ハイ・ニコ・ポン

サンダイヤリスト山岡睦治のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コーランの説く教えは、風刺でもなくテロでもない

2015年01月17日 22時31分42秒 | イスラームのとびら
 過去にイスラームについて書いた記事をまとめておきます。 2008年4月28日 アラビア人の感覚性 2009年9月10日 感謝とイスラーム 2010年11月2日『コーラン』の善一元性について 2010年11月28日『コーラン』に示される因果応報を超える道 2010年12月10日 イスラム教における因果応報を超えるという意味 2011年2月17日 コーランはテロではなく善行を奨励している . . . 本文を読む
コメント (2)

第30回生長の家聖歌隊チャリティーコンサートにおけるあいさつ

2012年11月15日 21時15分25秒 | 日時計ウェイ
 本日はご多用の中、第30回生長の家聖歌隊チャリティーコンサートにご来場いただき、誠にありがとうございます。心から歓迎と感謝を申し上げる次第であります。  神様の世界は、真と善と美が充満している素晴らしい世界であると教えられております。その美の中には色彩的な美だけでなく、音楽的な美も含まれていて、神様の世界はその御徳を称える讃歌に満ちた世界であるとも言われております。  例えば、今年、生長の家総裁 . . . 本文を読む
コメント

クリスマス商戦のスタートは早すぎる!?

2012年11月15日 20時22分00秒 | 宗教
 11月の始め、最寄り駅の相模大野の駅ビル2棟に挟まれたコンコースに、電飾で飾られた見上げるような大きなクリスマスツリーが設置されました。 「クリスマスは今月だったっけ?」と錯覚を起こしましたが、イブは12月24日、クリスマスは翌25日ですから、まだ2カ月近くも先の話です。このツリーの飾り物は恒例で、最近はだいたい2カ月前に飾られているようです。何故、こんなに早く飾られるのでしょうか。想像するに、 . . . 本文を読む
コメント

電気料金値上げの明と暗、どっちを取るのか。

2012年11月03日 10時59分00秒 | 環境問題
 電力会社の電気料金値上げの動きについて、日経新聞のWeb刊11月2日には、「電力値上げ、産業界に打撃 大手は数十億円コスト増」という記事が掲載されていました。これを読んで、企業の支払っている電気代の大きさにびっくりしました。例えば、パナソニックでは、2010年度で約500億円。企業向けの値上げ幅が2割から3割アップされれば、それだけで、100億円〜150億円電気料金があがる計算になります。同紙で . . . 本文を読む
コメント

第34回生光展開会式における祝辞

2012年10月11日 09時58分39秒 | 日時計ウェイ
 10月8日から14日(日)まで、東京銀座画廊・美術館(名鉄メルサ8階)で、第34回生光展(生長の家芸術家連盟美術展)が開催されています。初日の8日にオ−プニングセレモニーがあり、私の所属する出版・広報部が生芸連の事務局を担当していている関係で、祝辞をのべさせていただきました。下記にその原稿を掲載させていただきます。 ======================================= . . . 本文を読む
コメント

人間は鉱物と一体である

2011年11月03日 22時04分23秒 | 四無量心を行ずる
 生長の家の瞑想法である「神想観」という行に、「四無量心を行ずる神想観」ニューバージョンというものがあります。その祈りの中に、「地球のすべての生命(せいめい)と鉱物の一切を見そなわして、その苦しみを除き、楽を与え、多様性を護り、喜びを与えんと欲するのである」という言葉があります。これを実修していると、人間と鉱物の一体感が増してきます。  最近、人間の中の元素を調べてみると、実に多種の金属元素が存在 . . . 本文を読む
コメント (1)

第29回生長の家聖歌隊チャリティーコンサートにおけるあいさつ

2011年11月01日 23時22分31秒 | 日時計ウェイ
 去る10月26日(水)夜、東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟小ホールで、第29回生長の家聖歌隊チャリティーコンサートが開催されました。その中で、私は聖歌隊代表として、あいさつを述べさせていただきましたので、その原稿を掲載させていただきます。 ごあいさつ                            生長の家聖歌隊                       . . . 本文を読む
コメント

第33回生光展の開会式のおける祝辞

2011年10月10日 23時36分33秒 | 日時計ウェイ
 10月10日から16日(日)まで、東京銀座画廊・美術館(名鉄メルサ8階)で、第33回生光展(生長の家芸術家連盟美術展)が開催されています。今日は、そのオ−プニングセレモニーがあり、私の所属する出版・広報部が生芸連の事務局を担当していている関係で、祝辞をのべさせていただきました。下記にその原稿を掲載させていただきます。 ====================================== . . . 本文を読む
コメント (2)

木造建築の優れた点

2011年09月08日 21時08分23秒 | 森林
『電通報』2011年5月16日号に、農林水産省林野庁林政部長の末松広行氏が、「国際森林年と震災復興」と題した文章の中で、戦後、建築物において木を使う事を国が徐々に避けてきた経緯があると指摘しています。 >避けたのには理由がある。「地震に弱く」「火事に弱い」と思われたからである。(1955年の閣議決定「木材資源利用合理化方策」)  1955年と言えば、私が生まれた年、昭和30年です。ここから木は . . . 本文を読む
コメント

妄想ゼミ

2011年08月04日 09時50分17秒 | 宗教
 先日の午後、職場で執務をしていると、「チリチリチリチリチリ」という小さな音が聞こえました。夏の季節、蝉が部屋に入り込んで羽を震わせて鳴くことがあり、その時の体験から蝉の音に似ているので、私は蝉が部屋に入り込んで鳴いているのだと考えました。実際に、同僚に「蝉が入り込んで鳴いている」と話しました。  その後も「チリチリチリチリチリ」「チリチリチリチリチリ」と断続的に鳴きます。しかし、どうも様子が . . . 本文を読む
コメント