日本共産党睦沢町議市原時夫です

千葉県房総の睦沢町と議会の様子をお知らせす。gabuku@m12.alpha-net.ne.jp

国言いなりでなく町独自の視点を

2016年11月26日 | Weblog
国のいいなりではなく、「団体自治」「住民自治」として町独自の視点で、アンケートの実施を
24日に町の高齢者保険福祉計画推進委員会の会議が行われ、議会選出議員として出席しました。
 平成30年の第七期介護保険事業計画に向けて、アンケート実施内容についてでした。アンケート項目はほとんど国からのパターンそのものでした。私は、①「必ず送付してください」と義務でもないのに押しつけ文は削り、「住民自治」の立場から説明と合意を得て記入していただくこと。②個人情報として管理を徹底すること③睦沢町独自の状況があり、国の言いなりではなく「自由意見」など独自の声を反映させること。他の委員からも「住民負担を増やす動きが見える、この町独自の状況として、他市町村から通って親の介護をする方が多いその声も反映すべき。との意見も出されました。③町独自項目として住民同士の在宅生活支援(買い物・ゴミ出しなど)で「あなたがお手伝いをする時は有料・無料どちらがいいですか」として「金額」まで書かせるのは、公的福祉の後退につながる可能性があるとして、削除検討を求めました。他の委員からも「いろいろなサービス形態があり、金額まで書かせるのは不適当」との意見がありました。これらの声も元に事務局が修正することで合意しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍自公政権、TPPなどつぎつ... | トップ | 議会自ら年金復活の意見書は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。