「塞翁が馬」のブログ

「人間万事塞翁が馬」、自分の人生を振り返るとその様に思います。
日々感じた事を書き綴る日記兼用のブログ。

日記 456

2017年06月10日 | 日記
< 体格に合っていない >


普通、自転車を買うときに自分の体の大きさに合ったものを選び、サドルを調整してから乗り出します。


ところが、自動車の場合そうでない人(車)をたまに見かけるのはどうしてでしょう。


対向車で見る場合、ドライバーの顔がハンドルの高さと同じくらいの人がいます。一見、人が運転していない様な錯覚に陥り、よくよく見れば人の顔が…。


体格の小さい人が大きな車を運転している時に見ますが、軽自動車でもあるのは不思議。


頭の位置がヘッドレストの下にあるなんて考えられないのですが普通に道を走っているんです。これは誇張ではありません。


察するに、身長が低いのに運転席に座布団とか、シートリフターで調整すると、今度は足がペダルに届かない。


ペダルに足を届かせるにはハンドルを抱える様な位置にせざるを得ない。


その行き着く所が冒頭に書いた合わせ方。


これは車の設計段階のことなので、説明書に「身長何㎝以下の人は運転できません」とか注意書きが必要な気がします。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お題「ロックの名盤といえば?」 | トップ | 日記 457 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。