team 8485番地 ・ またの名を(ほぼ)面白山日記

"チーム月山・コブ班" ....と人は言う。

17/06/10 月山・横発キャンプ1日目

2017-06-10 20:38:00 | '16-'17
今週の予告先発・祥子ちゃん(*^^*)

金曜夕方の、何か街中がそわそわしてるような落ち着きのなさ。

東北六魂祭の後を継ぐ 絆祭り
それがこの土日に仙台で開催されるんですね~(・・;)
このイベントに、祥子ちゃんも出演、、←また今週も言ってる(笑)


そんな中の、
『萌江×山田祥子 色々ロックな?!2マンLIVE!』


翌土曜日はまたもや雨予報ですが。
や。確かに朝は雨でした。

弓張のキャンプ場に集合して、姥Pへ向かう頃、急速に晴れてきて

一同のテンションイッキにUP!
なんと!ミラクルな奇跡的天候回復か!!

晴れ仕様で行くぜ!
OKベイベー!

そして除雪も相まって めっきり雪の減ったいつものトレーニングロードをテクテク歩き、リフト到着。

出だしが相当遅かった(^^;
沢コースにはみ出しそうな勢いのリフト待ち!(´⊙ω⊙`)



と、天、俄に曇りだす(・・;)
そして、リフトが進むほどに天は暗く
冷たい風が吹き荒れ…


リフト降りた所でとりあえずヤッケを着込み
Tバー目指してハイクUP中に
ポツ…
ポツリ…
ドバァ‼️
とイッキに雨が降りだして

あっという間にズブ濡れ…
って、なんか後頭部がイテーなぁ??
と思ったら、雹じゃない!?

Tバー乗場にたどり着いたけど、
ダメだこりゃ!
一旦撤収して、態勢を整えて出直し!

上駅の小屋へ一目散!

カッパをちゃんと着て、
リュックにもカバーを掛けて、、
ってやってたら
たちまち雷が鳴り出して

Tバー終了。
リフトも運休。

上にいた他の人達も一斉に避難してきて小屋はぎゅうぎゅう詰め(・・;)


先に上がっていた きょんちゃんとたやったもやってきて。

・・・。

しばらく後。
雷が遠ざかった。
でも、今日はここにいても もうダメだ。たぶん。
そう思って、 コブ班撤収!
この隙に。

まだ風に煽られる、白い闇の中を
初めて今シーズン沢コースを伝って下駅に下山。


一本も滑らないうちにはぐれてしまったw横発の滑り組は、
月山の洗礼を受け
そのまま心が折れて退却してしまったらしい。

何かあった時の為に、とキーを預けていたオレの車で(笑)

はい。置いていかれました。
てか、最初から下りる気は全くないので全然問題ない(≧▽≦)


下駅に戻ったコブ班は

↑そこから横尾根を目指す( 〃▽〃)

先週の三段ラインは そのまま残っていました\(^o^)/

何だろう。先週よりも少しマイルドになったようだけど。

…ということで、今日も一日 横尾根ハイク♪


ペアリフトはその後、
少し動いては、長く止まったり…
の繰り返し。

途中、我々も
再び雷が近づいてきたので一時避難


すっげー土砂降り…

雷が遠ざかると、再び横尾根へ(*^^*)






そして夕刻迫る頃。
天気は回復傾向。

と、
スコップ持った団体様が、横尾根に上がってきた。

その膝下の太ライン、一目でモーグル関係者とわかったけど
何かただ者ではない気配。

横尾根ラインのギリギリすぐ脇に、エア台を作り始めた!?


そのウェア。
見てわかる。
そして、さりげなく聞いて、確認してみる。

やはり!
JAPAN ナショナルチームであった…(´⊙ω⊙`)

何か…
すっげー見られてて、
めっちゃ滑りにくいんですけど(≧▽≦)

彼らは、エア台作りも全日本
あっという間に垂直発射台の原型を作り上げ…

こんな時間からやってきて
まさか夜間練習するわけでもなかろうに
明日の為に、なんだろうかね(^^;


そんな我々。
今日はBBQの都合があるので、残業なしで定時退社。

アシのないオレは
きょんちゃん70号でキャンプ場まで下ろしてもらいました(*^^*)


そして弓張キャンプ場。
横発組がテキパキと準備をするなか
お風呂へGo。

丁度準備万端な頃、帰還して合流(^^;

さて。いただきます\(^o^)/
『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/06/04 月山・雨の横尾根ハ... | トップ | 17/06/11 月山・横発キャンプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。