たまの気ままに旅日記

旅の思い出を気ままに綴りました
旅で出会ったお気に入りと
日々の出来事、
我が家のワンコも紹介しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ 引越しのお知らせ

2009年11月18日 | 日々の出来事

 今までこちらのブログで、ワンコが来る以前からの生活を気ままに綴っていましたが、
このたび心機一転、引越しをすることにしました。

 引越し先はこちらです。

 このブログはそのまま残しておきたいと思います。
 
 今までご愛顧頂いた皆様、ありがとうございました。
 そして、これからも宜しくお願い致します。

 ※今までこのブログへリンクを張っていて下さった皆様
 新しいブログへのリンクの変更を宜しくお願い致します。


 

 「応援してくださったみなさん、ありがとうございました。おでのお腹も治ったので、引越しするそうです」


 
 
 「今までありがとう!!これからもよろちくね!」


 
 
 あ、この写真は密かに買った?中古のカメラで撮りました。
 Nikon COOLPIX5700というカメラです。
 まだ慣れなくて赤みが強いです。
 でも5000円にしてはいいでしょ!?
 (by たまチリ)
コメント (2)

第7回つくばお散歩会「東屋にて」

2009年11月13日 | お散歩トレーニング
 散歩を終えて、集合場所の東屋に戻って来てのんびりお話して過ごしました。
 ちょっと暑かったのと遊び疲れで?みんなゴロゴロしています(笑)

 

 ももじはいつものようにここで休憩。
 薄茶色の目がきれいです。
 ももじの周りにはゆったりとした時間が流れているように感じました。


 

 花ちゃんもとてもいい笑顔です。
 せっかくのいい顔なのに、ブレてしまって残念・・・。
 初めての場所でもリラックスして遊んだり匂いを嗅いだり野ウサギのフンを見つけたり、
生き生きした様子を見ることができて嬉しかったです。


 

 花ちゃん、あんずと並んでおやつを貰うところ。
 花ちゃんパパさんがうまくセッティングしてくれました。
 こういう写真をちゃんと撮るにはやっぱりデジイチだなぁと思った瞬間。

 
 

 カンスケ、たまチリに抱っこされています。
 「おでも話に混ぜてください・・・」
 ごろごろ太さんが笑って見てますよ。

 
 

 まぶしかったのかウィンクになってしまったあんず。
 

 今日も楽しかったようで、心地よい疲れで車に乗るとすぐに船をこぐ2頭でした。

 お世話になった皆様、本当にありがとうございました!
 
コメント (14)

第7回つくばお散歩会「今日のカンスケとまったりお散歩風景」

2009年11月13日 | お散歩トレーニング
 奥の方の広場に着いたところで、ちょっと離れたところにいたカンスケとたまチリに
タローの主さんが近づいてきてくれました。
 2度ほどカンスケが吠える声が聞こえましたが、詳細はわからず・・・。
 後でたまチリに話を聞き、タローの主さんのブログを見てドキドキ・・・。

 

 まったりとした風景に見えますが、実は「危機一髪」だったそうで・・・。
 おやつを貰って食べることができるようになったとはいえ、急に吠えたり
噛もうと近づいていったりするところを見ると、やはり「何かのきっかけ」で
急にカンスケの中に「怖い思い」が出てきてしまうのかもしれません。
 
 でもすぐにリラックスしてこういう笑顔もみられました。

 

 カンスケ、やっぱり「揉み手」。


 ごろごろ太さんの娘さんにおやつをもらっちゃったカンスケ。

 

 「お、おで、何だか照れるです・・・」


 

 「おやつおいしいです。もっとちょーだい」
 カンスケ、また口を開けてねだっています。
 びっくりするからやめなさい。
 レバーチップじゃなくてもこういう顔してました。


 そして・・・

 コタロー家、親子でまったり過ごすの図。

 

 まったり感が何ともいえないですね。


 

 ごろーに毛づくろいしてもらってるのかな?
 コタローくん、嬉しそうです。


 

 おやおや、花ちゃんコタローくんと・・・(笑)
 

 

 竹林の近くで。
 花ちゃんこのまま飛んで行っちゃいそうですね(笑)。
 ここが気に入ったのかな、疲れたのかな。
 

 

 たまチリのカメラにこんな写真が・・・。
 こぎママさんの写真の構図をパクっています(笑)。
 一応、写真展は忘れていなかったようです。


 

 ももじもこんないい顔をしていました。
 時々ちらっと見せる笑顔がたまらなくかわいいのです。
 (私はオス犬か!?)
 私がちょっと左右に動くしぐさを見せると「何?」と興味も持ってくれました。
 お母さんと遊んでいるのを見ているのは微笑ましいものでした。

 
 犬って本当に表情が豊かで、こんなにたくさんいるといつまで見ていても飽きないですね。
 そうそう、忘れちゃいけないのがKeiさん手作りのおやつ。
 サツマイモとカッテージチーズのおやつだそうですが、ほんのり甘くてとてもおいしかったです。
(しっかり貰って食べた)
 あんずは何回も並びなおしてもらっていました。
 相当おいしかったのでしょうねぇ・・・。
 焼くとか干すだけじゃなくて、こういうちょっと手の込んだおやつもいいなぁと思いました。
 うちにカボチャがゴロっとあるんだけど、サツマイモの代わりにカボチャじゃだめかなぁ。
 
コメント (2)

