My little lovers

忘れないうちに、書いときます。

いつかのメリークリスマス

2017年04月24日 | 日記
彼女と会ったのは2012年の暮れ近くだったと思う。
スナックのバイトをしていた。

初めてバイトの店の外であったとき、
雪がちらついていて、たしか、クリスマスイブだった。
1990年生まれ。

赤信号を手を引かれて、無理矢理に駆け抜けた。

彼女はよくバイトに遅刻する。だから、
よく走らされた。

同伴といっても、ハンバーガーか、ラーメンしか食べなかったし、
マスターが気を使ってくれて、
いつも安く飲ませてくれたのが助かった。

ハンバーガー屋では、どんなに急いでいても、ポテトにはケチャップを山盛りかける。
ぱくついた後は、全力で、バイトのスナックまで走る。
3回目に走った時、僕は仕事用のタブレットを落とした。
大通りの横断歩道を、タブレットは何回転もしながら、転がっていった。
よほどその時のことが、おかしかったらしく、
誰にでも、こう話していた。
「それでね、タブレットがね、私たちより先に通りを渡ったの!」


ランタンがきれいな晩に、川沿いを歩いた。
いつも、彼女のメールは、こう終わる。
「おやすみなさい。いい夢、見てね。」

もう日本にはいないから、メールも返すことはできないけどね。
おやすみ。
いい夢が見れるように。


できれば、
夢がかなうように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Last Smile | トップ | 蕁麻疹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。