gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マレーシア

2017-03-15 12:30:25 | 日記
マレーシアの道路事情。

4車線が6車線になることは日常茶飯事。
どのレーンに居ればいいのか分からず、右に左にウィンカーなしに強引かつ無理やりな車線変更をする頭の回路は
国の政策が右に左にと変わりまくる国の今と未来を占っているようだ。

日本のような車検という意識がないので、路上、高速でエンストかなにか知らないけれど、止まっている車が毎日必ずある。
日本のようなシステムがないのでその車がただでさえでも渋滞している道路を混雑させる。

基本的にマレーシア人は車のウィンカーを使わない。そして車間距離は1メートル未満。無理やりな車線変更、スピード狂、無理やりなUターン、スマホしながらの運転で交通事故は必ずつきもの。
スピード狂の人間は、前の車にピタリとつき、道を空けることを精神的に煽って来る。
時にはヘッドライトを使ってまで威嚇してくる。

交通事故にあったら死を覚悟した方が良い。なぜなら、大破が半端ない。
炎上して、骨組みになった車が、戒めのように路上に放置されている。
それだけ混雑する道路なので、ただでさえでも来ない救急車の到着は遅れる

不謹慎は国民性はそんなところにも現れるが、
救急車が通ると一応、民間人は車を左右にしぎゅうぎゅう詰めの道を開ける。
そんな救急車の後ろについて走れば渋滞を回避できると金魚のふんのようにバイクなどが随行する。

事故車があらわれると、突然他の車もスローダウンする。
日本の感覚で言うと、破損した車やガラスの破片が散らばる道はあぶないから徐行運転になるのだけれど、
この国のヒトは違う。
事故車の車のナンバーを控えているのだ。
不幸があった番号はラッキーナンバーで、その番号で宝くじならぬLOTOを買うと縁起がよいらしい。

違法駐車はあたりまえ。
駐車禁止の場所に停めるならまだかわいい物、駐車している車の前後横に二重三重駐車をするのである。
なので、交通ルールに遵守して停めていた人間は、いざエンジンをかけても、違法駐車に囲まれて動くことができず、クラクションを鳴らし続け持ち主を探すことになる。

ああ素晴らしい。マレーシア

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マレーシア | トップ | マレーシア »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。