戸惑い八景

見たり聞いたりしたモノを独自に味つけしました。

冷えました

2017年09月29日 | 想うこと

そろそろ秋が本格的になりますが……

高山は、団体客で賑わっています。

子供とお年寄りの。

団体バスを何台も連ねて来てくださいます。

別院駐車場がちかいため、ぶんねもん坂を下ってくる団体さんとよくすれ違います。

学習旅行と敬老旅行とでもいうのでしょうか。

その高山、朝晩はめっきり冷えるようになりました。

今朝は10℃を下回ったようです。

炬燵を入れているのは当然ですが、居間の床に、ホットカーペットを敷きました。

さすがにストーブは出していませんが、ほしいくらいです、朝と夜は。

秋の高山祭りも近いです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読めない展開

2017年09月27日 | 想うこと

衆議院が解散され、来月下旬に選挙だということです。

安倍首相が、勝てるとふんで解散したはずですが、事態は思わぬ方向へ進んでいます。

今日の報道では、民進党と希望の党が合併するとありました。

沈む党から希望の党へ鞍替えする議員が絶えないため、ついに一緒になる選択をしたようです。

でもこうなると、政策などはどうでもいいことになってしまうのではないかと……

そんなもの最初から信じていないでしょうが……

2週間ほど前の、某週刊誌の見出しに、”自民党大敗”と出ていました。

その時期は、誰がどう見ても、自民党が圧勝すると信じられていました。

にもかかわらず、見出しは敗北でした。

記事は読んでいないので、その根拠は知りませんが、あの時点で、こうなると予測できたのでしょうか。

だいたい、自民党の選挙公約の目玉は学費の無償化ですし、消費税増税の理由のすげ替えです。

”上げる”とわざわざ肯定しています。

読み違えするとは思えませんが……

小池新党ともいえる、希望の党も、公明党の党首を首相指名すると公言したり、都知事を辞任して衆議院選挙に出馬するかもと言われたり、しっかりした戦略があるのでしょうか。

混沌としたまま大きく動き出しているようで、どうなるのかまったく予想がつかない展開です。

と記した、この地の岐阜県4区では、金子さんが出馬をしないことになりました。

いまのところ、息子さんが出馬するようですが、地元が一番混迷化しているようです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かい秋の日の

2017年09月23日 | 想うこと

今日は、わが商店街の『ふれあい祭り』の日でした。

各商店の売り出しの他に、フリーマーケットがいくつか出ていまして、賑わっていました。

朝から歩行者天国にもなっていますので、訪れてくれた方々に、気兼ねなくゆっくりとお店を覗いていってもらいました。

雨が降らなくて良かったです。

けっこう暑くなりましたので、自販機のジュースも売れたでしょう。

今日という日は、秋分の日でもありますが、各地で色々なイベントが行われています。

秋祭りの地区も多いですし、聞くところによると、保育園の運動会も行われているということで、お客様は分散されているようです。

ブラックブルズ、プロのハンドボールチームですが、も地元で試合が行われているとのことです。

どこも賑わったでしょう。

連休中で、観光客も多いですし、高山は相変わらず賑わっています。

ありがたいことです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民間船による救出劇

2017年09月21日 | 想うこと

昨日、関のマーゴまで映画を見に行きました。

車で2時間近くかけ。

毎度のことなのですが、不思議なことに、高山に映画館があったときより映画を見に行っている気がします。

さて作品は……

『ダンケルク』です。

割と評判がよく、興行成績も良いということでしたが……

よくわからない映画でした。

時間軸がバラバラで、同じ場面を見方を変えて描いていきます。

演出がドライというか、そのため、どの登場人物にも感情移入しずらくなっています。

もちろん、それを狙ってつくっているのでしょうが。

何を描きたかったのか、何を言いたかったのかがよくわからないのです。

印象的には、最初のシーンからして、キューブリックの映画に似ています。

個人的には、”スピットファイア”が活躍するシーンに胸が躍りました。

なんといっても、その当時、世界一安全な戦闘機というネーミングがついていたくらいですから。

映画にも描かれていましたが、エンジンがストップしても滑空して飛び続けることができるのです。

操縦席が熱い鉄板で覆われていて、被弾しても、パイロットが負傷しないように造られています。

ここが”ゼロ戦”とは設計思想の違うところで、ゼロ戦は、旋回性能を高めるために極限まで軽量化しました。

そのため、パイロットの背もたれの鉄板にも、穴がいくつも開けられています。

被弾すれば、即死に繋がるわけです。

ですから、操縦性能を高めて、被弾しないことを想定しているということです。

実際、『木の葉落とし』のような技を仕掛けることができるのがゼロ戦です。

相手に後ろを取られても、わざと失速し、後ろを取る、ということもできたそうです。

究極の技は、斜めにスライドして飛んでいくことで、これだと、後ろを取った敵機が照準を合わせて撃っても当たりません。

弾はゼロ戦を避けて飛んでいくことになります。

『永遠の0』、で描かれた、最後の特攻で、岡田くん演じるパイロットのゼロ戦は、どれだけ撃たれても当たらなかったのが、これにあたります。

「なぜ、あのゼロ戦は墜ちないのだ!」、と驚愕されたゼロ戦が、自ら敵艦に当たりにいくという、切ない幕切れだったのです。

……なんで、違う映画の話になってしまったのかと……

ダンケルクは、クリストファーノーランの映画でして、胸の中に風が通るような印象が残る映画なのです。

達観しているというか……それにしても、なぜいま、ダンケルクなのかと……

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風すぎて

2017年09月18日 | 想うこと

台風18号、日本を縦断しました。

高山の少し北付近を日付の変わる頃に通過いたしました。

一番風の影響を受けるコースです。

夜中、風の唸る音で目を覚ましました。

風の合間に、バタンバタンと板をたたきつける音が鳴ります。

これはやばいと起き出して、裏二階の上に屋根を足した三階へ上がりました。

屋上屋を架すで、掘っ立て小屋みたいなものです。

時間を見れば、AM1時。

心配したとおり、物干し台の屋根が、プラスチック製の波板ですが、真ん中辺りが剥がれて風に煽られています。

それが垂木に当たり、バタンバタンと派手な音を立てていました。

しかし、強風のなか、屋根に上がるわけにもいかず眺めるだけでしたが……。

剥がれ落ちないか心配しながら見ていましたが、風も徐々に弱まる気配を見せ始めたため降りてきました。

それから30分くらいは布団の中で寝られずにいましたが。

本当に久しぶりでした。

台風により、夜中心配で起きたのは。

台風の被害は日本各地ありました。

今回の台風は、九州から北海道まで被害が及ぶという列島縦断になっています。

被害に遭われた方々には衷心よりお見舞い申しあげます。

風には煽られましたが、この地方は被害はありませんでした。

ありがたいことだと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩いてみると……

2017年09月17日 | 想うこと

『となりのトトロ』『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』、宮崎駿さんのアニメ映画を観ました。

ここ数日の内に、もちろんビデオでですが。

どの作品も断片的には観ていました。

それも頻繁に観るため、例えば、テレビの放映で子供たちが観ていたため、よく知っていると思えるほどに。

ですが、一本まともに見通したことがないので、DVDを借りてきてみたのです。

良い機会だからと、どういう機会か私本人もわかっていないのですが、観てみました。

素晴らしい。

どの作品も感銘を受けました。

とくに、『となりのトトロ』は……泣けました。

息子に話すと、なんで? とつっこまれましたが。

走る少女に感情移入してしまったのでしょう。

やはり、正統派少女は走らなければなりません。

走ったかいはあったのです。

面白さからいったら、スペクタクルという面ででも、『天空の城ラピュタ』は抜群ですが、思うに……

実写化できないものだろうかと。

プロデューサーで考えたことがある人はいないのでしょうか。

間違いなくヒットするでしょうに。

大きく見えますが、意外にコンパクトな作品だと思うのです。

実写化しやすいと。

『風の谷のナウシカ』もとても面白いですが、原作漫画、本人が描いていますが、それを読んでみたいと思いました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤一色とは……

2017年09月09日 | 想うこと

ナゴヤドームが満員御礼だったとか……

なんで? 超低空飛行状態のチームが、ほぼ消化試合なのに……

見ると、ナゴヤドームはほぼ赤一色でした。

ドラゴンズブルーではなくて。

広島ファンに占領されたということですね。

きけば、売り出しの時に、一月前ですか、カープの胴上げに一番確率が高いということで売れたそうです。

カープの優勝を見たいから、今日、明日のナゴヤドームのチケットが売れたのですね。

良かったじゃないですか、この時期に満員御礼を出せて。

ありがたいことです、カープファンに感謝しなければなりません。

で、結果は、シレッとドラゴンズの負けです。

当然ですね。

来年も、監督続投が決定したということで……

しかもドラゴンズ生え抜きのコーチ陣にするということで……

昔に戻るということですね。

昔とは、私の若かりし頃のことで、ジャイアンツファンの友達が言いました。

「ドラゴンズは、20年に1回優勝すればいいじゃない」、ということです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝わるもの

2017年09月04日 | 想うこと

昨夜は、飛騨作家の会、文苑ひだ第13号出版お祝いの会、がありまして出席しました。

今回は司会担当でなく、気兼ねなく飲んだり食べたりできました。

ただし、相変わらずの使い走りで、会の途中、走り回っていましたが。

会の代表もそうなのですが、主な方々が70代から80代になりつつありまして、超高齢化しております。

それでいて、意欲が高いというか、執筆料も多いですし、なにより、宴会のときのテンションは高いまんまです。

私なんかまんだまんだと反省させられます。

さて、昨夜の会の余興で、砂田直規(すなだなおき)さんが歌われました。

アルトだと思いますが、クラッシックの歌手です。

5曲も用意されていて、ピアノ伴奏の方と、会が始まる前にリハーサルをなさってから、聴かせてくださいました。

童謡から始まって、カルメンのメイン曲? で締められまして、リハーサルは、マイウェイ、でした。

聴いていて、泣きそうになってしまいました。

事実、30数名の聴衆みなさんが感動なさっていて、特に女性方の反応は、まさに「シビレル~」てな感じでした。

「どうにかして~」では不適切でしょうか。

大げさでなくって。

響いてきたんですね、心の奥に。

なんというか……重ねてこられた人生の重みが伝わってきたとでもいうのでしょうか。

長年培ってきたものの成果が十分発揮されていました。

技術ではなく、”歌のこころ”とでもいうようなものが、響いてきたのです。

それに感動を覚えたわけです。

けっして驕ることなく、余興であるにもかかわらず真摯に歌われる姿にも、好感がもてました。

感謝です。

年を重ねるほどに、良いものが表現できるようになりたいものです。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

導火線に……

2017年09月03日 | 想うこと

北朝鮮、水爆実験に成功したそうですが。

ICBM用の水爆だとか。

きな臭いですな~。

茶番のチキンレースも、終盤に入ってきたということでしょうか。

引っ込みが付かず、どっちも崖下なんてシナリオもありますかね。

実験が地震として観測されたには、マグニチュード6くらいだとか。

それだけで大きな災いになるでしょう。

地震兵器としても使用できるということでしょうか。

眞子様の婚約記者会見が予定されていましたが、ぶっ飛んでしまった印象です。

風雲急を告げていますが、私は今夜、飛騨作家の会に出席でして、飲まなきゃっ、てな感じです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加