thirteen party

題詠ホークス背番号004

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五首選会に参加します(東馬想)

2015-12-05 14:42:05 | 題詠2015

こんにちは。五首選会盛況ですね。期日内に走り終えることが出来ませんでしたが、未投稿分を引っ提げて参りました。
昨年同様に馬名入りのものが五首あったのでこれを自選に。
よろしくお願いいたします。


017:画面
小さなる画面でプレイする球児ガッツポーズも控えめである

033:逸
逸走の阪神大賞典こそがオルフェーヴルの魅力なのだと

048:負
渓流の山女魚もおどるハルウララ負けるつもりはこれっぽちも

079:筆
筆ペンを用い賀状を認める会えない人にメリークリスマス


080:標
さようなら標準的なジャイアント馬場のものまねアポインテッドデイ

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

題詠2015 投稿84首 未投稿16首

2015-12-05 14:29:48 | 題詠2015
001:呼
げん骨でとびらを叩くもしそれで通じなければ呼び鈴を押す


002:急
駅そばのひい、ふう、みい、よ、いつ、むう、なあ 小田急ロマンスカーを見送る


003:要
立ち直るまでに要した数秒のあいだに風の向きは変わった


004:栄
じゃん拳と徒手空拳の使い手の栄養源となった道草


005:中心
学ランの第二ボタンを外すのは恋人募集中心得


006:婦
婦女子にはもの柔らかく腐女子には生あたたかい目を紳士同盟


007:度
着ぐるみの怪獣善も悪もない許される程度の器物損壊


008:ジャム
マヨラーにジャムのおっさんオロナミンCに卵を入れる対面


009:異
温めて食べての文字もチャーハンも微妙にいつものものと異なる


010:玉
小一時間パチンコ玉を弾いても眠ったままの闘争本能


011:怪
怪物の怪物による怪物のためのマウンド ざわわ ざわわわ


012:おろか
木はおろか火も水もない平面の世界で暮らすためのアイテム


013:刊
朝刊を拾い読みするうちに午後リュックサックにつめる石ころ


014:込
白球に込める思いはまちまちでボールの縫い目の数は百八


015:衛
衛生に注意するほど弱くなる人工芝で足を痛める


016:荒
桜散るレ・ミゼラブル汝知るここは大坂荒れる春場所


017:画面
小さなる画面でプレイする球児ガッツポーズも控えめである


018:救
目印に救急絆創膏を貼る外来患者用の傘立て


019:靴
一浪の甥がスケート靴を履きリンクを統べる様をつぶさに


020:亜
大東大日大日体大亜細亜神大順天堂大学ラン


021:小
小春日に解いた構えを融雪のたまりに映す寒立ちの馬


022:砕
砕片をつなぎ合わせて昨晩の夫婦喧嘩の直りとしたい


023:柱
この国の柱になれと父が言い息子は総理大臣杯をその手に


024:真
用意していたセリフではなくアドリブで発した言葉真芯に


025:さらさら
つつましく生きてその身を焦がすだけ世界征服なんてさらさら


026:湿
湿っぽい話が続きアレだけど
明日で世界滅亡だって


027:ダウン
あかつきのダウンタウンでモブキャラをバッタバッタとなぎたおすゆめ


028:改
ぽっかりと空いた休日TDL改め後楽園場外


029:尺
「だーるーまーさーんがー」数尺の間合いをつめる(静止)ころんだ


030:物
未確認飛行物体 空を見ろ スマートフォンを弄ってる君


031:認
未確認飛行物体 星を見ているうちそれと思しき


032:昏
昏くなる前に気持ちを伝えようカウントダウンは始まっている


033:逸
逸走の阪神大賞典こそがオルフェーヴルの魅力なのだと


034:前
パトカーを呼んだのは誰にぎり寿司十人前を頼んだのは誰


035:液
星月夜 差しつ差されつ液体のパーセンテージいよよ高まる


036:バス
待っているバスがようやくやってきたどこで油を売っていたのか


037:療
療法のオリジナリティー競い合う目を瞑るのはもう少し先


038:読
読んでいる本がたまたまおんなしで同学年とあたりをつける


039:せっかく
あっさりと片がついたはいいけれどせっかく練りに練った戦略


040:清
辻平野秋山清原デストラーデ石毛奈良原伊東東尾


041:扇
冷暖房完備の但し書きがあり首ふり扇風機と湯たんぽ


042:特
特ダネをつかんだ芸能リポーター手のひらの闇まっくろくろすけ


043:旧
本日は晴天なりのアナウンス旧体育の日がちょうど旗日に


044:らくだ
ポーチお弁当箱図書館で借りた本らくだとメグル冒険の旅


045:売
売ってやる。応、買ってやる。くらぶれば夢まぼろしのクロスカウンター


046:貨
日に月に硬貨で重くなりましょう決して箱を開けないでください


047:四国
朝練の北海道で身を漱ぎ英数保体現国四国


048:負
渓流の山女魚もおどるハルウララ負けるつもりはこれっぽちも


049:尼
