笑顔抱きしめ

小さな幸せの元を探して
身の回りのこと・大好きな木村拓哉さんのこと

1時間の間に、いくつものドラマが

2017-03-06 | ドラマ「A LIFE」
「A LIFE~愛しき人~」第8話
1時間の間に、いくつものドラマがあり、ぎっしり。
だけど、見ていると引き込まれていて、あっという間だったような。
そして、第9話の予告。
あの短い予告の中に、また、凄い量の情報がはいっていて、
本編も、予告も、何度も何度もリピした。

木村拓哉役者としての凄さ、そして、共演者の方達との化学反応の凄さ。
内容も、煌めきも、最高!!

見終わって、印象に残ってるシーン沢山有るけれど。
「微笑み」は、一心のベッドサイドでカズが、病状とオペの方法を説明してるところ。
沖田が患者に対して、づを示しながら説明するシーンは、毎回、好き。
それが、今回は、お父さんと言うことで、丁寧な説明の間にも、
「この言葉はわからないだろうな」と、どう言ったら判るんだろうって、
わかりやすい言葉さがしてるの。
あと、主治医としての姿と、親だからという言葉遣いが、入り交じってるのが楽しい。

そして、一心の表情が何と言っても素敵。
説明をしてる図を見ていた視線が、一光の顔に。
優しい微笑みを浮かべて、一光の顔をずっと見てるの。
口ではいろいろいいながらも、頼りになる外科医に成長した息子が嬉しいんだよね。

「暖」は、夕陽の中。
「仏壇に花を」と一心に頼まれた沖田が、買い物をして家に向かう。
オレンジ色の光の中。
レジ袋から、林檎を一つ取り出し、夕陽に重ねるように掲げ「いただきます」と。ほおばる。
夕陽の中に見えたのは、おかあさんかな。
アライフは、時折、GLに重なるようなシーンがある。
この夕陽に手を伸ばしているシーンも、その一つ。
あたたかくて、やさしくて、懐かしい・・・そんな風景。
手に持っている花束は、ピンクのガーベラ。かすみ草。
仏壇の花には似合わないけど、きっと、沖田の中で母親に繋がる花なのでしょうね。

その中の一輪は、病院の沖田の部屋の一輪挿しに。
おかあさん事を語るときも手にしてたよね。

とはいえ、私たちにとって、ガーベラといえば拓哉君の好きな花。
(だから、拓哉fanのHNとか、ツィでの名前とか、ガーベラに関わる名前の人がいるもの)
あの花束を見たとたん、あ、沖田先生の中の人が選んだんだろうなって思ったりした。

「痛み」は、院長からシアトル行きを勧めたのは壮大だと聞いたときの沖田。
言葉では、何も言ってない。
でも、伝わるよ、瞳の光が、すっと消えるの。暗い瞳になる。
表情に力がなくなる。
そして、ストンと腰を落とす・・・・。
沖田のショック、心の痛み、哀しみ、苦しみ。
見てる私も、胸が痛くなる。

「笑い」は、いつも、井川先生と柴田さん。
別途の横で繰り広げられる二人の会話、一心で無くても、微笑んでしまうよね。
そして、柴田さん。
ホントかすかに微笑むよね。
この頃は、井川先生との会話の中でも、何度か微笑んでる。
前と違って、からかいじゃ無く、ふんわりと。

「ヘタクソ」も「けなしてる」も、愛の比率が増えてきたよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花びらが舞うよ | トップ | くま君だけど、万次。 刀の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ「A LIFE」」カテゴリの最新記事