☆ムツゴロウの花散歩☆

散歩道、公園、植物園で見かけた花、植物を掲載しています。

  植物のシモバシラと地表の霜柱

2018年01月13日 | みんなの花図鑑

  ※ 植物のシモバシラ (シソ科)


 高さ40~70cm程度の多年草です。

 夏から秋にかけて白い穂状の花を咲かせ、冬には地上部は枯れます。 (地中の根の分部は活動し保水能力をもっています)

 枯れた茎が残り、根から吸い上げられた水分が茎からしみ出し、冷たい外気に触れて凍って氷の花ができます。

 

 


 ※ 地表の霜柱


 地中の水分が地面にしみ出して凍ったもの。

 霜柱の成分には適度な冷却と土壌の水分のほかに適当な土質が必要で、地面近くの気温が0℃以下、地中の温度が0℃以上、

 土壌の含水量が30%前後の場合に発生しやすい。

  雨降りの後のように地面に水が多すぎても霜柱にはなりません。

 

 

埼玉県:川口グリーンセンター


  ☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«   幾何学模様 ・・・ ロマ... | トップ |   フィロデンドロン ・ ウ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
霜柱 (masa-shi166)
2018-01-13 09:23:47
花は写真に収めました。噂には聞いていたが見事なものですね。
ありがとう。 (ムツゴロウ)
2018-01-13 16:33:40
コメントありがとうございます。
地表の霜柱は、太陽の光に屈折してブルーに光るのが綺麗でしたよ。
あら~同じだった (タジ)
2018-01-14 16:10:43
昨日のブログは私もシモバシラでした
同じブログに成るなんて(@_@)です
こんばんは。 (ムツゴロウ)
2018-01-14 21:38:52
タジさんもシモバシラは12日に見ました?
同じ日だったら偶然ですね。(笑)
植物のシモバシラも珍しいけど、地表のシモバシラは誰かが指で掘り起こしたんでしょうね?太陽の光でブルーに光っているのが、良かったですよ。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事