The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

『オテル・ド・ヤマダ』Four Seasons -Summer

 | ワイン
去年に引き続き『父の日』オテルとなりました。
いろいろな意味で、この日なのですが、この場で思いを吐露すると、物議を醸し出しますので、ここはまず出展ワインについてのみのご披露といたします。

ワインの流れはお気楽に、オテルらしくと思っていたのですが、けっきょく起承転結はもとより、韻を踏んで、なおかつ思わぬところにヒントを鏤めた、ややこややしな展開となっってしまったのですよ。(笑)

で、この並びのポイントになったのが『ジャン&ジャン・ルイ・トラペ』だったのですが、これを選んだのは、これまた極めてシンプルな動機でして、先日飲んでみた『04’ジュブレイ・シャンベルタン オストレア』が実に美味しく飲めたということなのです。

で、トラペの『99’ジュブレイ・シャンベルタン オストレア』を中心にすえ、こんなラインナップとなりました。
まずはご覧下さい↓

1.2015 Cuvee Ohno Yamagata Delaware Awa Style Hitomi Winery

2.1997 Chassagne Montrachet La Boudriottes Blain Gagnard

3.1998 Flowers Camp Meeting Ridge Chardonnay



4.2014 Nana-Tsu-Mori Pinot Noir Domaine Takahiko Soga

5. 2014 Alsace Pinot Noir Chapelle 1441 Domaine Trapet

6.1999 Gevrey Chambertin Ostrea Jean&Jean Louis Trapet

7. 2006 Chapelle Chambertin Jean&jean Louis Trapet



8. 2007 Palari Faro Salvatore Geraci

9. 2002 Barolo La Vigne Luciano Sandrone

10. 1993 Chateau de Farge Sur Saluces Sauternes



さて、どこにどのような主宰の工夫があるのか?は、見る人次第です。
また登場したワインについてのコメントは、いつものように後ほどユックリとということになります。

まずは今宵はここまで、では・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『オテル・ド・ヤマダ』から... | トップ | 2006 シャぺル・シャン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL