The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

年越しワイン その2-2005年 マルサネ ランセストラル シルヴァン・パタイユ

 | ワイン
ここにきて、目が離せないドメーヌだと思っている。
しかも『ランセストラル』、樹齢の高い最上の区画から生まれた、いわばパタイユのプレステージワインだと言っても過言ではない。

加えて2005年というのも、なんともはやなのだ。
最高の凝縮ヴィンテージだけれども、畑のビオ移行は道半ばのところ。

そんなこんなで、飲んでみて、へ~~!これは凄い!!と感じたのだ。





それは香りは、もちろんそうだけど、果実のフィネスはこのアペラシオンの域を遥かに越えている。
喩えは難しいが、その味わいはニュイの一級にも匹敵すると思う♪

ここだけのハナシだが、とある日本の超有名醸造家の人が、もちろんその人はブルゴーニュでの醸造経験があって、実際見たブルゴーニュのドメーヌの中で一押しはどなた?というワタクシの質問に、キッパリと『シルヴァン・パタイユ』と答えたのを鮮明に覚えている。

それ以来、このドメーヌを相当意識もしているのだけれど、それ以上に洗練されたピュアさにいつも驚かされるのだ。

今回も息子らとこれを開けて、また気持ちよく飲めたのだ。
まずは当分の間、このドメーヌから目が離せないだろうと思う!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
直近のヴィンテージの『ランセストラル』があります↓
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年越しワインーその1 1970... | トップ | 年越しワイン その3-1995... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL