gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

マレーシア

2017-04-18 09:39:58 | 日記
この国の新聞は節操がない。
誰が殺された、事故があったという写真、
手錠をかけられて連行される写真を容赦なく新聞の一面に掲げる。

ジャーナリズムなどというものは全くなく、北朝鮮の方が殺害されたときも、その一方を早々としたのは日本で、
マレーシア国内で報道されたのは翌日だった。
おそらく、他国のニュースをネットで見ていた記者(?)が慌ててパクったんだと思われる。

それくらいのレベルだ。

そして、民主主義(?)のくせに発言の自由はなく、政府や首相、ファーストレディーに関する黒いネタはねじ消され、最悪の場合命の安全の保障もない。

現首相と交友があったとされるミャンマー人の女性が、爆破殺害されたこと、
現政府(現首相)に関する黒いニュースの全てを明らかにした証拠を収取した勇敢な弁護士が法廷に告発の申し立てに向かう早朝、高速道路で何者かによって射殺されたこと。。。。いろいろ黒さかげんも生半可じゃない。


マレーシアの2大紙の内容は海外のセレブのネタも多く、マレーシア国内での芸術、スポーツをふくむエンターテイメント性の娯楽、市民の楽しみが極端に低いことを示しているようだ。
国内で編成されているリーグと言えばバスケだったけれど、それも風前の灯火、今やソレを話すものは誰もいない。
マレーシア人の間で話されるスポーツと言えば、イギリスのサッカー。
そして、バドミントン。これは、唯一、この国から世界レベルのプレイヤーがいた(過去形)からだと言っても過言じゃない。


日常の胸が悪くなる出来事を今日は最後に一つ。

マレーシアでは日本のような12個(10個?)入りの卵のケースと
25個入りの正方形のケースに入った卵が売られている。

先日、マレーシアの日本が誇る巨大チェーンスーパーで25個入りの卵を床に置いて何やら真剣な面持ちの
中華系の女性が居た。

その人は、あろうことか、卵をケースの隙間から一つ一つ無理やり取り出して、卵の大きさ、傷などを確認しているのです。
それだけ品質管理が悪いと言えばそれも一理なんだけれど、わざわざそんなことをしている強欲さに私は
心の卑しさを感じた。
あまりの驚愕さに、マレーシア人の友人にこの話をすると、「よくある」と。。。
そうだ。。。この友人は以前このようなことを言っていた。
マレーシアではガーリックや玉ねぎは量り売りのことが多くユーチューブにアップされていたとワッツアップ(マレーシア人の大好きな無料SNSツールでLINEなんかが出現する何年も前からマレーシア国内、世界中で使われている)してきたことを思いました。
性格の知恵?と思えば驚愕も感心に変わるのかもしれませんが、
今の私にはかなり難しい変換術だと思われます。


つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マレーシア | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。