普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

民主党石井さんの公明党批判

2008-10-16 17:40:34 | 政策、社会情勢

 昨日の昼食時、NHKがの参議院の予算委員会の審議の放送をしていたが、久しぶりに活気のある審議風景を見た。
 民主党の石井一さんが麻生さんの文芸春秋の投稿記事で国会冒頭解散を決断したと言いながら、今まで解散をしないのは首相としての適正をかけるもので首相の問責決議案ものだ。
 発言を撤回するか解散しろと迫っていた。
 その発言に議場が騒然とし審議が中断する場合もあったが、第三者の眼からみると石井とんの意気込みは空回りに終わったようだ。
 然し次の公明党批判になると議場は与野党の彌次で盛り上がり、何度も議事進行が中断した。
 その状況を一番詳しく報道している産経新聞の記事
によると、その内容の主なものは
・公明党とその支持母体の創価学会の関係を追及、「政治と宗教」に関する集中審議の開催を要求
・学会トップの池田大作名誉会長と、公明党・学会に批判的な立場をとっている元公明党委員長の竹入義勝、矢野絢也両氏、福本潤一元参院議員の計4人の国会招致を要求
・(その際)学会は参院選の選挙活動『民主党は仏敵だ』といっている、どうして仏敵なのか、学会の最高幹部に聞かせて貰いたい
・学会の宗教施設は全国に約1000カ所が選挙マシンとなり、宗教と政治と選挙が一体になっている。宗教施設が税法上の優遇措置を受けているのは宗教に使われるためだ。
 石井さんはその証拠として会の状況を録音したCDを見せた。
・自民党は、公明党の票がないと政権を維持できないから言いなりだ。後ろに影の力がある。それに公明党は唯々諾々と従っている。公明党が政権の中核で政策に注文をつけるのは日本の民主主義にとっていかがなものか

 産経の報道のほかに石井さんは次のようなことも言っていた。
・自民党は公明党の集票組織に頼っている、小泉チルドレンの殆どは公明党の支援なしには当選しないだろう
・創価学会の意を受けて(一人の人から支配されている)公明党は自民党に国会の解散時期など国の政治に大きな影響を与えている
・創価学会はマスコミに広告を出したり、(普通の印刷会社でなく)印刷を依頼することで創価学会や公明党批判の口を封じている
・選挙になると青年部や婦人部が集票マシンになっており、彼らの執拗な選挙運動で、会員でない一般国民が大きな迷惑を被っている。
石井さんの質疑がせ終わると議場大きな拍手が沸きおこったが、その大きさから考えると自民党員の拍手も混じっていたのに違いない。

[今回の関係者たちへ]
石井さん

 石井さんの質疑で麻生さんの文春発言の追求は空回りに終わったが、公明党と創価学会との関係批判は、マスコミではタブー視された問題だけにその勇気を讃えたい。

公明党
 公明党は石井さんの批判に対して、批判だけまたは黙殺することは、同党の透明性の問題で批判を浴びるだけだ。
 党として池田名誉会長の説く教義にしたがって党是が建てられているのは、そう言えば良いし、そうでないなら国民から誤解を受けない様に、学会と一線を引いた党の運営や選挙活動をするなど李下で冠を正さないことだ。
 私は公明党があらゆる意味で独立性を保ち、政権から離れ今の捩じれ国会で是々非々を貫いて貰ったら、国も随分良くなると思うが、理想論に過ぎないのだろう。

創価学会
 私か同会が発足時からの悪名高い折伏
(しゃくふく)や、他の宗派に対する排他的なやり方や同会に集中して起こる裁判沙汰など首が捻ることが多いが、実体を知らないので、それ以上のことはネット上で見つけた創価学会脱会者体験記を紹介するに止めておく。

マスコミ
 石井さんは広告や印刷の依頼で金の面で公明党や創価学会の批判の口を縛っているといった。
   石井さんの発言に関しては読売新聞
は次のように報じている。
 15日の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が公明党と支持母体の創価学会の関係を取り上げ、「宗教と政治が一体となっている」などと批判し、一時騒然となる場面があった。
 石井氏は、政治と宗教に関する集中審議の必要性に言及、池田大作・創価学会名誉会長らの参考人招致を求める考えも示唆した。公明党を揺さぶり、早期の衆院解散・総選挙につなげる狙いがあったと見られる。
 これに対し、麻生首相は「政治家でない人を安易に参考人招致するのはいかがか」とけん制。石井氏の後に質問した公明党の山口政調会長は「政府が答弁できないようなことを質問するのは厳に慎むべきだ」と猛反発した。

   なお前述の産経新聞は公明党の反論も記述している。
  毎日新聞
は読売の全般をさらに報道、公明党の反論なし。
  朝日新聞はネット上で調べたが無視?