第7回つくばお散歩会「たくさん遊びました」

2009年11月13日 | お散歩トレーニング
 
 うかうかしていたら1週間がすぎてしまいました・・・。
 大変遅くなりましたが、第7回つくばお散歩会の様子をお伝えしたいと思います。

 今回の参加は7組7頭です。
 
  紀州犬タロー&タローの主さん
  Keiさん 愛犬は紀州犬キシュウ(3歳・♂)
  白花母さん&花パパさん&北海道犬 花ちゃん(7ヶ月・♀)
  まきママさん&娘さん&柴犬コタローくん(1歳・♂)
  ごろごろ太さん&娘さん&柴犬ごろー(6ヶ月・♂)
  蓮音さん&和系雑種犬ももじ(7ヶ月・♀)
  たま・たまチリ・柴犬カンスケ(2歳・♂)・柴犬あんず(1歳5ヶ月)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 紀州犬タロー 肛門腫瘍切除の術後で療養していましたが、傷が治ったとのことで初めと最後に参加してくれました。
 傷がきれいに治っているのにびっくり!です。
 タローって格好いいけど、よく目を見るととってもかわいいです。
 (今さら何を・・・)
 
 
 そしてももじ
 今日のももじもとてもかわいらしくて、お嬢さんでした。

 

 あ、今あんずの匂いを嗅いでます(笑)
 あんずは年下の仔に嗅がれるのがちょっと苦手でしたがあまり気にしなくなってきたかな・・・。


 

 ももじ、黒い虫を見つけました。
 

 

 あんずも気づいて一緒に確かめています。
 「あんず姉ちゃん、これ何?」
 「あたちもよくわかんないけど、おいしそうな匂いがしないから食べない方がいいわよ」

 あんずは「フン!」と鼻から息を出しておいしまいでしたが、ももじはちょっと気になるようでした。


 

 そして、今回初参加の北海道犬、花ちゃんです。
 あんずとももじが近づいて匂いを確かめています。
 メスだけ3頭。
 「花」・「ももじ」・「あんず」・・・可愛い名前だなぁ。
 (「イガグリ」とかにしなくてよかったと思う瞬間)


 

 今日も元気なごろー。
 元気なごろーを見ているとこちらも元気になります。
 後ろを向いているのはコタローくん。
 たまチリがなぜかひそひそと「コタロー、痩せたよねぇ」とまきママさんにお話していました。
 痩せたというか、引き締まった感じがします。


 

 まだ散歩も始まっていないのにプロレスしやがるあんずとカンスケ。
 紀州犬キシュウの飼い主「Keiさん」に介入するタイミングを聞かれて、
思わず「汚いプロレスになった時」と答えてしまいました。
 具体的な答えになっていなくて申し訳がなかったのですが、後からよく考えてみると
我が家の場合は表情・激しく吠え始める・押さえつけたりして逃げる余裕も与えなくなるなどでしょうか・・・。
 あんずが逃げる余裕があるくらいの広い場所でのプロレスは少しは許しますが、ヒートアップする前に止めます。
 散歩中や家の中での自分の強さを試すようなプロレスは即中止です。
 (権力闘争は我が家ではルール違反なので)

 放っておくとあんずはカンスケにひっくり返され(自分でひっくり返るのではなく)、
首元を噛まれて押さえつけられたりします。
 Keiさん、ちゃんとした答えになっていなくてすみません。 


 

 花ちゃんとも遊びたいごろー。
 あんずがいいなぁと見ています。


 

 花ちゃんとは波長が合ったようで、あんずは広場に着くと追いかけっこを始めました。
 今日のあんずはコタローくんとも遊んでいたし、とても楽しそうです。
 私も久しぶりにリードを捌くのが大変で、息が切れました・・・。


 

 ごろーはコタロー兄ちゃんにアタックを繰り返していました。
 まったりしているコタローくんにあそぼうよーと誘うごろー?
 

 

 ちゃんと誘いにのって遊ぶコタローくん。
 コタローくんはメス相手だととても優しく遊びます。
 フェミニストだ。
 ごろーは何とかコタローくんのオシリに乗っかろうと何回もチャレンジしてそのたびにムキ!されていました(笑)。

  
コメント (4)

なんだかなー

2009年11月04日 | 我が家のワンコ
 阿藤快さんではありません。
 (念のため。あ、でも阿藤快さんって小田原出身なんですね)

 ルークママさんちのルッちゃんがいつの間にやら我が家に来て「ちちんぷいぷい」してくれたようで、
カンスケどんどん元気になっております(笑)

 (私たちの)朝ごはんも昼ごはんも晩ご飯も、そばにきてオスワリしてじーっと痛い視線を投げつけ、
「お、おでの分・・・」と待っています。
 いきなりいつもの量には増やせないので、少しずつね。

 
 え~、
 たまチリの会社で写真展示会なるものが開催されるそうです。
 グランプリには豪華賞品!(って何だか知らないけど)
 たまチリからメールが来て
 「おでの写真を出せ」というメッセージとともに概要が添付されておりました。
 締め切りは11月16日、それまでに現像しなければなりません。
 
 今まで撮った写真でいいのはないかなぁ~と思いましたが・・・
 数はものすごいけどどうもイマイチです。
 これは皆さんのブログの写真を参考にして、撮影会をしなきゃいかんなぁとあちこちにお邪魔して
 「こういうのいいねぇ」とか「これもいいなぁ」なんて思いながら見ていたのですが・・・。
 見ているうちに写真を勉強することをすっかり忘れ、読んでしまう私・・・。
 だいたい、引越しでも昔の写真とか探していた本とか出てくると、今やっていることをすっかり忘れてしまいます。
 いかんねぇ・・・。

 今さらジタバタしても仕方ないので、いっそのこと基本に戻って(?)「写ルンです」で撮ってみる!?と
たまチリに言ったら見事に却下されました。
 「じゃあ、スチールで撮ってよ!」と言うと、
 「面倒だし大変だし・・・」と言い訳しています。(ちっ! 笑)

