戸惑い八景

見たり聞いたりしたモノを独自に味つけしました。

正月早々、病院へ・・・

2017年01月03日 | 想うこと

昨日は、夕方までゆったりしていたのですが・・・

半寝たきり状態であった父の様態が急変したため、急遽、救急車で病院へ搬送してもらいました。

呼ぼうかどうしようか迷ったのですが、車まで運べないことがわかり、お世話になりました。

正月早々、ご迷惑を掛けてしまいました。

様態は、低体温と極度の脱水症状で、危険な状態でした。

夜に入院がきまり、私は、ベッドに寝たきりになった父を置き、帰ってきました。

一時は体温が28℃まで下がっており、脱水で腎臓機能も低下していました。

緊急の処置をしてもらい、助かったしだいです。

たぶん元気になりもどってくることができると思います。

退院してから、どうケアしていくのか、これからの課題がありますが。

昨夜、夜の当番の内科医から、症状の説明を受けました。

そのとき、高齢ですから、快方に向かっていても、急に変わることがあります、といわれました。

そして、そのときに、「延命処置をのぞみますか?」と質問されました。

いわゆる、人工呼吸器に繋ぎ、心臓が止まったら電気ショックを与え、蘇生を試みる処置です。

私の答えは決まっていましたが、さすがにそれを述べるときには、迷ってしまいました。

ひとつ何かを超える、感じがあったのです。

少し間を置き、断ったのですが、そのあとに、実はと・・・

祖父も現在の父の歳に亡くなっていると、いいわけじみたことを言ってしまいました。

寿命であるといいたかったのですが、その寿命を私が決められるわけがないのにと、苦いものがあったのです。

もう一つは、高齢だからと半ばあきらめているのですが、そのときになってみないと、本当の自分の感情がわからないので、という迷いもあるのです。

今回の入院措置により、逝ってしまわれることはないと思っていますが、次の時にも同じ決断をするわけで、そのときには、何も心にひっかかることなく言えるのだろうと、思っています。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平湯の雪は・・・ | トップ | 医院も書き入れ時? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

想うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。