日本共産党睦沢町議市原時夫です

千葉県房総の睦沢町と議会の様子をお知らせす。gabuku@m12.alpha-net.ne.jp

クラッシックの Kアマチュア音楽コンクールで優秀賞いただきました

2016年10月18日 | Weblog

 予選で「村上敏明先生」のご指導を受けました。やあ、私の人生で大変なことが起こりました。
Kアマチュア音楽コンクールで、なんと、優秀賞をいただいたのであります。びっくり仰天の大喜びです。
 声楽の栗原大輔先生は、やさしい方ですが、すごい方「寅さんの口上じゃないんだから」「死に行く人に気持ちが分からないのか(分かるわけないだろう)」「『エルチェバンレステッレ』歌いなさい(なんでチェンバロの音楽を歌うんだろうね」と、その栗原先生から、メールをいただきました。
 この度は、Kアマチュア音楽コンクールに於いて
「優秀賞」を受賞されましたこと、心よりお祝い申し上げますとともに、
指導者として大きな譽れを感じております次第でございます。

今回のコンクールは思いの外レベルが高く、優勝者のヴァイオリン奏者は
プロのコンクールを受けても差し支えないのではないかというほどの
演奏技術を持った方でしたし、他の方々もアマチュアよいうよりも
セミプロとして活動されても何の遜色もないレベルの方々でした。

しかも、声楽に特化したコンクールではなく、ピアノ、ヴァイオリン、
チェロなどクラシックの演奏分野すべてに於いてであり、審査員も
世界で活躍するピアノ、弦楽、声楽という分野の方々でしたね。

そのような中で ”Best8” の中に輝いたということは、
とても素晴らしいことですし、快挙と言っても過言ではありませんね。
だって、私の所に声楽を習いに来てまだ1年経たない
いわゆる「初心者」でらっしゃるあなたが優秀賞ですものね。

一年も経たぬうちにこの快挙ですから、この先の未来が楽しみでなりません。
演奏家としてもっと場慣れをして、雰囲気に飲まれず、逆に観衆を飲みこむように
なればもう言うことはないでしょうし、いずれそうなると私は信じています。

今回の受賞をきっかけに、これからクラシックの演奏家として
声楽家として休む時間はもうありませんよ。

今後はソロは勿論、重唱などにもチャレンジして行くことになると思います。
幸運なことに市原さんの身の廻りには、優秀な声楽家がいますから、そういう
人々の胸を借りてさらなる成長をしていってください。

プッチーニの「星は光ぬ」の最後のラの音がはまれば、おそらく3位内に
入賞していたと私は思います。これは審査員も同意見です。

でもまた来年があります。

本当におめでとうございました。

2016年10月18日 栗原大輔
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民と野党が一体で、新潟県... | トップ | 青春論でもある 本です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。