 カメラはいつも手元においてシャッターチャンスを狙っていますが、こんなんしか撮れません。

 

 先日、雨の中散歩に行く時。(虐待ではない)
 カッパを持っていないのでなんだか可愛そうになり、ケーキを包んだりする白い水玉のビニールで包んでみました(笑)。
 最初は(なぜか縦列だけど)大人しかったので大丈夫かと思いましが、玄関に来たところで
むしり始めあえなく裸族で散歩に行きました。(5mで終了)
 やっぱりだめか・・・。


 続いて昨日の夜のこと・・・。

 私の小顔になるというマッサージ用のグリグリをカンスケに・・・。
(虐待ではない)

 

 カンスケ、気持ちがいいのかじーっとしています。
 じーっとしているんですが、グリグリが動くので顔がブレてる・・・。


 

 そのうち目を閉じてうとうとしてました(笑)。
 でもブレブレ。


 

 あんずが顔をうずめて寝ています。
 可愛いのだけど・・・。
 で、何?と言われそうだし。


 まぁ、いきなり騒いで用意したところで仕方ないのはわかっているのですがね。
 最後のチャンスは7日のつくばお散歩の会・・・。
 もしかしたら14日小田原に行けるかも知れないので、それもチャンスか!?

 ・・・無理はしません。


 でもこの写真展のおかげで年末辺りにはデジイチ1台は購入になるかも!? 
 
コメント (20)

カンスケその後・・・「お、おではレバーを食べると元気になります」(うそだ)

2009年11月01日 | 我が家のワンコ
 31日は小田原に行くのを断念した為、みんなぼーっとして過ごしました。
 朝の散歩も私がカンスケと一緒に近所で短めにオシッコ散歩。
 あんずはたまチリと一緒に河川敷に行っていいウンチをどっさりしてきました。

 カンスケには散歩の後、おかゆの汁(重湯状態、レバーを煮た汁)をちょっと舐めておしまい・・・。
 その後は抗生剤(朝晩1錠)を飲ませて寝せました。

 午前中はおとなしく寝ていたのですが、12時頃に急に「おで、外に行く~」とドアをひっかきました。
 ウンチだと思いましたが、その通りでした。
 庭で穴を掘ってうろうろしていましたが、茶色の水・・・。
 しかもよく見ると鮮血がほんの少し混じっています。
 おそらく薬が効いて出たのだろうと思います。
 (病院に電話したら少しなら問題ないとのことでした。おそらく切れたのだろうと・・・
食べられるなら大丈夫みたいです)

 土は誰も足を踏み入れることがない場所へスコップで移動・・・。
 庭には念のためバイオウェルクリアをシュシュッと。
 お腹を触っても痛がることなくひっくり返って甘えるので、そんなに具合が悪いのではないのかと思います。
 
 水分はそこそこ取りますので、夜にはスープを作ってあげようかな。
 とそんなことを思っていたらたまチリがおもむろにおやつをあげていました(オイオイ)
 そうしましたらですね、なんと食べました。(わぉ)
 昨日の夜、レバーを煮てスープを使っておじやにしましたが、食べませんでした。
 そのレバーを冷蔵庫から出してきてあげたら・・・。
 何切れか食べました。(わ~お)

 あんずにもあげましたが、ちょっと遠慮して食べないので(まさかカンスケのハライタ菌が
先日のあんずのハライタ菌とは別でうつったか!?)と思いましたが、廊下で1人にすると全部食べました。

 いきなりレバーっていうのもどうかと思いましたが(ホントは悪いと思います)、やはり最初はレバーだった・・・。(爆)
 
 ひとまず食べたので安心しました。

 夕方の散歩もあんずとは別メニューで短めにしましたが、朝よりも元気になっている感じがします。
 さっきのゲリピピで悪いのが出たのならいいのですけどねぇ。
 私も風邪というとたいてお腹を壊します。

 病院に行くと「無理に食べなくてもいいけど食べられるなら食べて悪いのは出し切っちゃってください」
といわれます。(それがまた辛いのだ)
 
 夕飯はササミとおかゆで量は超少なめにしました。
 ササミは完食、おかゆも大さじ2杯くらいは食べました。
 そのあと薬を飲み、水を飲んで寝ました。
 (今回初めてたまチリに薬を飲ませてもらいました。うまくいったみたいです)

 夜は・・・
 時々ものすんごいクサイおならをしています。
 やっと腸が動き始めたようです。
 まずは一安心・・・。

 11月に突入した今日もスープを飲みちょっとだけご飯を食べ、オナラをしながら
イビキをかいて寝ています。(クサイ&ウルサイ)

 今晩は鶏ひき肉のおかゆにしようと思います。

 土曜日にはババボルタと白ジィジ(あ、私の母と父です)が「ジパング」を使って
いきなり上京してくるそうで・・・。(1万2千円で乗り放題で急に決めたらしい・・・)

 それまでにはいくらなんでもよくなっているでしょう。

 新幹線の空席情報を教えろとか東京で1泊するホテルを探せとか、行きたい場所を言って
コースを作ってくれとか、旅行業者みたいな注文をつけてきます。
 うちは「たまトラベル」か・・・。
 (夕飯ごちそうするからと言って買収されました。でもこういうのを調べるのが好きなので苦にならないですけど。)

 我が家には1泊する予定ですが、ワンコ達には9月に一度会っているので大丈夫でしょう。
 私と弟が家を出てから急に行動的になった両親です。

 

 一応静かに寝たフリをしているカンスケ。
 シッポの位置でオナラの気流が変化します。
 この場合だとカメラの方へ流れてきますが、シッポがあがっているとオシリの穴から直噴射していきます(笑)
 
 相変わらず元気なあんずは・・・

 

 「あたち、つまんなーい」という顔をしているので・・・。


 

 普段は格納されているアンモナイトシッポを伸ばして遊んだりしていました。
 (途中からグレーの毛になって、先っちょは筆みたい)
 冬毛が増えてきて、シッポもモサモサ、オシリもモサモサです。

 そばにあったトゲトゲボールを投げてみました。
 (以前、頭に来た時10個いっぺんに投げてワンコを唖然とさせたボール)

 

 狭いので猛ダッシュ!とまではいかないけど、駆け足で取りに行って・・・。


 

 小走りで戻ってきます。

 
 で、恒例の

 

 引っ張り合い(笑)。
 たま、ボールをちゃんと掴んでいなかったのでピンチ!


 

 「あたちの獲物、離さないわよ~!!」
 指の関節が変になってます。

 「ハナセ」で離すからいいのですけど、時々引っ張り合いに負けて私が手を離すと、
ぶるんぶるんと「獅子舞」になります。
 
 つくづく、ボールとかぬいぐるみを振り回すだけでいい、ヘビやキジバトを振り回すのは
見たくないもんだ(経験済み)と思いました。

 で、遊んでいるとカンスケが「お、おでが寝てるのにずるいです!!」と近寄ってくる・・・(笑)。
 これももっと年を取ればますます干渉しなくなって、どうでもよくなるのでしょうかね。 
コメント (14)

久しぶりに病院に行く

2009年10月30日 | 我が家のワンコ
 
 28日の夜からイマイチ調子が悪いカンスケ・・・。
 心配なので病院へ連れて行きました。

 その前に散歩をしてあんずとカンスケのウンチを採取・・・。
 と思ったらしないので、そのまま病院へ。

 久しぶりの動物病院です。
 (我が家では軍医と勝手に呼んでいる)先生には事前に電話をしておきます。
 軍医いわく「動物は言葉が話せないから、飼い主が普段からよく見ていつもと違うところを
説明してもらわないと、病状がわからん」からだそうです。
 怪我なら一目瞭然ですが、それでもなぜ怪我をしたかなど説明してから行きます。
 事前に準備もしておきたいようです。
 あとは、ものすごく忙しいから・・・。
 午前中はたいてい手術です。(代謝が低い午前中に麻酔を打つと少ない量で効くし、
午後~夕方になると代謝が上がってきて麻酔が切れやすくなるからだそうです)
 そんなんで、午前中に電話をして午後に行く旨を伝えました。

 こぎママさんより湯たんぽをクレートに入れると良いとアドバイスを受け、
さっそく入れてみましたが「おでの寝床に何か来た」と思ったのか、出てしまいます。
 仕方ないので朝は部屋のファンヒーターをつけました。(あちー)
 あんずは元気があるので外にいてもらいました。

 少しは調子がよくなってきたのか、外に出たがって玄関の方へ行ったり、
私が昼ごはんを食べている脇でじーっと見ながら舌なめずりしたりはします。
 「ねんねしなさい」と言うと、しばらくして諦めたようにクレートに入っていきました。

 久しぶりに家族みんなで平日にお出かけ・・・。(たまチリ代休)
 と思い込んでいる2頭。

 病院に着くと匂い嗅ぎをしながら診察室へ入っていきます。

 熱を測ってみると39.2℃
 一般的には平熱と言われていますが、軍医の今までの経験によると成犬になって39℃を
超える熱だとどこかに症状がでているとのことでした。

 診察の結果は・・・

 「大腸炎」です。
 何らかの原因(ウィルスや菌が腸壁に悪さをしたりとか)で大腸菌が増え、どろっとしたウンチをしたり
食欲が落ちるとのことでした。
 (ちなみに大腸に原因があると粘膜便やどろっとした便、胃や小腸に原因があると
水様便だそうです。あくまでも目安で。)

 ワクチンを打っていても他にもたくさんの病気があるし、季節の変わり目や抵抗力が落ちた時などには、
簡単に罹ってしまう病気もあるようです。

 抗生剤を3日分もらって、おしまい。(890円ナリ)
 熱を測っている間は困った顔をしていましたが、後はずーっと笑っていました。
 病院でご機嫌なカンスケです。


 ごはんと聞くと目をまん丸にして首をかしげて付いてくるし、食べるかなぁ?
もう治ったかなぁ?なんて思ってしまいました。
 チラチラとご飯を見せちょっとあげたりせずに、しっかり断食させればよかった・・・。
 食べた量は肉がほんの少しなので、丸3日間ほとんど食べていない状態です。
 
 今晩は食べるかなぁと思い、いつもより1/3の量のおじやと肉と野菜を少しのご飯をあげてみました。

 すると・・・
 
 食べません(泣)

 食べないのなら寝るということでクレートへ入ってもらいました。
 あんずに唸っていましたが、クレートに入ると大人しく寝たようです。
 (布をかけたのでわからず・・・)

 まだ食べられないのなら長距離の散歩はもちろん、小田原も今回は諦めないといけませんねぇ。(ぐす) 


 病院では今回も大腸菌の増える原因やら熱の測り方やら肺炎がなぜうつらないかとか、
診察以外の方が時間が長いミニ講義を受けて(笑)帰ってきました。
 軍医は、熱を測る時にガラス製の体温計を使います。
 それを全部入れちゃうんですね。
 そこで「全部入れないとダメなんですか?」と聞くと「直腸の温度を測るならこれくらい入れないとだめ、
ちなみに俺は電子体温計よりもこっちの方がいいと思ってるから」と答えてくれました。
 先っちょの方が自由に曲がる電子体温計を買ったのですが、どうやらあまり役に立たないかも・・・。
 いつもの体温を測っておいて比較することはできるかもしれませんが、正確な温度は測れませんねぇ。

 それからルークママさんに教えてもらった高消化性フード、ネットで調べて買ってみようと思います。
  

 「カンスケ、何でもいいから食ってくれ~ぃ」
 たまチリが横で「おで、こぎママさんのレバーチップなら食べられます。おっかぁのレバーチップも
まぁガマンします」なんてアフレコ入れたので殴りました。そんなにこぎママさんのレバーチップがいいなら
こぎママさんちの仔になりなさいよ!と危なく言うとこだった・・・。(笑)
 
 

 「瞼に浮かぶはレバーの母・・・」
 今日もテーブルの下で寝たがりましたが、クレートに撤収です。



 カンスケに風邪をうつしてすっきりした?あんず何してるかな~?
 
