普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

ビートたけしさんとテレ朝

2010-06-13 15:32:44 | 情報、マスコミ

 昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」では、「メディア論スペシャル」特集として三宅久之さんなどのレギュラーの他に、珍しく田原総一朗、手嶋龍一、池田信夫、土屋敏男、上杉 隆などの各氏が出演していました。
 スイッチを入れたときは丁度、野中広務さんが暴露した「官房機密費」のメディアへのばら蒔きに就いて、野中さんが唯一受領を拒否したと言った田原総一朗のほか、出席者の皆から貰っていないと言っていました。
 中でも手嶋龍一さんがNHKのワシントン支局長を長く務めた開の米国政府高官と繋がりがあるのを買われて自民党政府と米国政府の交渉に一役買ったときに、如何に官房機密費が使われたか、そしてその使い方が如何に難しいかの発言は耳新しいものでした。

[たけしさんの番組の人選法}

 然し私の一番気を引いたのは、討論終了後のたけしさんと司会のたかじんさんと辛坊さんの対談でした。
 彼は「たけしのTVタックル」の出演者の人選の時、三宅久之さんを入れる時はその対極の田嶋陽子さんを入れるなどして番組を盛り上げるといっていました。
 田原総一朗さんに就いては自分の意見を言いたくて、司会が指名するまで手を出したり引っ込めりする癖を指摘して皆を笑わしていました。
 たけしさんは田原さんの癖を披露することで田原さんが前にもっていた「サンデープロゼクト」で田原さんが出演者に自分の意見を押しつけることを指摘していたのです。
 そう言えば、たけしさんは「TVタックル」でも司会進行は阿川佐和子さん任せ、自分は茶化し役に徹して居ますが、たけしさんの目論見のように主張の違う人達が勝手に番組を盛り上げてくれています。
 そして最後にたけしさんが自分の意見を述べて終わるのですが、その当否は別として彼の意見が視聴者に何となく重みがあるような気をさせるのはさすがです。
 これは彼が映画製作の際の配役を決める時のやり方を政治バラエティー番組ににも応用したのかも知れません。
 考えて見ればたけしさんが言及した「たけしのTVタックル」も「サンデープロゼクト」のどちらもテレビ朝日の現在、過去の番組です。
 田原さんの「サンデープロゼクト」は視聴者が皆強すぎる彼の癖を知っていますから、それを割り引いて聞くと思うので、その番組みの報道内容が、すこしどちらかに偏った番組になっても実害は生れません。

[「スーパーモーニング」の人選]
 然しこれがテレ朝の主要報道番組である朝の「スーパーモーニング」や夜の「報道ステーション」の場合は解説者やコメンテーターの配置に依っては、番組が一方に偏って仕舞うことがあるようです。
 特に私が何時もとり上げる「スーパーモーニング」のコメンテーターの鳥越さん、民主党応援と失言して物議を醸した吉永さん、若一さん、森永卓郎さん、週間朝日の山口さん、大谷昭宏さんと並べて見ただけでもこの番組が如何に偏っているか一目で判るような気がします。
 勿論彼らが自分の信念を曲げずに主張するのは良い事です。(そのために「たかじん」の番組のようにメディアが政治家から金を貰った貰わないが大問題になるのです。)
 然し一般の視聴者の中では彼らが番組で公平、中立の意見を言っていると誤解したら、その弊害は大きいと思います。
  Wikipedia
を見ても二時間に番組に拡大した「スーパーモーニング」は、他局の同種番組でも視聴率最下位にに喘いでいるようです。
  テレビ朝日はビートたけしさんの「三宅さん×田嶋さん」のアイディアを貰って、「スーパーモーニング」でも片方に偏った論陣に対抗する人達を投入すれば、同じか似た意見ばかりでぬるま湯状態の番組が一気に盛り上がり、視聴率向上に繋がると思うのですが。
  そしてテレ朝のみならず番組が少しは公正、公平になることは日本に取って良い事と思うし、私も朝のチャンネル権を持つ家内の付き合いで、一方に偏った発言を聞かされて気分を壊さずに済むよになればこの上ないと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

参照: 見苦しいよ鳥越さん!!! 
       
しっかりしてよ鳥越さん!!!   

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅政権の郵政改革法案取り扱... | トップ | 世論調査の結果にどう応える... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小惑星探査機「はやぶさ」 地球へ帰還 (愛信)
2010-06-13 19:14:16

mainichi.jp/select/wadai/graph/2010hyabusa/?link_id=RAH04

はやぶさのカプセルは、本体から切り離された
後、試料の容器を宇宙空間で密閉した真空状態
で着地する。現地で回収後、開封せず日本に運
ばれる。 人類が初めて手にする小惑星の試料
となる。
「はやぶさ」おかえりなさい(動画アニメ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11021952
【はやぶさが成し遂げた記録と功績の一覧】
2003年05月 電気推進エンジンを世界で初めて3台同時運転。
2004年02月 イオンエンジンを搭載した宇宙機としては、世界で最も太陽から遠方に到達。
2005年09月 日本の惑星探査機が、史上初めて他天体へのランデブーに成功。
        史上最も小さい天体へのランデブーに成功。
---中略---
反日売国テレビ局・マスコミが隠蔽する日本科学
技術の偉業
NECはカウントダウンを表示していたりしています
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/
Astro Artsと言うサイトでも特集が組まれていたり
もしていますし
http://www.astroarts.co.jp/index-j.html
おかえりなさい。はやぶさ 50億キロ宇宙の
おつかい (ニコニコ動画実況中継)開場21:50
http://live.nicovideo.jp/watch/lv18265557
■ライブ中継■は
正しい歴史認識、国益重視の外交、
核武装の実現が詳しいです。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3873.html

【旅の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/tabi/tabi.cgi

Unknown (Unknown)
2010-06-13 20:08:17
うざいコピペ厨愛信。
『高齢者は半島人に好意を持たない人が多いのに』 (愛信)
2010-06-13 22:53:26

http://www35.atwiki.jp/kolia?cmd=upload&act=open&pageid=218&file=1248876572.pdf

そして、「民主党に投票した」自分の判断が
間違いだと認めたくない。いい歳をした自分
が「郵政民営化」に騙され、また「生活が第一」
「政権交代」に騙された愚か者だと認めたく
ないという心理も影響しているはずです。
もしそうなら、「民主党の支持団体」が何で
あるのかを知れば、
置きビラの作成はこちらをクリックして【印刷】
して下さい。

【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
はやぶさの旅費を仕分ける蓮舫かな
郵政利権国民新党 (Unknown)
2010-06-14 15:27:25
全国郵便局長側、国民新党に8億円資金提供 「露骨な利益誘導」指摘も (1/2ページ)
2010.6.14 02:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100614/crm1006140200004-n1.htm

 郵政改革法案の可決を目指す国民新党側に、全国の郵便局長らが過去3年間で総額8億1973万円を資金提供していたことが13日、産経新聞の調べで分かった。「全国郵便局長会」(旧「全国特定郵便局長会」)の会員やOB、家族らでつくる政治団体「郵政政策研究会」がパーティー券購入や寄付を行い、郵便局長らは国民新党の職域支部「国民新党憲友会」にも納金していた。国会議員9人の小政党に特定の団体側から8億円もの資金が流れていた事実に、識者からは「露骨な利益誘導」とする批判の声も出ている。(調査報道班)

 国民新党は郵政解散直後の平成17年8月に設立。18~20年の政治資金収支報告書によると、郵政研はこの間、全国の郵便局長らから個人献金計約7億5738万円を受領。党の衆参両院議員の現職や元職、候補者ら計12人の政治団体にパーティー券購入や寄付で、計2億5500万円を支出した。

 国民新党への寄付と、国民新党側が年1回開催する政治資金パーティー「国民新党総決起大会」でも、郵政研は計2350万円を支出しており、国民新党側への支出は3年間で総額2億7850万円に上る。
郵政利権国民新党 (Unknown)
2010-06-14 15:28:12
全国郵便局長側、国民新党に8億円資金提供 「露骨な利益誘導」指摘も (2/2ページ)
2010.6.14 02:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100614/crm1006140200004-n2.htm


 国民新党側は、全国に12ある郵政研の地方組織「郵政研地方本部」からも3年間で計5750万円を受領した。

 また国民新党の職域支部「国民新党憲友会」は、郵便局長やOB、家族ら約21万3900人が党員登録し、3年間に党費として約6億1559万円、個人献金として9992万円を集めていた。このうち2億3178万円は郵政研側に環流。憲友会の代表は、日本郵政を監督する総務省の長谷川憲正政務官が務める。

 巨額の資金に基づく利益誘導の有無について、国民新党と郵政研はともに「まったくない。法的にも問題はない」としている。



独協大法科大学院の右崎正博教授(憲法学)の話

 「特定の勢力から巨額の資金提供を受け、その勢力の望む政策を実行するのは、露骨な利益誘導といわざるを得ない。小政党の国民新党は、大政党と比べて資金量も大きく劣ることから、郵便局長会側の資金への依存度は相対的に高く、より露骨だ。郵便局長が中心となった職域団体の代表が総務政務官というのも、公平性に疑問がある」

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「救国ネット」の民主党征伐…単独過半数を絶対阻止 (東アジア黙示録  )
大盛況となった民主党打倒の総決起集会。平沼代表ら注目の政治家3人は「救国ネット」を結成し、力強く共闘を宣言した。民主党の単独過半数を阻止する動きは、市民レベルでも広がりを始めている。