笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

95年にタイムスリップ

2017-06-16 | tak日記
野際陽子さんが亡くなった。
床までもスマートで、かっこよく、賢く、でも、可愛い・・・そんなイメージで
仕事も出来る人を演じることも多かったけれど、ほんと、どこか可愛い女性

お年にもびっくりした。
いつも背筋をしゃんと伸ばした立ち姿がイメージだったから、

拓哉君との共演、
沢山有りそうなんだけど、実は、1回なんですね。
「君は時の彼方へ」1995年。

現代へ迷い込んだ松平元康の拓哉君が身を寄せた、病院の院長さん。

病院の院長さんといえば、「Doctors」でもそうで、
そろって、息子(息子がわりの甥)が頼りないの。
野際さんがしっかりしすぎって感じでね。

私が持っている「君は時の彼方へ」の写真記事のなかには、残念ながら野際さんの姿は無いけれど
かわりに、元康さん&拓哉君のページをアップしますね。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8人目は三池監督 | トップ | 95年のWhat's »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

tak日記」カテゴリの最新記事