笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

ニセ拓哉を捕獲せよ!SP・・・(わっつ2017/8/4)

2017-08-05 | わっつ
さあ、先日の放送で報告がありました、このことについてのメッセージ。
と言う言葉で始まった、ゆうべのわっつ。
このこと、つまり、ニセ拓哉からのメール。
ほんとに誰がやってるのかって言う話ですよね。

最初は、広島県の16歳女性
「私の母のもとに1年くらい前に2通きました。
 1通目は「誕生日おめでとう!」。
 2通目は「なんで連絡してくれないの?」
 母はキャプテンからのメールではないことは、わかっていましたが、
 昔からのファンで「木村くんからメールきた!」と、見せてくれました。」

お母さんが喜んでくれたっていう一瞬の気持ちの高揚感は嬉しいんですけども、
全然ニセモノなので、はい、お騒がせしてすみません。
俺が謝ることじゃないんだけど、誰がやっているのかなあ?

偽木村拓哉について、こんなにあるのっていうぐらいメッセージが届いたという拓哉君。
たくさんのニセ拓哉がいるって事ですよね。
嘘だって思って知らん顔するひとが多いだろうけど、返信してしまう人も居るんだろうなぁ
だからこその、ワッツでの特集。「偽・木村拓哉を捕獲せよ!SP」

次は、40歳 女性で、届いたのは中2の娘さん。
”届きまくってました”と言う言葉に、数の多さが判りますよね。
「takuya1113」から始まるメールアドレスの拓哉さん。
『これ木村くん?』と聞く娘さんに
『木村くんから突然メールが届く奇跡は宝くじが当たるよりありません』と教えておきました。
というおかあさん、さすがです。

メールアドレスが『takuya1113』から始まるメールアドレス・・・・
takuyaに誕生日。先に登録してしまってる人多いだろうなぁ。
迷惑メール目当てというか、なりすましの罠での登録もアルだろうけど。
拓哉が大好きで、そのメアドにしてしまうって言う人だって居るよね、
”俺によこせ!”だね。

中学校2年生の女の子に、『お祝いもかねて近々飲み行こうよ』って送るバカ・・・
送る方は、相手とか考えずに手当たり次第なんだろうね。
変なメールが来たら、”迷惑メール登録”・・・ですね。

20歳 女性。 私にも、少し前にキャプテンからメールが来ました!
大御所の俳優さん宛てに送ったはずのメールが、間違えて私に届いちゃったという設定。
これも凄いけど、その次の47歳 女性 への、ショートメールも凄い。
「収録が突然なくなって、今、メールしてる。アドレスを聞き忘れたから、教えてくれない?」
「今日の収録のとき、セリフを覚えていなくて、あせった。君ならそんなときどうする?
教えてほしいから、アドレスを教えて」

これって犯罪にはならならの?
オレオレ詐欺とかわらないような・・・。

このメールに対しての拓哉君の反応”もうヤダ〜”。

次のLINEの相手の名前を、自分で木村拓哉に変更して、おしゃべりしてるという女性。
これって、どうなんだろう、犯罪人はならないのかなぁ。
”すごく、まっすぐに、どうぞどうぞとは言えない・・・よね。そうだよ。

次は、映画「検察側の罪人」のキャストが発表されたことから
過去に共演した事がある俳優さんがいらっしゃる場合、その方達と話したりするのでしょうか。
それとも初共演の方との交流から始めたりするのですか?という質問。

この質問自体、ちょっと可笑しくないかなぁって、思う。
きっと。この人の中には、こういった、人付き合いの千匹があるんだろうな・・・

拓哉君には、それは無いと思う。

入り方といっても、まぁ、共演経験がある方たちっていうのは、
「ああ、どうも、お久しぶり」ってことなので。
真っ先に話すっていう、順序を自分の中で決めることは一切ないですし、
本読み・顔合わせの時には、まとなり(すぐの隣って感じかな、かなり近い)に
二宮がいたので、ニノとずっと普通に話していましたね。
いろんなインターネットの記事では”無言のなんか対面”とか書いてありましたけど
全然・・・ずっとくっちゃべっていましたね。
”吉高さんも、二人の険悪な空気にドン引き”とか書いてありましたけど、
吉高さんはお仕事の都合上、初日の本読みの席には出席できなかったので・・・。
そういういろんな記事とか、ネットニュースを現場でニノと笑いあってます。

