気の向くままに

日常を書きつづっていこうと思います。ちょっぴりオタク傾向あり。

節約には読書と、何かに書いていた

2016-10-16 22:24:06 | 小説
天気も良かったしお出かけしようかと思ったけど、節約のため今日は引きこもり。
読書に勤しむことにしました。

選んだのは『メアリー・スーを殺して』。
ハードカバーはがっつりゆっくり読みたいので。
両親も出かけてていないし、一人で静かにゆっくり読めます。

お茶を準備して読み始めました。
7編からなる短編集。

乙一さん2編、中田永一さん2編。山白朝子さん2編、越前魔太郎さん2編、解説は安達寛高さん。
といっても、全員同一人物なんですけどね~
安達寛高さんが乙一としてデビューして他の名義でそれぞれ作品を発表してます。

今はそれぞれの名義である程度作品の傾向があるけど、デビュー当時はすべて混ぜ混ぜ。
今回の作品はそのころを彷彿とさせます。
特に子どもがメインの「山羊座の友人」と「宗像くんと万年筆事件」は初期のころを思い出しました。
切なさの達人といわれたころの乙一さんを。

音楽も聴かず、テレビもつけず、飲み物だけで約5時間。
途中お昼ご飯を食べたり、休憩がてらスマホゲームを軽くしただけで、あとはずっと読書。
久しぶりに読書三昧な一日でした。

こういうのも幸せです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TSUTAYAの品ぞろえ | トップ | どちらがメインなのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む