるように、という意味合いも
2年越しで図解説明できるところまで辿り着いた。
先月のCさんの1年ぶりのセッションでお墨付きを頂いた。

先週、卑弥呼を調べるお題から、
今日いきなり、同じ年代の古代ローマに飛ばされた。
私の前世マルキアが暗殺したローマ皇帝コモドゥスの真実を
突き止めた。
歴史は改竄され、
映画『グラディエーター』に登場するような、
剣闘士ゴッコに夢中になったアホ皇帝にされていた。
後年、元老院がコモドゥス帝の名誉を剥奪したのも、
皇帝がマルキアを粛清リストのトップに挙げた理由も見えた。
新年の儀に、剣闘士の格好でお出ましになるのを
咎められたからではない。
その程度なら私は上手く皇帝に進言できる。

卑弥呼は、私の直接的な前世では無いため、時間がかかる。
神仏一体を学ぶうちに神社アレルギーが直っていた月男は、
古事記、日本書紀などから卑弥呼の正体を推測していた。
卑弥呼の前世を持つ私のツインソウル真希ちゃんに聞いて、
邪馬台国の謎に迫りたい。

先週後半、丸2年ぶりに月男と再会、
奇跡の2泊3日を過ごした。
翌日から、
下らないことで彼はヘソを曲げた形で、私のLINEをブロックした。
その途端、古代ローマ宗教史が降ってきた……

男にうつつを抜かすと 
メッセンジャーになれないよ
考えてるさ とぼけてはいるけれど
Oh, 女には辛くて長い2つの道が
Oh, 永遠の深いテーマさ
古代ローマ宗教史と源氏物語が手招きする……

月男に泣かされたら連絡するようにと言ってくれる、
優しい天王星男さん、本当にありがとう。
あなたの連絡先を別の人に聞かなきゃいけないのが難。

明日はどうやら邪馬台国があった場所に
迫らないといけないみたい……
夢の断片が繋がり始めました……
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 世界一悩める人さ(2)卑弥呼... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む