ニノと、とてもいい関係だって言うのは、最初のお互いへの言葉からも感じたよ。
そして、お誕生日の贈り物。
ご飯も一緒に行くって言うし・・・。

ニノ本人もだけど、ニノのファンも拓哉君との共演を喜んでくれてるのが伝わってくる
嬉しいね。

二人で、ネットニュース見て笑ってるって、いいね。
書かれることは、とんでもなく”怒り”だけど、一緒に笑える仲間が居るって嬉しい。
吉高さんのこと、ニノのこと、こうやってさらっと、でも、きっちりと否定してる。
周りが関わってくることは、見逃さないよね。

今日、「検察側の罪人」の原田監督がブログで、この嘘記事をきっぱりと否定。
http://www.haradafilms.com/diary/harada_diary.cgi

こうやって、作品も、拓哉君たち出演者も護ってくれてる。

俳優としての拓哉君の魅力も。ニノの魅力もちゃんと伝えて・・・。
今回も、いい現場ですね。

わっつ、拓哉君の現場話の続き・・・・。

仕事の入り方といったら・・・その作品の一要素として自分がいるだけなので
主役だのなんだの、座長だのっていうこと、皆さんは気を遣っていってくださるんですが
自分はそういう意識は、全然無いですし、
あくまでも監督の下、みんなが一つ一つの要素に成って現場で作業していくことに何ら変わりは無いので。

入り方といったら、・・・まぁ、いろんなチャンネルを持ってる自分では無いので
毎回ですけど、今の自分に出来る、100%というか110%なのか、120%なのか
その状態をできるだけスタンバイさせておくというか。そういう形ですかね。
なんか、刺激的ですよ。
また、今回も。はい。

原田監督という人が、なんか、面白いですね。・

だから、ワンシーンワンシーンものすごく、
自分なりに解釈していかないといけないなとは,毎回毎回思いますね。
毎日毎日が非常に刺激的で、熱さの中の撮影は、若干応えますけど
それすらも。画面にちゃんと、いい影響出してるんじゃ無いかなと思いますね。

自分の事をニノがどう呼んでいるか、ってことなんですけど、
ここは、うちのプロダクションの独特な関係性だと思うんですけど、
ニノは僕のことを『木村君』っていうふうに呼びますね。
これは、全く違和感はないんですよね。
他の後輩のみんなもそういう風に呼んでくれるし・・・。

木村君という呼び方の中にも、尊敬の気持ちが伝わるよね。

-・-・-・-・-・-・-

このわっつの30分後、
応援上映が決まった映画館のHPへ。
PCからのチケット購入、
最後まで行きつかなくて何度もやり直してようやくGet

今、愛に行きます!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『さんタク』でのスタイル・... | トップ | 『さんタク』のスタイル・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひな)
2017-08-06 05:27:44
いつも、つぶやき、ありがとうございます。癒されています。応援上映。参加されるんですね。

私は、情報に疎く、名古屋はダメでした。でも、頑張って京都に遠征することを決めました。どんな形であれ、彼に応援してるファンがいるってことを伝えたいと思っています。急な話で、お仕事その他、都合がつかない方も沢山いると思いますが、一人でも多くの人が行動にうつしてくれることを、のんのんしてます。
ありがとうございます (のんぴい)
2017-08-06 21:20:01
京都に遠征されるのですね。
彼を応援してる人が沢山いること。
『無限の住人』のこと、応援したいと思ってるひとが沢山いること。

そういう思いを、応援上映という形で、彼に伝えられるって嬉しいですね。
これからも、みんなで、声を出していきましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

わっつ」カテゴリの最新記事