 

 もだえる・・・


 

 まだもだえる・・・


 

 そして寝る・・・

 時々ひとりでこうしてもだえています。
 ひとしきりもだえるとスイッチが切れたように寝ます。
 
 今日はカンスケがクレートに入っている間、とても聞き訳がよくニコニコしていました・・・。



 ※ただ今新しいブログへの引越し作業をしています。
  新しい記事が病気のことから始まるのは気分的にどうもよろしくないので、
 元気になったところで新装開店したいと思います。
     
コメント (8)

ヒタヒタと・・・

2009年10月29日 | 日々の出来事
 とうとう、たまチリの近くにも新型インフルエンザが近づいてきたようです。

 会社からは検温をするようにと言われたそうで、私の体温計をくわえようとしていたので怒りました。

 「犬みたいにケ○の穴で測るわけじゃないんだからいいじゃん」ととんでもないことを言ったので
また怒りました。(サイテーだ)

 で、その後測るのを忘れています。1回も測っていません。(だめだこりゃ)

 昨日の夜は「ぶぇっくしっ!」とくしゃみをしていましたが大丈夫みたいです。
 
 
 ワンコ達は・・・

 あんずも1回下痢(最初は緩くてあとは水)をした日がありました。
 昼過ぎから何となく元気がありませんでした。
 おやつをあげても食べません。
 早めに散歩に行こうと思い出かけましたが、いつもウンチする場所よりにたどり着く前に下痢をしました。
 と言ってもガマンしきれない!とかではないようです。
 その後も元気がなく時々立ち止まってみたり・・・。

 夕飯にも口をつけませんでした。

 ただ、カンスケが近づくと唸って怒ります。
 敏感になっているようです。
 私が撫でると甘えてきますが、たまチリが撫でると嫌がるときがあります。
 かといって、クレートに入りっ放しというわけでもなく、丸くなって寝ているわけでもありません。
 
 体調が悪くてちょっと下痢しちゃったというなら様子を見ればいいのですが、
カンスケとの関係でストレスとか何かか?と気になりました。

 結局はちょっと体調が悪くて、カンスケに近寄って欲しくなかったようです。 
 食べないくらい体調悪いなら吠えないで寝ていればいいのに・・・と思いましたが、そのうち寝ました。

 カンスケが吠えられても唸られても平然としていてひっくりかえって甘えてきたり、
時々あんずの匂いを嗅ぎに行くところを見ると、
 「あんずの体調は悪いけどそう心配するくらいでもないから放っておけ」ということかと・・・。

 翌日の朝にはすっかりよくなったようです。
 散歩から帰ってきたたまチリに聞くと、
「いつも通り、おやつ食べて散歩してきたよ」とのこと。というか、いつもよりもおやつを欲しがったようです。
 オシッコは3回しましたが、ウンチはしませんでした。

 おなかの中はからっぽなはずなので、食べるかと思いごはんをあげると完食です。
 とりあえず乳酸菌の整腸剤をあげて(ポリポリ齧らせて)様子をみていますが、
寝ながらくっさーいオナラを何回もするところから、やはりおなかの調子が悪かったのでしょうね。

 うんちをしたくなると大騒ぎするあんずですが、大人しく寝ているので様子を見ています。

 

 いつもこんな感じで寝ていたので、おなかでも冷やしたのかな。


 今朝もしばらくはヘソ天で寝ていましたが、日の当る所にマットを敷くとその上に寝ました。


 

 「あたち、油断したわよ、寝て治すの」 
 

 

 フリースをかけても嫌がらないのでそのままにしておきましたが、しばらくすると
いつものように日のあたる場所を探して寝ていました。


 

 すぐ元気になって、小屋の上に乗ってオスワリまでして遠くの匂いを嗅いだり、景色を見たり・・・(器用だなぁ) 


 カンスケは・・・とても元気です。

 と書こうと思ったら、カンスケも下痢(と言っても緩いウンチ)をしました。
 あんずの下痢が治って、やっと調子もよくなって大量のいいウンチをしたら、
今度はカンスケ・・・。
 水のような下痢ではありませんが、緩いです。
 
 カンスケの様子もあんずと全く同じです。
 ちょっとしたことにも敏感になり、唸ったりします。
 ただ、ご飯はほんの少しだけ食べます。
 自分で調整している感じです。
 朝の散歩の後は、庭で吐いたり下痢したりもしていません。

 

 先日、台風の中散歩に行きましたが、ちゃんと拭く前にテーブルの下で寝てしまいました。
 出てきた所でまたちゃんと拭きましたが、これがよくなかったかな?


