笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

贈ったでしょソロデビュー曲

2017-04-21 | Songs
夕べの「SONGS」まっすぐに拓哉を見つけて話す、MIYAVIの言葉。
拓哉君は、いつでも、相手を見て話すひとだけど、昨日は、ちょっと目線がそれたときもあった
MIYAVIのまなざしがまっすぐ過ぎるから?
でも、嬉しいよね、こんなにストレートに語ってくれる。

「ソロで歌わないの?」って、以前共演したときにMIYAVIさんが言ったと聞いたときは
拓哉君の歌う力をひょうかして、言ってくれたんだと思ったけれど、
夕べの言葉を聞いて、もっと深いところから出たんだと判った。

感じてたんだ、温度差。
歌に対するというか、それ以上に、すべての事への姿勢の違いに。

前のめりに・・・すべてに全力な拓哉と、他のメンバーとの差。
MIYAVIが自分のバンドのこととして語ってくれたことが、そのまま言えること。
SMAPもどうやっても、一緒には、進んでいけない状態だったこと。

バンドが無くなったら生きていけない。
今も、同じ事を、自分の思い込みだけで暴走しているfanと名乗る人がいってる

どうやって生きていったらいいのか?
ファンとのあるべき関係
求めるものを与えるだけじゃなくて
同じ方向を見て歩けるように
一緒に進む方向を提示してあげることが俺たちの存在意義なんじゃないかな?
MIYAVIの言葉に拓哉君も大きくうなずいた。

「万次と似てる」ってMIYAVIが言う。
木村拓哉も死ねない。
そこで死んだら、気持ちを向けてくれてる人に、”無礼でしょ。”
そうなんだよね。その気持ちにちゃんと応えたかったあのとき。
でも、これからは、木村拓哉として応えてくんだ。

子どもとの時間を楽しむMIYAVIの姿。
そのまま、拓哉君に重なる。

考え方、ものにあたる姿勢、いろんなことがよく似てる。

そんなMIYAVIが拓哉君に言った、これからの音楽への導き
これって、公開プロポーズだよね。

この前贈ったじゃないですか。ソロデビュー曲。
拓哉君が・・・
納得してちゃんと、やるならやりたい!!
この人とだったら納得して自分が立てるなっていう、そういう巡り合わせじゃ無いかな。
拓哉君が話しているときに、拓哉君をまっすぐ見つめて、自分の胸を何度もさしてるMIYAVI。
「俺が居るよ。一緒にやろう!!」

ね、プロポーズを受けてよ。
一緒に動き始めてよ。

こんなにストレートに語ったMIYAVIの言葉
NHKも、事務所も判っての放送。拓哉君も。

今朝の『あさイチ』もだけど、NHKからの拓哉君への思いを感じる。

この次は、『SONGS』で、歌の共演を・・・・待ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャパンプレミア、拓哉君の涙 | トップ | 木村君のこれから。彼が目指... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
温度差。 (おいでませ)
2017-04-22 14:29:24
ここ数日の番組「ZIP 」「SONGS」「あさイチ」は、宝物になりました。日テレ、NHKが、本当に素晴らしいです。

ここ数年思っていた事が明らかになった昨年。
ずっと感じていた違和感を、現場をご一緒された方が、「温度差」と口にされました。

長い時間過ごした船は、大事な場所だったと思います。もう少し守れないかと声を上げてくださった。
でも、もう,降りたのです。Uターンは有りません。
手漕ぎの船で、荒海に漕ぎ出したのです。
其処が、一部の方々と分かりあえないのが、残念ですね。

最近になって、色んな方々との繋がりがドンドン明らかになって来ました。まだまだおられると思います。
彼の今までの生き方の中で築いた大事な財産ですね。木村さんは、孤独でも、孤高でも無いと思います。

雅さんのお誘いや、中井貴一さんのコメントが嬉しくて、NHKに本当に感謝で一杯です!

又、井ノ原さんの「今はこれまでの事を沢山聞かれると思いますが、僕はこれからの事が気になります」という様な言葉が、嬉しかったです。私も、其処の方を一杯伺いたいですから。

きっと、既に色んなビジョンを持って動かれておられるのだと、信じています。
「体幹」を鍛えて、その後を楽しみに待っています。
天下のNHKで放送されましたから。(*^^*)

あと1週間。映画公開が、楽しみでなりません。
大好きな人 (のんぴい)
2017-04-28 18:13:11
お正月から。
特に、この一月。トーク番組やバラエティ番組等で、自然体で接し、話をする拓哉君の姿を目にして、こういうのを見たかったんだと、本当に嬉しく思いました。
拓哉君が大切にしていることを大切に思う環境に、居られること。
これからも、彼が羽ばたくことができる、環境であることを願っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む