Uno & C4 Life

私の愛車FIAT Unoのこと、CITROEN C4のこと、クルマのこと、身の回りのこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐久間レールパーク

2009-08-07 00:49:57 | Life
日曜日に、上の息子と日帰りで佐久間レールパークに行ってきました。
佐久間レールパークって何?
JR東海がやっている、鉄道博物館の超ミニ版で、JR飯田線で豊橋から1時間ほどの山奥にあります。
方向的に実家と絡めて行こうかと思っていたのですが、色々検討してみると充分日帰り可能なことが分かったので行ってみました。

往復はもちろん新幹線。久しぶりに乗ると、速いですね。揺れも半端無い!
豊橋に止まるひかりが一日数本あるのでこれを上手く使って豊橋まではあっという間。
すぐに特急ワイドビュー伊那路に乗り継ぎます。
特急とはいえ飯田線は単線のローカル線。駅ごとに徐行をしながら山奥へと分け入っていきます。

車窓からは天竜川が右に左にと姿を見せ、退屈しません。



1時間ちょっとで佐久間レールパーク(中部天竜駅)に到着。
普通列車だと2時間近く掛かります。

ここには、こんな感じで古い車両が保存されています。



これは大正12年製の電気機関車ED11の運転席。
剥き出しのパイプに運転装置、簡素な椅子しかありません。


これはお馴染み0系新幹線。
顔と運転席の部分だけが置いてあります。
運転席はかなり古臭い作り。昭和39年開業ですからその頃の家電製品も簡素でしたよね。


電車でGo!風のトレインシミュレータ(もどき)。
ビデオテープをスロー再生して速度調節したことにしているようです。
本物の運転台で操作できるところがポイントですね。


ここには、大きな鉄道模型(Nゲージ)のジオラマがあり、100円で数分ずつ運転できます。ここのジオラマは本当に良く作りこんであります。

こんな風に。



こちらの鉄道模型も、本物の列車で使っていた運転台(アクセルとブレーキ)を操作して楽しめます。レバーがかなり重くて小さい子供には厳しい設定でした。

2階にはプラレールの巨大ジオラマが!
プラレールでもここまで出来るんですね。


息子の方はプラレール広場で遊び始めました。
これが一番楽しかったのかも。

この隙にパパはもう一度外の展示車両や資料室へ...

たっぷり遊んで、4時に閉園。
え、帰りの列車は5時過ぎなのに。

それまで一時間ほど、駅の周囲を散策。

こんな山奥です。

帰路もワイドビュー伊那路と新幹線を乗り継ぎ、8時過ぎには自宅へ。
日帰りでも快適でしたけど、ちょっと鉄旅疲れが...

次の家族旅行はC4で行こうということになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PC復活 | トップ | 八景島シーパラダイス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Life」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事