 

 こうして甘えて寝ているうちはいいのですが、あんずの動きに敏感になっています。
 あんずもちょっと困っています。
 甘えたいけど甘えられないので「ひゃ~ひゃ~」鳴きました。
 たまチリに撫でてもらって満足したようですが、もみくちゃにされてました。

 

 「ここまでしなくてもいいわよ・・・」  
 

 たまチリがインフルエンザで倒れても何とかなりますが(出張だと思えば)
私が倒れたら、たまチリ大変だろうな。
 ましてや2人で倒れたらどうしようかな。
 ワンコに引きずられて散歩に行くのだろうか・・・。

 たまチリは風邪をひくと食べて治すという犬とは間逆の療法です。
 しかも、おかゆは大嫌いで絶対に食べないです。

 いつだったか、風邪をひいて倒れたので「食べれたいものある?」と聞くと、
 「カレーか焼肉なら・・・」と言ってました。(はぁ!?)
 (鰈じゃなくてカレーですよ、しかもジャワカレーの一番辛いやつに鷹の爪とガラムマサラも足して・・・)

 私は寝て治す派です。水分だけあればいいです。

 ワンコ達は私が具来悪いとそんなに騒がずに、側で心配そうに寝てることが多いです。
 そういう姿を見ていると、とても愛しくなりますね。
(何が心配って、おで達散歩に行けなかったらどうしよう・・・だったらショック)

 
 最近、あんずがカンスケのことを意識して吠えたり唸ったりします。
 唸りそうになったら声をかけてちょっと見ると落ち着くこともあります。
 部屋の中に入ろうとするカンスケに唸る時は無視、興奮して歯を当てた時は
ガウ!というようにしていますが、これも成長の過程なのかな・・・。

 どういう理由にせよ、2頭を迎えた私たちが安心してのんびり過ごせる
生活の場を与えるのは義務であり責任だと思っています。
  
 31日は何ヶ月かぶりに小田原に行く予定です。
 基礎トレーニングだそうですが、のんびり楽しくできればいいなぁと思います。
 その時に家でのあんずとカンスケのことをチャーリーママさんに相談してみようと思っています。

 その前にカンスケの下痢が治るかどうかですね。
 今日の夕方の散歩も下痢したら、明日は病院です。
 1回きりならいいんだけどなぁ。
 (小田原も行きたいけど無理はできないし・・・)
コメント (12)

第6回つくばお散歩会 「カンスケ、もも姉さんにいじられる」・「番外編 おこげとの再会」

2009年10月18日 | お散歩トレーニング
 
 今回のお散歩、あんずとカンスケはかなり離れて歩いていました。

 

 「お、おではみんなのオシリについていきます」


 先に広場に到着した私たちはレオ君におやつをあげたり、まったりしていたのですが・・・。

 カンスケともも姉さん、たまちり、こぎママさん、タローの主さんがまだ森の中にいます。
 離れていて何があったのかはわからなかったのですが、「もしかして・・・」とちょっとドキドキ・・・。
 
 まさか、いい感じで歩いていたのにカンスケがもも姉さんにガブっとしたんでは
なかろうかとちょっと心配でした。
 まきママさんとも「何かあったんでしょうか・・・」と話していたのですが、
森の方からは笑い声が聞こえてきます。
 もも姉さんも伏せてまったりしているので大丈夫だったんだなぁと思っていました。

 そして、広場に合流した主さんが「見てみて!」と見せてくれた写真・・・。
 
 「カンスケともも姉さんがチッスしている?写真」
 
 ではなく、2頭並んでおやつをもらっている写真でした。


 「ひぇぇぇ~!!! 心臓に悪い写真!」 


 どうやら、カンスケがこぎママさんにレバーチップを貰う時の写真のようですが、
レバーチップに釘付けだったそうです。
 恐るべしレバーチップ・・・(たまチリいわく「犬のマタタビ」)
 
 それでもカンスケが貰う時に、「あたしが欲しいの!」ともも姉さんが近寄り、
カンスケがガウッ!としたそうです。

 「本気で怒っちゃっていやぁね、ボク」とカンスケのガウ!にも全くめげることもないもも姉さんと
「いやぁねぇ、これだから1人っ子は」と軽くスルーしてしまうこぎママさん。

 このペア、最強かも・・・。
 カンスケ、歯が立つわけがありません(笑)

 この後も「蚤の心臓と蟻のようなキャパシティー」で時々もも姉さんにガウ!していましたが、
距離が縮まった時やおやつを貰う場面だけで、一緒に歩くには平気だったようです。

 ガウ!しても、いつもの笑顔に戻るまでが早くなったような気がします。

 <ここで追記> 
 たまチリにお散歩の時の様子を聞いておいて、記事に入れるのをすっかり忘れていました。

 もも姉さん、カンスケと目が合いそうになると、すっと視線をそらしてくれるのだそうです。
 カンスケが伏せた状態からガウッ!っとしてくるのをちゃんとわかっていて、カンスケが伏せていると
さっと距離を取るのだそうです。
 「あの絶妙な距離感は凄いと思うよ」とのことでした。


 去年の今頃はもちろん、今年の初めまで散歩中におやつを食べることもできなかったカンスケでしたが
「お、おでの大好きなレバーを取ったらだめです!」と吠えるまでになったか・・・。
 あんずと並んで貰う時はレバーチップでも何でも吠えたりすることはないです。
 というか、あんずが遠慮してしまうので・・・。
 
 これからはこういう場面でも待つとうことができるようになればいいと思います。
 いきなり高いハードルを設定しても大変ですが、いつもの生活の中でも
おやつのあげ方の工夫が必要になってくると思います。
 カンスケをもっと褒めて自信をつけさせてあげるということはこぎママさんにも
アドバイスされましたが、その通りですね。
 
 そして、心臓に悪いと思っていた私に比べて、主さん&こぎママさんの飼い主としての
器の大きさというのでしょうか、とても勉強になりました。
 大胆かつ繊細ですね。
 それだけ犬を観察して犬のことを知っているということなのでしょうね。
 私がビクビクしていたらカンスケもビクビクするのだろうし・・・。
 でもたまチリも「俺もちょっとドキドキした」そうです。
 
