The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

年越しワインーその1 1970 シャトー・オー・マルビュゼ サンテステフ

 | ワイン
まずはこのワインに触れないわけにはいかないだろう。
サンテステフのクリュ・ブルジョワ、熟成期間は46年目に入る。



シャボンの香りにスパイスが鏤められ、ハバナシガーに焙煎が香る。
果実は煮詰められるも、正調なバランスをとっており、実に気持ちの良い熟成感だ。

この時期のメドックにはブレタノミセスとブショネの危険がともなうが、このワインは見事に美しく枯淡の領域に踏み込んでいた。
味わいはサンテステフの剛健なタンニンによる鎧はすでに脱ぎ捨て、実にバランスの良い筋肉隆々とした味わい深さを見せてくれた。

久しぶりの古酒メドック、旨かった!
ありがとう・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年、あけましておめ... | トップ | 年越しワイン その2-20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL