戸惑い八景

見たり聞いたりしたモノを独自に味つけしました。

涼しいのかも

2015年08月31日 | 想うこと

名古屋市の八月の平均気温が、例年より低かったとニュースで言っていましたが・・・

たしかに、高山も暑い暑いといいながらも、いつもよりは過ごしやすかったような気もします。

なにより、寝苦しい夜の日が少なかったと思います。

雨がよく降りましたが、日数を数えるとそれほどでもないのかもしれません。

なんせ、降り出すと思いっきり降りますから、ものすごく降っているような気になってしまいます。

それでも、普段宮川を見ると、流れている量は少ないです。

あれだけ降ったのに、なんでこんなに少ないの、と不思議に思ってしまいます。

一気に降るから、山に溜まる前に流れてしまうのかもしれません。

もっとも、これから台風シーズンですが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこを見てるの

2015年08月30日 | 想うこと

今日は、高山室内合奏団の演奏会へ行きました。

飛騨センター芸術堂での演奏です。

お客さんは300名ほどおられたでしょうか。

今日は日がよいのか、清見でもふれあい祭りとかがあって、ポピュラーからロックまでのコンサートも行われていました。

それにより、ひょっとすると観客は分散したかもしれません。

こちらはクラッシクですけれど。

友達のシェフが出演しておりますから、聴きにいっております。

ビオラを弾いているのですが、演奏中、厳しい顔をしていました。

本人曰く、「笑っては演奏できんやろー」とのことでした。

必死だったのかもしれません。

クラッシック音楽を聴きにいったときに、観客はいったいどこを見ているのか、というのをいつも気にしてしまいます。

指揮者を見るかと思いきや、指揮者は観客にお尻を向けていますから、意外や指揮者にはそれほど目がいきません。

なんとなくぼんやり全体を見ているものだと思ったのですが・・・

私は、可愛い女性の演奏者を見ていました。

自分を客観視してしまいましたが、一人バイオリニストで可愛い方がみえたので、気がついてみると、そこに視線がいっていました。

オヤジです。

間違いなく、オヤジでした。

振り返ってみると、自分は演奏者の顔を見ているのに気がつきました。

同級生の女性もバイオリンを弾いているので、たまに見て、ちゃんと弾いているか気にしていました。

他に、金髪の子がいるぞ、とか、この演奏者がなかなかイケメンで韓流スターのようにも見えましたし、真ん中に、頭の薄い若くない方もみえましたし、いろいろ見ているのです。

もちろん演奏を楽しんでいるのですが、個性的な演奏者を見つけては、そのことも楽しんでいる自分がいました。

肝心の曲目は、前半が「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」・ホルストの「セントポール組曲」でした。

後半は、モーツァルトの「ハフナー」でした。

よく演奏されたと思います。

綺麗に聴かせていました。

とくに、ホルストの曲が面白く、楽しんで聴かせてもらいました。

来年が楽しみです。

お疲れ様でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康で長生き

2015年08月29日 | 想うこと

U18の世界野球大会、といって、12カ国しか出ていませんが・・・

予選2試合目、日本がアメリカに3×0で勝ちました。

自国開催ですが、完勝です。

決勝で当たるでしょうけれど、とりあえず、挨拶代わりの完封勝ちです。

まったく関係ない話で・・・

今年の春、親戚の103歳のおばあちゃんが亡くなりました。

大往生です。

10年ほど前から老人介護施設に入所されていました。

そこでの生活は、長寿のお祝いをされたり、たぶん満足のいくものだったと思います。

今年になり、老齢からくる多臓器不全により半ば昏睡状態に陥り、施設からある病院に移されました。

延命治療をうけるようになったのです。

娘さんや家族の願いにより、超高齢でありますし、延命治療を受けない決断をなさり、その旨を病院に伝えるべく行ったそうです。

すると、病院の院長は猛烈に反対なさり、しばらく揉めたそうです。

見ると、昏睡状態のおばあちゃんがベッドに寝ている部屋には、同じような患者さんが多数寝かせられていたそうです。

みなさん点滴を受けて眠っているのです。

異様な光景だったようです。

どの方もほとんど昏睡状態です。

点滴を外せば、明日にでも、長くても一週間で亡くなってしまう方々です。

そういう方々がベッドに寝かせられて、ずらっと並んでいたそうです。

どうにかこうにか、なんせ100歳を超えていますから、往生させてあげたい思いが強く、説得して納得してもらったそうです。

すると、看護士が、家族の見ている前で、点滴のチューブを外して行ってしまったそうです。

みなさん唖然としてしまったということです。

いくらこちらがお願いしたことであっても、せめて家族が退出してから外してほしかったと。

きけば、その病院は、そういう方々の施設になっているそうです。

一日中寝ていて、一日中点滴を受けている患者、専用の施設だそうです。

長生きしてもらえばもらうほど、言葉は悪いですが、営業が巧くいく病院なのです。

もちろん、お年寄りにできるだけ長く生きていてもらいたい近親者は多いと思います。

その方たちの施設でもあります。

ですが、実情は、ただ生かせるだけの施設になっているのです。

健康寿命世界一の日本ですが。

それはすばらしいことです。

単なる長寿世界一になったとしたら、こういう実情があるということです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予感って・・・当たるけど・・・

2015年08月28日 | 想うこと

予感は当たるというか、予感がしたとき、そのように行動してしまうのか・・・

あるんです。

木曜日、あるセレモニーに出席するため、夕方息子に車で送ってもらうつもりでした。

時間がきたので頼もうとしたら、息子はバイトで疲れて眠っていました。

それで、妻に会場まで送ってもらいました。

息子が眠っているのを見たとき、まずいな~、と思ったのです。

予感があったんです。

妻は迎えに来ることができないので、息子に来てもらえばいいと考えていました。

ただし、会場が分かりづらいところにあるため、送ってもらえないと、迎えに来るとき分かりづらいなとは思っていました。

会場は上枝駅前の、高山と国府の中間地点にあるのですが、土地勘がないと、分かりづらい場所でもあります。

また旧国道でもあります。

さて、セレモニーが終わり会場を出たときバスが来ていました。

聞けば、グリーンホテルまで送るということでした。

知り合いと二人、バスに乗るかどうか迷ったあげく、グリーンホテルではそこから家まで遠いので、バスに乗るのを止めました。

それで、迎えに来てもらうために電話を入れました。

知り合いの方は、携帯電話のバッテリーが切れたため家に電話をできないと言います。

それなら、送っていきますから乗ってください、とお誘いしました。

確認すべく家に電話を入れたところ、息子はすぐに家を出発したとのことでした。

それで安心して、二人で待っていました。

他にも迎えの車を待っている方が大勢おられ、私たちも広い駐車場で立って待っていました。

ですが、普通に走ってくれば15分で着くはずなのに、30分経っても来ません。

そのあいだ、次々と待っている方々が帰っていきます。

結果、私たち二人だけが、夜、暗いなか、広い駐車場の端で立ちっぱなしでいたのです。

私は申し訳ないので、その方に携帯を貸して、迎えに来てもらえるように電話してもらいました。

自分は息子が来るまで待っていますので、先に帰ってくださいと。

ところが、その方が家に電話を入れても、たぶん母親が出たと思うのですが、奥様は風呂に入っているから無理だと言われました。

それで、仕方なしに、二人で待つことになりました。

息子に電話を入れても出ませんので、家に電話を入れたところ、妻が出て、ちゃんと説明したからすぐに着くはずだから待っていれば、といいます。

「トンネルを出たら左に回ってすぐ左だから」、と説明したと言います。

それを聞き、トンネル? と嫌な気がしたのです。

息子は一昨年免許を取ったばかりのものです。

高山と国府の中間地点にある、トンネル・・・?

待っていれば、と言われてもまったく来ません。

二人黙ってひたすら待ちました。。

知り合いの方に、送っていくといった手前、申し訳なくって、タクシーを呼びますかと提案したところ、息子から電話がありました。

聞けば、国府に抜けるトンネルに入ったということでした。

やはりな、と。

息子の頭には、高山と飛騨市を結ぶ、新しいトンネルがあったのです。

旧国道の短いトンネルはイメージになかったでしょう。

それで古川まで行ってしまったようです。

場所を教え、引き返してくるように言いました。

すでに、迎えを頼んでから、50分近く経っています。

これからこちらに来るにも時間がかかりますから、知り合いの方に申し訳ないので、携帯を貸して迎えに来てもらうように再度電話してもらいました。

すると、すでに迎えに出た、ということでした。

それなら早く帰ってもらえることができますので、私一人待っていればいいだけだからと、安心して待っていました。

そうしたところ、思いの外早く息子が現れ、私はその車に乗って帰ることになりました。

知り合いの方は、まだ家族が来られていません。

結局、暗い駐車場に、その方を一人残して、私は帰路につきました。

すでに会場を出てから1時間が経過しておりました。

待たされるだろうな、という予感は確かにあったのですが、知り合いの方を引きずり込み、なおかつ置いて帰ってしまう予感はありませんでした。

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふううん・・・

2015年08月25日 | 想うこと

風雲急を告げる、様相になってきました。

中国、日本だけでなく、韓国でも造船所で大火災があったようで、大火災自体は珍しくなくなってきました。

とりあえず韓国と北朝鮮の紛争は回避されたようですが、東アジアは危ない状況になってきたようです。

そんななかでも、日本は、安保関連法案反対運動が盛り上がっているのですから、なんとも平和な国です。

ありがたいことですが。

相模のアメリカ軍基地内の倉庫火災は、ニュースでの扱いがとても小さいので、よくわからないのですが、ひょっとすると、大きな問題を抱えているかもしれません。

世界的な株価急落から金融崩壊へ進む、という観測もありますし、ここ一月くらいは神経をとがらせていなければならないでしょう。

大山鳴動して鼠一匹、だったらいいのですが・・・

ただし、金融に関しては、シロートの私でも危機的状況が続いているのはわかります。

金の何倍もの貨幣が流通していて、その何倍の数字がやりとりされているのですから、これは弾けるしかないでしょう。

原油の価格が下げ続けている、と話題になっていますが、そもそも原油はそれほど高くないのです。

10年前は、ここ高山でも、ガソリン1リットル100円以下でした。

灯油も、1リットル50円を切っていました。

物価は上がっていないのです。

それを先物取引から発した金融派生商品等で、不当に値上がりさせてきたのです。

現代の錬金術です。

品物自体は変わっていないのに、それを右にやったり左にやったりして利益を生じさせたために、実態のない数字が生まれてしまったのでしょう。

いつかは綻びます。

へたをすると、崩壊するでしょう。

いつなのか・・・

今でしょう!

って・・・今なら、なんとか立ち直れると思いますが・・・・。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

効率か・・・

2015年08月24日 | 想うこと

まあ、中国では化学工場が次々と爆発していますが・・・

あるニュースによると、天津大爆発事故は江沢民派の仕業で、江沢民が逮捕されたとか。

ほんまかいな、というはなしですが、そのニュースでは逮捕時の写真も出ていました。

日本では今のところ報道されていないようですけれど。

陰謀論もビックリの展開ですが、中国ならあるはなしかもしれません。

真偽のほどはわかりません。

もっとも、そんな対岸の火事風に見ていた日本でも、新日鉄の工場で大きな火災が起きました。

何年か前から、日本でもちょくちょく大きな工場から火災が発生していますが、世界的な傾向なのでしょうか。

老朽化からくる事故だといわれていますが・・・

陰謀論からすると、コンピューターウィルスのせいかもしれません。

なんせ現在は、稼働するものすべてがコンピューターで制御されていますから、そこに手を加えれば簡単に社会が崩壊してしまいます。

電気もガスも水さえも、コンピューターで制御されていますからね。

効率を追い求めた結果、こういう社会ができたわけです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい~

2015年08月23日 | 想うこと

ひまわり園に行ってきました。

昨日の夕方、偶然ニュースを見て、これは見に行かなくては、と行ったのですが・・・

そのニュース、たぶん、今日でひまわり園終了という話だったのですね。

盛りというには、当然過ぎていますからおかしいとは思っていたのですが、園の十分の一くらいひまわりが咲いていました。

それだけでも華やかでしたから、園全体が開いていたら、どんなだったかと想像します。

感動的だったでしょう。

聞けば、今月7日から開園していたということで、来年は盛りの時に行こうと思いました。

アルコビアのひまわり園です。

今日2時に閉園するときには、ひまわりがもらえるということで、それで賑わっていたと思いますが、その前に帰ってきました。

コンビニで買ったおにぎりなどを食べて、ひまわりが咲いているゲレンドを眺めていました。

おもえば、スキーをしに来なくなって5年も経ったな、などと思いながら・・・。

近くにいた家族は、小さな男の子が動き回っているため、お父さんがずうっとつきっきりで歩いていました。

せっかく親子でひまわりを見に来たのに、男の子がじっとしていないために、ひまわりが見られないどころか、ごはんも食べられないようで、お父さんは半ばむかついた顔で動き回っていました。

そういうものなのです。

うちもそうでした。

そのときは、私も、落ち着いて食べられないじゃないか、と苛ついていました。

ですが、そんなことはちょっとの間なのです。

今では、懐かしむとともに、羨ましい光景になってしまっています。

景色なんか、暇なものが見ていればいいんです。

親は子供を、若いカップルは相手を見ていれば、十分ですって。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火山警戒の次は

2015年08月21日 | 想うこと

一気に涼しくなった気がします。

空も、たまに雨が降って暗いようすですが、それもあって暑くなりません。

過ごしやすいといえば過ごしやすいですが。

それより大型台風が二つも日本を目指して北上していますから、それの影響がどう出るかでしょう。

大雨に降られるかもしれません。

それと地震。

今朝、ふと目が覚めたとき、ビ~ンと唸っていく音を聞きました。

とっさに地震かと思ったのですが、家は揺れていませんでした。

ですが、高山地方、震度3の地震でした。

けっこう大きいです。

高山といっても広いですから、高山の一地域が震度3だったのでしょうが、よく揺れるようになったと思います。

桜島の噴火警戒レベルは4のままですし、台風、地震、火山の噴火、とエネルギーが溜まりに溜まっているような感じです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天が振動・・・

2015年08月17日 | 想うこと

ダジャレを書いている場合じゃないかもしれませんが・・・

中国天津市の開発地区で大規模な爆発事故が起きました。

といって、一昨日のことですが。

どうやら化学薬品を収めた倉庫に火災が起き、それを消化していたときに、水と化学物質が混じり大爆発を起こしたということです。

ですが、映像では・・・

これは、起きていた火事の規模が大きかったために、大勢の人が撮影していたため、多くの爆発映像が撮れたのですが・・・

とても、化学倉庫の爆発などとは考えられないくらいの規模でした。

しかも、爆発した中心地には、大きなクレーターまでできていました。

爆風は数キロまで達して、周りにあるコンテナ郡が吹き飛ばされていて、近くのビルは外壁だけが残されているのがわかります。

まるで・・・

この時期によく流される、日本人が見慣れている風景に似ています。

何があったのでしょうか?

裏で何かあるのでしょうか?

けっして表には現れないでしょうが、不可解すぎる事故です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お寺で

2015年08月16日 | 想うこと

昨日は、妻の実家でのBBQでして、親戚の家で二日続けてになりました。

お盆ですので、親族集まって、楽しく飲ませてもらいました。

今月になって色々な会合があったため、さすがにバテ気味になっています。

それでも今夜は別院の夏祭りで、姪っ子が吹奏楽で演奏するために、見学に行こうと思っています。

・・・で、行ってきました。

大変な賑わいでした。

櫓を囲んでの盆踊りもあり、飲食コーナーも充実していて、大盛況でありました。

三間四方のスペースですが、”坊主バー”なるコーナーも拵えてあり、説教を聴きながらの飲食ができるようでした。

そんなもん目の前で行われても困るだろうと思っていましたが、けっこう皆さん飲みながらですが、真剣に聴いておられました。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加