 知らずにやったらただの無鉄砲なのでしょうが、今回は(も!)主さんと
こぎママさん、もも姉さんには助けられました。

 第1回のお散歩会の時と比べたら、表情も柔らかくなり余裕も出てきて別犬のようなカンスケですが、
これからも少しずつ、ゆっくり社会化を促していきたいと思います。
 次の目標は「バッタの心臓とカエルのキャパくらい」かな・・・。
 (最初はキャパなんてなかったように思いますので、ちょっとずつでも器が
大きくなってくれると嬉しいですね)

 それと飼い主である私たちが成長しなきゃなぁと・・・。
 小さい頃から一歩を出せず躊躇する傾向がある私なので、その辺りからの意識改革も必要かと・・・。
 (小学校3年生の時、「空気鉄砲」がなんだか怖くてできなかったし、初めてマッチを擦る時も怖くてなかなかできなかったし。)

 

 たくさんの犬がいる中でこんなにリラックスできるようになっただけでも大進歩なのですけどね。
 信じられないくらい、終始ご機嫌なカンスケでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして、お散歩終了後、東屋でみなさんまったりと過ごされていたのですが、
後ろ髪を引かれる思いで私たちは次の場所へ・・・。
 (キツい予定を組んでいて役目を果たせませんで主さんとこぎママさんには
申し訳ないことをしました。
また、せっかく遠くから来ていただいたレオ君と野郎さんと、もっとお話もしたかったのですが・・・)

 実は水戸で日本犬保存会の茨城展があり、あんずとカンスケのブリーダーさん(じいじとばあば)が
来ているということで、会いに行こうということで・・・。
 2時過ぎには会場に到着したのですが、(早くても3時まではやっているはずだったのに)
もう会場は撤収が始まっていました。
 それでもブリーダーさんの車を探して歩いていると・・・。

 たまチリが「まぁびぃさん!おこげ!お久しぶりです!」と。
 おこげさんとまぁびぃさんと思いがけず会うことができました。
 (以前、守谷SAのドッグランで出会い、その後お散歩の会にも参加してくれました!)

 あんずとおこげさんは早速、匂い嗅ぎをしています。    
 おこげさん、ヒート中だそうであんずが興味を示すかと思ったら、よく匂いを嗅いでいたのはおこげさんの方・・・。

 

 「あんた、茨城のあんずね、お久しぶり」


 あんずは耳を倒して喜び早速遊ぼうとしていましたが、ここは会場なので遊べずちょっと残念。

 

 「おこげ姉ちゃん、遊びたいねぇ・・・」


 その後、ブリーダーさんもやってきましたが、甲斐犬とあんずが仲良くしているのを見て驚いていました。
 (ちゃんと仲良くできるんですよ!)
 そして、おこげさんを見て「いい甲斐犬だねぇ」と・・・。
 (そりゃあ、おこげさんですから!!)
 
 その後、展覧会に出た黒柴のりゅう君と久しぶりの再会。
 あんずは年上のりゅうくんにちょっと緊張しながらも嬉しそうに挨拶して、匂いも嗅がれていました。

 

 「あたち、ナツの娘のあんずです。覚えてますか?」
 「おー、あのおてんば娘か、大きくなったなー」


 カンスケとりゅうくんは・・・。
 もうガンつけまくり(笑)。
 バチバチっと火花が散るような視線で挨拶して?興奮しかけたので早々に引き離しました。
 まぁ、ここでも唸ったり吠えたりしなかったのでいいのですが、やっぱりオスだなぁ。
 りゅう君、私たちも覚えていてくれて甘えてきてくれましたが、まだ興奮が冷めていないようでした。 

 りゅう君、本部賞をもらったそうで、ブリーダーさんも大喜び。
 おめでとう、りゅう君!

 

 「賞、とったどー」


 カンスケもあんずも久しぶりにじいじとばあばに会い、最近めっきり見なくなった
「シッポプリプリ」をたくさんしていました。
 やはり最初の育ての親ですからね、カンスケは1年近く一緒に暮らしてきた人ですしね、
嬉しかったのだと思います。
 あんずも「あたちあんず!大きくなったでしょ!」と珍しく「ワン!」と一声吠えて抱きついていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つくば、水戸でたくさんのワンコと会ってたくさん歩いて相当疲れたようです。
 ご飯を食べるとカンスケはもう、「おでを起さないで下さい」と顔を毛布に埋めて寝てしまいました。
 あんずも大人しく寝てしまいました。

 

 「おでの本日の営業は終了しました。起さないで下さい」


 

 「あたち、寝る・・・」
コメント (23)

第6回つくばお散歩会 初めての仲間も♪

2009年10月18日 | お散歩トレーニング
 前回は帰省のために欠席してしまった「つくばお散歩会」。
 今回は初めてのお仲間にも会うことができました。

 参加メンバーの紹介です♪

 冬毛増量キャンペーン中!のコタローくん&まきママさんと娘さん

 かわいいお揃いの洋服で登場のきらりちゃんとさらさちゃんペアとママさん

 初ヒートを迎え、またまた成長していたももじちゃんとママさん
 
 体高があんずとほとんど同じで(オシリはあんずの方がむっちり)でちょっとびっくりのごろーくんとママさん

 始めまして!黒柴3歳の凛ちゃんとママさん

 カンスケが頼りにしている?もも姉さんと私も頼りにしているこぎママさん

 これまた始めまして!房総半島からはるばる遠征の紀州犬レオ君くんと戦うサーファー野郎さん 

 あんずとカンスケとたま&たまチリ 

 今回は術後静養中でお留守番タローの飼い主であり、このお散歩会の幹事役タローの主さん


 すごいなー。10頭も集まっていますよ。
 大盛況です。

 
 今回も気合を入れて1番乗り?と思ったら1番乗りはももじちゃんとママさんでした。

 ももじちゃん、ますます大きくなったような・・・。
 みんな集まるまでゆっくりお話したり触れ合ったりしましたが、ももじちゃん
私にスリスリして甘えてくれました。

 

