笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

Vol.77 「10 YEARS」・・・・映画10年25年

2017-07-18 | ざまをみろ!と開放区
Vol.77 「10 YEARS」は、2001年11月号。
つまり、2001年9月発売のMYOJO.

1991年9月9日にCDデビューだったことから、「10 YEARS」



拓哉君の答えは、ラッキー!!って感じ。





ネームバリューを持った分だけ,責任を感じなければと語る。

この回は、同じ写真で開放区にも掲載されている。



↓の文章の前半部分、が冊子の開放区では差し替えになっている。理由は・・・・かな?



拓哉君は、この10年をラッキー!!って言っていうけど
木村拓哉の才能と魅力で、もっともっと、活動の場を広げることも可能だったはず・・・・

だけど、1991年から2000年という最初の10年は、映画出演が2本。
シュート!(1994年)、君を忘れない(1995年)どちらも、順主役。
(とはいえ、私の中では、 久保嘉晴先輩も、上田淳一郎も、主役だけどね。)

その数すくない出演作の、『シュート』では、第7回 石原裕次郎賞新人賞を受賞。


『君を忘れない』では、スタッフから、「これからの日本映画を背負う人」と言われてた。




どちらも、スクリーンでの存在感の大きさが伝わる評価だよね。
たくさんオファーがきたはず。

それが、次の日本映画の出演は、2006年の「武士の一分」。
この時は、日刊スポーツの映画大賞、石原裕次郎賞、主演男優賞を受賞。
でも、ノミネートされた日本アカデミー賞は、事務所の方針とかで、その場に立つことも許されなかった。
「武士の一分」は日本アカデミー賞のその他すべての部門を制覇したにもかかわらず主演男優賞だけ抜けたものとなった。

そんな、マネージメントだった。

主役作品による興行収入ランキングというのを見た。
拓哉君は、主演俳優第8位。
J事務所の俳優の中では、2位だった。

その順位も凄いけど、他の俳優さん達の主演作品が10作品以上ある中で、拓哉君は4作品
『武士の一分』『HERO』『SpaceBattleShip ヤマト』『HERO』のみ。なのに。

彼の、俳優としての力・魅力が人を引きつけるんだよね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニノくんのラジオで、拓哉の... | トップ | Vol.78「表と裏」・・・表も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ざまをみろ!と開放区」カテゴリの最新記事