国際情勢について考えよう

日常生活に関係ないようで、実はかなり関係ある国際政治・経済の動きについて考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フセイン裁判

2006-11-06 | 国際社会

サダム・フセイン前イラク大統領が、イラクの国内法廷で死刑判決を受けました。今後、上訴審に進み、そこでも同じ判決が出れば、判決は確定し、刑の執行を待つ身になるものと思われます(報道)。

私は今回の判決を、少し残念に思っています。理由は二つあります。一つは、こうした非人道的な独裁者に死刑判決を出すことが、今後国際社会の一つのトレンドになると、無慈悲な独裁者が相次いで政権を握るような多くの開発途上国、紛争国で、法の名を借りた際限のない報復合戦のようなものが、国際社会の中でも容認されるようになっていくような気がするからです。

もう一つの理由は、この判決を北朝鮮やミャンマー、スーダン等々の政治指導者たちが見ていて、政権から滑り落ちたらオシマイだと、ますます政権に固執して独裁化を進めるようになり、結果的にそうした国の国内状況と国際情勢が、さらに悪化していくような気がするからです。

 

実は、国際社会には、「国際刑事裁判所(ICC, The International Criminal Court)」という、国際刑事法を中立的な立場から適用する国際裁判所が2002年に設置されており、既にいくつかの事案について審理を始めています(公式サイト解説Wikipedia。現時点で、いかなる国も、このICCの規程に同意すれば、いつでも事案を持ち込むことができる用意が整っています

ただ、イラクはICCの規程に同意していませんし、審理対象がICC設立以前に起きた事案だったため、今回は国内裁判所で審理することになったのだろうと思います。ICCには、完全に中立的な司法機関としての特徴が備わっているため、理論上は、テロリスト支援国家がこれに加盟して、対テロ戦争を展開する他の加盟国の国民を訴えるようなこともできます(自らに有利な判決を導くことはできませんが、理論上、訴訟を起こすことが可能だということです)。こうした「両刃の剣」のような性質を持っているため、アメリカなどは当面参加しないようですし、この点が加盟国をあまり増やせない理由だとされています。

しかし、こうした問題点は、今後ICCが適用できる数々の国際刑事関連条約を審議・採択したり、ICCで判例を蓄積したりして、時間と手間はかかると思いますが、徐々に克服していくことは可能ではないかと思います。いろいろ問題点はありますが、今後はICCをもっと活用していくことが望まれます。ちなみにICCの最高刑は終身禁固刑です。

今回のフセイン裁判の結果は、ちょっと複雑な気持ちにさせられました。


 ランキングに参加しております。もしよろしければ、ポチッとお願いします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮への複合的アプローチ | トップ | アメリカ中間選挙 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フセイン (なんでも。)
社会 判決、死刑  イラク高等法廷は5日、1980年代前半にイラク中部ドジャイルで起きたイスラム教シーア派住民の虐殺事件で起訴されたサダム・フセイン元大統領 (69)ら八被告の判決公判を開き、フセイン被告に人道に対する罪で求刑通り ...
[サダム・フセイン]取りあえず一審判決だそうです (BBRの雑記帳)
宣告は絞首刑なんですね。ちょっと意外な気もします。 Saddam Hussein sentenced to death by hanging(CNN.com) (元ニュースはこちら:日本語は拙訳意訳) (記事引用) The Iraqi High Tribunal on Sunday sentenced a combative Saddam Hussein an ...
11.5 の出来事 (ニュース☆もう新聞紙は要らない)
フセインに死刑判決、シーア派住民148人殺害事件で  【カイロ】バグダッドのイラク高等法廷は5日、シーア派住民148人を殺害したとして人道に対する罪などに問われていた元大統領サダム・フセイン(69)に対し、求刑通り死刑判決を言い渡した。(読売新聞 ...
フセイン元大統領死刑 (ひまわりの独り言)
判決の瞬間をテレビで放送する時代なんですね。 叫んでいましたね。 独裁者の最後は、やはり死刑しかないのでしょうかね? 「死刑判決」シーア派住民歓声 フセイン被告「裏切り者」   【カイロ=村上大介】「アッラーフ・アクバル(神は偉大 ...
【イラク】フセイン被告が米英首脳をICCに提訴か(2006.01.26) (国際刑事裁判所(ICC)と日本)
 カイロ発共同通信によると、イラクで公判中のフセイン元大統領が米英両首脳を戦争犯罪の罪でICCに提訴する意向であるとのことです。  旧米CPA(暫定統治局)の意向を強く受けて発足したイラクの特別戦犯法廷では、イラクの元フセイン大統領が80年代 ...
フセイン元大統領の死刑判決に思う (Y's WebSite : Blog ~日々是好日~)
バグダッドのイラク高等法廷は、フセイン元大統領に対し死刑判決を下しました。
中東 (共通テーマ)
紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。
特報-フセイン、遂に死刑執行! (博多っ子の元気通信)
【遂に死刑執行】 ついにフセイン氏に死刑が執行されたというニュースが師走の町を駆け巡った。  ブッシュ米政権の「不倶戴天(ふぐたいてん)の敵」だったフセイン元イラク大統領が30日、処刑された。イラク国内の司法手続きによる死刑執行とはいえ、「米主導 ...