 なんだか心を開いてくれてたようで嬉しいです。
 顔の表情もますます豊かになったような気がします。
 さすがに仔犬だけあって、成長がすごいですね。
 初ヒートを迎えた日にお散歩会というのもまたすごいですが、まだ出血は少ないようです。

 そうこうしているうちにみんな集合(レオ君と野郎さんは途中合流でした)

 みんなで輪になって挨拶し、注意事項を確認したらお散歩開始です。
 
 

 もも姉さん、こぎママさん


 

 手前がコタローくんと娘さん
 向こうがきらりちゃん&さらさちゃん、ママさん


 

 ごろーくんと初参加の凛ちゃん(メス3歳)


 

 カンスケ。そんなに大きくない輪でしたが落ち着いていられました。


 

 あんず(というか、あんずのオシリ 笑)


 ももじちゃんはちょっと離れたところで、ひっくり返ってお母さんに甘えていました(笑)。
 

 今回もあんずが先頭で歩いていくはずなのに・・・。

 ウンチしたりマーキングおしっこしたり、バッタ狩りしたりでさっぱり進まず、
凛ちゃんとごろー君に引っ張ってもらいました。
 凛ちゃん、ずんずん歩いていきます。
 ごろー君もスタコラと歩いていきます。

 

 凛ちゃんとママさん、ずんずん歩くよ。
 おお、そんな遠くまで。


 

 池をのぞきこむコーギーズ。
 ごろーくんは水遊びしていたような・・・。
 
  
 あんずがバッタを食べようとするたびに「あんず、ペッ!」と言っていたのですが、
私だんだん疲れてきました。
 (でもたまにホントにちゃんと「ペ」しているあんず・・・)

 ハスの池の周りでしばらく待っているとレオ君と野郎さんを迎えに行った主さんから連絡が・・・。
 あんずを連れて迎えに行きました。

 おーレオ君かっこいいし、きれいだし、タローみたいだし(って紀州犬だし)。
 若くて「このみなぎるパワーをどうしたらいいんだ、俺!」という感じの若雄です。
 パワーが有り余るのとどうしたらいいかよくわかんないし!というの感じで、
あんずと挨拶するまではいきませんでしたが、唸るわけでもなく興味津々なレオ君でした。

 

 笑顔でカメラ目線のレオ君。
 おやつも食べてくれました。
 初めての場所で初めて会うわたしからおやつを食べてくれました。 

 

 時々二人っきりになってまったりしているのがこれまた印象的でした。


 

 凛ちゃんに匂いを嗅がれるレオ君。
 

 野郎さんはとても暖かい雰囲気の方で、レオ君を心から愛しているのだなぁと思いました。
 たまチリも「辛くて悲しいところから救って、親身になって世話をして、
本当にレオのこと愛しているんだなぁ」としみじみ言っていました。
 
 野郎さんはその後もレオ君を見守りながら、おやつを食べたり写真を撮ったり・・・。
 親子みたいです♪

 そして、黒柴の凛ちゃんもいいワンコでした。
 人が怖くてちょっと吠えてしまうとのことでしたが、犬に対しても自己主張が
できる仔だなぁという印象を受けました。
 レオ君のオシリを嗅いでみたりということもしていましたし、嫌な時は嫌と
吠えて知らせています。
 それ以上は嫌よ?と吠えてそれをちゃんと受け止めているレオ君もさすがだと
思いました。

 

 凛ちゃんきりっとしています。

 
 主さんが「レオは、お散歩するなら凛がいいし、走り回るならあんずがいいかな?」というのも頷けます。
 レオ君とあんずが貸切のドッグランで過ごしたら、へとへとになるまで走り回って取っ組み合いしそうです。
 あんずはずーっと吠えられるとムキになってしまいますが、取っ組み合いでは
うまく逃げるし、逃げるのはうまいのでいいかなぁと思いました。
  
 今回のあんずは「犬よりバッタ」だったようで、他のワンコと挨拶を済ませるとプロレスしなかったように思います。

 

 「ここのバッタもおいしいの♪」


 散歩の途中では、ごろーくんを挟んであんずとコタローくんと3頭で歩いたりもしましたが、
ごろーくんに「おねーちゃん!」と絡まれてもスルー。
 
 それだけお散歩仲間と一緒にいることが自然になったのかな。

 

 お散歩が始まる前に私やたまちりと触れ合っていたせいか、ももじちゃんは散歩中にも近寄ってくれました。
 ももじちゃんに寄って来てもらってうれしかったたまチリ。
 (実はももじちゃんはカンスケに興味を持っていてくれていたのですけど)
 もう少しカンスケに余裕があればももじちゃんとも近寄れるのですけどね。
 

 

 ももじちゃんとごろーくん。
 ももじちゃんはマイペースであちこち探索しています。


 

 みんなを見守るタローの主さんの笑顔がにこやかでした。


 

 みんなでわらわらと同じ方向を向いてお散歩。
 レオくんも自然ととけこんでいますね。


 

 お散歩終了後、東屋で休憩。
 タローの主さんと野郎さんが談笑中。

 
 

 あ、レオ君が遠くからカメラ目線。
 楽しそうですね。 
 

 初めて参加した凛ちゃんもレオくんもお散歩を通じて自然と一体化していたように思います。
 お散歩の威力はやぱり凄いなと感じた1日でした。
 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。
コメント (6)