笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

柔軟に、シンプルに、本質からぶれない男

2016-12-28 | 雑誌日記
一昨日、1月のおぼれそうなぐらいの嬉しい雑誌の波のお知らせを書いたけれど、
12月の内に、またまた『雑誌の波』がやってきました。 

それも、なんとなんと『Seventeen』
STなんて買うの、何年ぶりだろう。何年じゃ済まないよね。
二十何年?三十何年?

でも、嬉しいよね。
ST世代にも、魅力的っておもわれてるんだもん。
考えたら、わっつも、多いよね。ST世代。
だから、当たり前かな。

『Seventeen』震度ラマラインアップのページ。
そのうちのP151。
「A LIFE~愛しき人~」役への思い&ST読者へ・・・・と有ります。

薄手のデニムのボタンダウンのシャツにネクタイ。
ツィードのベストとジャケット。
インディゴBlueのタイトなデニムパンツ。

命を繋ぐための、「糸結び」の気持ち、
役とは言え、見せかけだけにならないために自分のモノにしようとしてる技術&気持ち。
実際の外科医の方の姿が、拓哉君をこの役に、近づけていると感じます。

ST読者への言葉。
上から目線でなく、でも、いろんな経験を積んできた年長者としての言葉。
どの言葉からも、彼のまっすぐな姿勢と、全力と、器の大きさを感じます。

『STORY』 
連載 「超絶男子図鑑」47 木村拓哉
P196~197
ボタンを外した白いシャツ。
鎖骨、胸元、首筋や横顔のLINEの美しさ。

左横にある「超絶男子のすっぴん」には、このグラビア撮影の様子が書いてあるのですが、
そこに書かれている拓哉君の姿も、素敵です。

来年の抱負を訪ねられて答えてる言葉に、拓哉君の今年のことへの思いがありますが、
誰のも非難しないだよね。彼は。
自分への思いに応えられなかった悔しさとして語ってる。
ちょい足しレシピていうけど、拓哉君がいないと、献立すら存在出来ないと思うよ。

「柔軟に、シンプルに、本質からぶれない男・・・・」テーマの下に書かれた言葉が、いい!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月26日 | トップ | 試写会だ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑誌日記」カテゴリの最新記事