   私は石井さんの指摘がなくても創価学会と公明党の密接な関係が明らかになっている以上、報道の公正さを保つためには、金銭面から圧力を避けるため、政治団体やそれと
密接な関係のある団体からの広告や印刷の受注など慎重な配慮が欲しいと思う。
   これは公明党が創価学会と一線を画するよりはるかに簡単と思うのだが。
 マスコミは石井さんの指摘に対して自己批判や反論、それでも不満なら裁判に持ち込んで、購入者や視聴者にその立場を明らかにすべきだと思う。

 マスコミはよく真実の報道と言うが、真実であっても偏った報道や報道をしないこと(やむを得ないことは除く)はマスコミの信頼性を無くすものだ

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
政治ブログランキングへ
政治ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国の金融危機と日本 | トップ | 米国の抱える問題と日本 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感 (ろっし)
2008-10-17 06:09:29
 マスコミはよく真実の報道と言うが、真実であっても偏った報道や報道をしないこと(やむを得ないことは除く)はマスコミの信頼性を無くすものだ。

 全くの同感です。ただ企業ですからね。後、政治的背景、業界に不利になる法案や規制の可能性もありますね。

 組織票のネックは、金と票の見返りを期待していることです。これは、創価学会組織票に限った事ではありません。
同感です (秋)
2008-10-18 01:16:21
創価学会が政治を裏から動かしていることは、日本の不幸だと思います。
Unknown (Unknown)
2008-10-18 01:30:35
創価学会は朝鮮総連と同じだと思います。
Unknown (Unknown)
2008-10-18 16:04:39
うちの親はマジで馬鹿だ。
俺が毎回警告してるのに「ネズミ講」に引っ掛かる。

母親は「八葉」のネズミ講で1500万円損した。
父親は「近未来通信」の詐欺で1000万円損した。
もちろん俺が何度も「それは詐欺だ!」と警告したが。
言う事聞かずに契約して全損だ。

この2つの詐欺事件には共通点がある。
それは共に創価学会員同士のクチコミで広がる点だ。

創価学会員は元々馬鹿が多いので良いカモだ。
創価学会員は被害者であると同時に加害者なのだ。

その宗教自体が「ネズミ講と同じ形態」なので。
「ネズミ講」被害に遭い易いタイプの人間が多いのだ。

うちの親は2人とも、そのタイプの馬鹿だ(笑)。

また、最近では。
創価学会が行っている墓石商売にも引っ掛かってる。
もちろん、それにも俺は反対したが無視して買いやがった。

だから数年後、公明党が没落し、池田大作が死ぬ頃。
創価学会の悪事や被害が世間に知れ渡り。
お馬鹿な創価学会員もようやく気づく日が来るだろう。
その日が来るのが楽しみだ。

ただ俺の名前が勝手に創価学会員名簿に載ってるのが気に食わん。
クソ創価学会員に間違われるのが迷惑だ!!。
創価学会 (一般人)
2009-01-13 23:00:27
オウム教と同じ。
犯罪集団。
いつか日本を滅ばす。
危険な集団。
政治を裏で操り 池田を護る為だけの政党は腐ってる。
日本の将来が危ない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
三浦和義氏の怪死 (喜八ログ)
2008年10月11日、米国ロスアンゼルスの拘置所で「怪死」した三浦和義さんのご冥福を祈りますとともに、ご遺族の方にお悔やみを申し上げます。
米国大統領選:オバマvsマケイン大統領討論会3もオバマの勝利で終わる (カナダde日本語)
今日は最後の対決である第3回米国大統領討論会がニューヨーク州のへムステッドにあるハフストラ大学で行われた。これまでの立って討論する...
解散権はオレ様にある野田(笑) (カナダde日本語)
15日の参院予算委員会(ビデオ・ライブラリーより)での民主党石井一副代表の麻生攻撃は、本当に気持ちのいいものだった。 石井副代表は...
経団連「移民論旨」の破綻 (博士の独り言)
大量移民受け入れ政策 他国の事例を未然の教訓に 【金融危機】オーストラリアが移民政策見直しへ 【シンガポール=宮野弘之】 世界中...