人生の四季の歩み。

縁の糸に見えない縁に 振り返れば 何点を自分でつけれますか。
過ぎ去りし四季はもどらずです。



その言葉 高くついた 軽蔑。

2017-06-13 14:11:07 | 日記

アナゴ 好き。

高松駅のアナゴ弁当が好き。

でぇ でぇ。

なんと みなみなの お仲間は 安くついて ええわ。 

と 言うことを 書きました。 がぁ。

しかし。

まぁ その 一言 人間 人として 台無し。

人生の道 また お里が しれた。

おげれつ お下劣。

あのようなからた 私を娼婦と 言うたのでしょう。

また 自分も そのような 女性にたいして。

もし 奥様が いた また お付き合いの女性にも

心で 人をの 愛情はない。

愛とは 何と しらない。

おんなは もの 自分の 性のはけ。

性欲の。

おなかまも ゆうじん も 同類です ねっ。

そのような こころも どうにも なりませんねっ。

 

このような 言動の人も 警察は 要注意 危険人物。ですねっ。

 

また。

あそこ行け ここにも行け。

私の心身 今の健康状態を 思うなら 人の心が あるなら 

そこに 行く 道中危険は ないか。 そこは 歩くが 今の私に大丈夫か。

お金を払うです。 

そこに お金を払う 落とす価値はどうか。

何人もの方がたが 自分の足で 行き お金を落とす。

まずは その 最初から 間違い。

自分の財布を 使い みて 

後悔 不愉快 身の安全など 確認にて。

我が家ばかりの お金を これも 利用すると 言うですよ。

私達の名義で お金をと 何も かわりませんが。

どこを とってに おもいやり 人としての 心は 感じません。

まぁ おもてなし と 言う こころは どこ吹く風。

笑うことでしょうが。

主人は 私が 一番最初に 東京に 結婚前に 来ると 言うて 行きたいと 

私が 言うたところは 一度 下見を してたそうです。

友達と。

それでも 私の親は 不服そうでしたが 自分はどうか 故郷へ 足を向けなくなる

理由を 何も 理解できてない。

ひとつ 下見 下調べが 足らず なく は 妹の事で ちちが 来た時 だけですが。

自分達の 変わりに 動く 動いて 頂くには まずは 自分達が 幾度が 違う人が

下見 下調べを して と 言う 事が ない。

おもてなしやおもいやりやなど どこにも ありません。

その こころのなさが 今のみなみなの 人生に 現れてるんです。 

 

そうそう。

なんでも お願い 下調べ など 私の力 顔 主人の力 顔 が 通じない。

一線がある。

警察で いう と 管轄外。

なんで 親族の大学に不合格も。そのころは まだまだ 私達の管轄外。

今 その管轄を狭く してます。

それが 人様とは 最低 必要限 付き合う。

みなみなが 自分達の 都合ばかり 私達を 利用したのでぇ。 利用するので。

自分たち 個人で 力を つけろ。

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌われものだぁ。 | トップ | デリケート デリカシー。 »

あわせて読む