笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

ざまをみろ!Vol。73【カメラ】・・・・撮る・・・視線

2017-07-11 | ざまをみろ!と開放区
ざまをみろ!Vol。73【カメラ】
連載として2001年6月号に載った写真は、


一応久利生さんのヘアスタイルだけど、もう、少し伸びかけているね。
大好きなカメラを手にしてのショット。

この、カメラで文章として、一番はっきりしてるのが


この時の興味本位・・・・今でも、ずっと、続いてる。
コミュニケーションじゃなく、撃ち落とすための武器って、辛すぎる。



開放区には、Vol。11「撮る」の文章の前半と、この「カメラ」の文章の後半をつなげて
P46から「撮る」として載っている。

そこに使われているのは、この部分↓



そして、この魚眼レンズで撮られた1枚

これは、1996年のVoi。19「視線」で使われたショットです。

-・-・-・-・-・-・-

声が届いたね。
ついに、大阪でも『無限の住人』の”応援上映”開催決定!!!
歓声OK!サイリウムOK!コスプレOK!と言う事で、詳細!

日時:7月20日(木)19時00分上映開始
劇場:大阪ステーションシティシネマ
料金(税込):通常料金 前売券・ムビチケ利用可
発売情報:WEB→7/13(木)0:00(7/12(水)24:00)より劇場ホームページにて
 
上映は、スクリーン1と有りました。
502席。大阪ステーションシネマで一番大きなスクリーンです。

そして、この大阪ステーションシネマの『無限の住人』紹介文も嬉しい!
4月の公開では、原作ファン、映画ファンを中心に、レビューサイトでの満足度も高かった。
5月の「カンヌ国際映画祭」では、万次の登場シーンや、クライマックスの300人斬りのアクションシーンでは、大きな歓声に包まれ大盛況の中上映。
そして、カンヌ国際映画祭を皮切りに世界中の映画人から高評価を得た本作

この調子で、日本各地で応援上映の輪が広がりますように・・・・。是非是非名古屋でも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カットの声がかかるまでは・... | トップ | ざまをみろ!Vol.74「謝る」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ざまをみろ!と開放区」カテゴリの最新記事