海女さんも尼さんもいるアマチュアも最強アマを決める戦い


050:答
えー!BC DEFG H愛JKLM NOと答える


051:緯
玉葱を刻むひたすら北緯三十五三十九分市ヶ谷 


052:サイト
思い立ち握る男の出刃包丁簡単レシピサイトぐるぐる


053:腐
オリジナル豆腐料理のレシピ添えオリーブオイルの瓶が卓上


054:踵
空席の目立つ車内で人知れず踵を上げて本を読むひと


055:夫
夫々の流儀に合った修業法 亀仙流は甲羅を背負う


056:リボン
ラ・セーヌの星よひそかに目叩きのあいだにリボンの騎士が颯爽


057:析
まん丸のお月さんです善悪の情報分析結果イーブン


058:士
飲めるだけ飲もうと思うしゃっくりが止まらなくても自由戦士は


059:税
税抜きの標準装備ふりかかる火の粉をかるく払うSP


060:孔雀
紅孔雀五条大橋武蔵坊 歴史ヒストリアンの川柳


061:宗
「宗派は?」と問われNH系ためしてガッテン教と答える


062:万年
転生を果たして君とめぐりあう万年サラリーマンの幸福


063:丁
オラオラオラ太陽ノックもう一丁オラオラオラオラ東京サ行ぐだ


064:裕
ブランコの 余裕 ハハハハ バカだね フッ 小学六年生は知ってる


065:スロー
外角にスローなブギにしてくれと急造捕手のサインコサイン


066:缶
高架下スプレー缶をころがして健康優良不良少年


067:府
もしもしも耳そばだてる最終のイチかバチかの府中くらやみ


068:煌
少しだけときめく夏の煌めき
のここを勝てればベスト16


069:銅
青銅器時代を想う四時限の視聴覚室サイケデリック


070:本
本当と嘘の境界線上にテディベアを抱いて少女は


071:粉
侍は乱を忘れず双剣に打ち粉叩いて十全自得


072:諸
焼酎のお湯割りその他諸々で午前様へと至る助平


073:会場
会場に足を運ばずリング上ゴングに胸を高鳴らせる派


074:唾
唾を手に気合いを入れるなにがしのパワーが増幅されて云々


075:短
短銃を腰のベルトにさまよえる麦わら帽子セミのぬけがら


076:舎
サングラスかけた女のもたらした厩舎情報なんまんだぶつ


077:等
均等に切り分けられるデコレーションケーキに立てるローソクの数


078:ソース
弁当のソースを外しあたためるコンビニエンス店員の胸


079:筆
筆ペンを用い賀状を認める会えない人にメリークリスマス


080:標
さようなら標準的なジャイアント馬場のものまねアポインテッドデイ


081:付
働いてナンボの男たちの島 豊かな老後なんざ付録だ


082:佳
佳き夢見くもりどきどき晴れ渡る鳥よあなたの空へ羽ばたけ


083:憎
憎しみをこめた拳が何枚の瓦を割っただろう果たして


084:錦
それとなく考えている中休み故郷に錦を飾る方法


085:化石
化石にはならぬ万年サラリーマンかかとを磨りへらしあくせく


086:珠
そろばんの珠を弾いていた頃に戻れるならばあれもこれもと


087:当
ひとしきり話に花が咲きましょう 十億当たったならばあなたは


088:炭
石炭がダイヤモンドであった頃豊かであった町と人々


089:マーク
不器用にマークシートを塗りつぶすオールド競馬ファンの哀愁


090:山
裏山に棲まう狸の仕業なら
化かされたのだと諦めのつく


091:略
攻略の糸口はある猫だまし突き押し目眩まし(後略)


092:徴
モンタージュ写真になって特徴のある目鼻立ちとなった犯人


093:わざわざ
チョー余裕あくびが出るぜこんなもんわざわざ魔王を呼ばなくていい


094:腹
腹いせにプリンを食べてやろうかと思ったけれど後がこわいか


095:申
物申すコメンテーター肩書きはなんであってもなくてもよくて


096:賢
賢しげに言葉を弄し人心を惑わす輩共にハンマー


097:騙
騙り手の言葉に耳をかたむけてしまう優しい人たちの国


098:独
独走のペナントレース2、3着争うことに意味があるのか


099:聴
ころがって聴く風の音 冬型の気圧配置のただ中にあり


100:願
この度も願いはかなえられました てるてる坊主の頭をなでる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

084:錦(東馬想)

2015-11-30 23:45:44 | 題詠2015

それとなく考えている中休み故郷に錦を飾る方法

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

083:憎(東馬想)

2015-11-30 23:38:29 | 題詠2015

憎しみをこめた拳が何枚の瓦を割っただろう果たして

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

082:佳(東馬想)

2015-11-30 23:31:19 | 題詠2015

佳き夢見くもりどきどき晴れ渡る鳥よあなたの空へ羽ばたけ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加