The Wine Heat!

オテル・ド・ヤマダ ワインフォーラムの主催者であるDr.ヤマダのワインな日々の記録です。

2013 ヤウマ・ライク・レインドロップ グルナッシュ ジャウマ

 | ワイン
言わずと知れたワインダイヤモンズ社がインポートしている南オーストラリアの自然派の造り手である。
ジャウマとはカタラン語でジェームズとのことで、醸造はアースキン3兄弟のジェームズ・アースキンが行っている。
ワインダイヤモンズ社のラインナップでは、かの『ルーシー・マルゴー』と並んで注目されている生産者と言ってもいいだろう。
先日食事を終えて、家に帰ってきて、もう一丁のタイミングでこのワインを開けた。







飲んでみた第一印象はフレッシュで瑞々しい果実であり、香りには品の良い薔薇の花やスパイス感が漂っている。
それはローヌのグルナッシュよりも早く飲み頃を迎え、スムーズであり、妖艶さをも持っているのだ。
そして果実のフィニッシュには僅かな苦味を感じるも、この苦味はネガティヴには捉えず、むしろ食事となら合うのだろう。

それにしてもグルナッシュ的というよりは、濃密に造られたピノ・ノワール的な味わいであり、2杯目まではゴージャスさに圧倒される。
しかしながら一方では、オーストラリア産の物に共通する、ある種の甘みを感じ、これが食との相性がどうだろうか?と気になるところだ。

まだまだ追い求めたいワインではあると思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015 レ・ジョングレ ... | トップ | 2012 ファンキー・ルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL