海釣り千思万考

趣味である海釣り、その釣行結果、試行錯誤の仕掛け作りなど徒然なるままに!

下浦沖のハナダイ釣り

2016年10月16日 | 日記
 10月14日(水)、約1年ぶりのハナダイ釣りです。
近年、東京湾のハナダイ釣りは余り芳しくなく、今年の春は不調の為に釣行しませんでした。
秋も深まり漸くハナダイ釣りが始まったようだ。しかし、まだまだ釣果は安定しないらしいが・・・
そこで、小手試しに釣友会のSG氏とハナダイ釣りに行くこととした。
 久里浜港五郎丸からの出船です。
5時前に久里浜港に到着、どういうわけか既に先着の方が10名以上いるとのこと。
ハナダイ人気、相変わらず凄いね!!
長雨の後、漸く晴天に恵まれ絶好の釣り日和となりそうです。さて、今日の釣果は??
 7時過ぎ、総勢23名、8、8、7名と3隻に分乗し久里浜港を出船し、行程30分程の下浦沖のポイントへ。
  
 水深35m程のポイントで投入の合図。
ハリス2号のウイリー5本針仕掛け、カゴはFL60号を使用。
船長の指示棚は底から3~10mの範囲。底からハリス分巻き上げ0.5~1mずつシャクリ上げてくる。
しかし、なかなかアタリがない。シャクリ速度、上の待ち時間など色々変えてみるが音沙汰なし。やはり、ハナダイはまだ集まっていないのかな???
 時々、強烈なアタリで竿先が海面に突っ込む。イナダだ・・・
余程慎重にやり取りしないと、2号ハリスではぷっつりと切られてしまう。
これはこれでかなり面白いのだが・・・

 10時をまわり半分諦めかけていた時、スウーっと竿先をシャクリ上げた時にコツンとアタリ、ハナダイだ!!
合わせを入れ、慎重に巻き上げる。ハナダイ独特のキュンキュンといった引きが伝わってくる。この三段引きがチョー気持ち良いね。
慎重にやり取りし、上がってきたのは25cm程のメスのハナダイ!!
パチ、パチ、パチ・・・(拍手)

 皆さんもハナダイに苦戦しているようだ。
隣のSG氏は小型のマダイを釣り上げたようだ。

 その後、ハナダイ1匹、アジを1匹、イナダ2匹を追釣する。
このポイントで2時頃まで頑張り、沖上がりとなる。
結果、小生ハナダイ2匹、イナダ4匹、アジ1匹でした。
竿頭はハナダイ12匹とのこと、何が違うのかね~~?
結局、竿の調子とシャクリ方、即ちコマセの出具合かな??
 皆さん、船長さん、ご苦労様でした。

アジはタタキに、イナダは刺身に、ハナダイは塩焼きとする。
ハナダイの塩焼きにビール美味しかったね!

また釣りに行こう!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観音崎沖のタチウオ釣り | トップ | 剣崎沖のワラサ釣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む