The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

2012 ロバート・シンスキー・ヴァインヤード ロス・カーネロス ナパ・ヴァレー

 | ワイン
とある御仁からの贈り物としては珍しいのだが、このようなカリ・ピノをいただいた。
それにしても、ただ理由も無くこのワイン!ということはまずないだろう、と思って開けてみればナルホドだったのだ。

それは13.8%のアルコール、そして瑞々しい果実に透明感のあるナチュラルでリッチなエキスが備わっている。
あえてブルゴーニュ的とは言うまい、むしろカリピノのニュースタイルというべきなのだろう。

このスタイルは全てビオディナミの畑からの葡萄、ナチュールな造りであることもさることながら、畑はロス・カーネロスにあることにもよるのだろう。
そしてそのカーネロスは正しくソノマと境界線を接している冷涼な地区とのことだ。



こうゆうカリ・ピノにはソソラレル。
イチゴやクランベリーの壮麗な赤い果実に、草原の輝き、そして鉱物質のニュアンスと充分に沁み込まされたミネラル。
そして何よりのフィネスがあるのだ。

赤だけど、夏らしく♪
テーマに即した持ち込みはオレだけだと言った理由がこれなのだよ。
飲んだ人は分ると思うが・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000 ティニャネロ ア... | トップ | 2009 イランシー ダヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL