普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

金融不況と日本

2008-10-11 17:33:25 | 経済・財政

 また経済も金融のことも良くしらない普通のおっさんの感想を纏めて見ました。
 皆さんの忌憚のないご意見を待っております。

 米国発の金融危機の波が全世界に拡がっている。
 特に10日、11日の新聞にはこれに関する記事が集中した。

[円の急騰]
 サブムライムローン崩壊の影響をまともに受けた米国は勿論、それに対する備えを怠ったEUなどのドル、ユーロの下落に比して、前回のバブルの経験を活かした日本の円だけが独歩高を演じていると言うそうだ。
 日本人として日本の金融機関が信頼され、円の価値が上がったのは嬉しいことだが、今までの輸出で発展してきた、日本としては大きな打撃だ。
 円急騰 輸出企業に打撃「株安とダブルパンチに」
株暴落、日経平均終値8276円…下落率は史上3番目の報道が示す様に円高→株価の下落→経済の悪化の悪循環に陥りそうだ。
 おまけに政府が進めようとしいている外国人観光客を2000万人の計画にも大きな悪影響を与えるだろう。
 円の急騰による輸出の減少に対して、何時ものように内需の拡大をしろと言う意見があるが、少子化による人口の減少、派遣労働者の増加に伴う平均的給与の減少、将来の経済の不安などの問題がある。
 また内需拡大と言っても、全ての物に対する需要が飽和状態になっている。
 後はの世界の金融が落ち着いて、円が本来の力に見合った価格に戻るのを待つしかないのだろうか。

[大和生命の経営破綻]
 報道によれば、大和生命の中園武雄社長は10日午前、都内で記者会見し、「保有していた有価証券に想定外の深刻な価値下落が進んだ」と説明した
 
大和生命のサブプライムローンの証券化されたものを組み込んだハイリスク・ハイリターンの証券購入とうの高収益を狙った強気の資産運用が命取りとなったそうだ
 大和生命は弱体の本体の保険業務の穴埋めとしての資産運用など、バブル崩壊の教訓が全く活かされていないようだ。
 与謝野さんは大和生命の件は例外で他にこのような金融機関はないと断言したが、是非そうであって欲しいものだ。
参照:大和生命が経営破綻、114億円の債務超過

[米国にバブル崩壊の経験を進言]
 日銀の白川総裁がG7出席のため米国に到着したとき、記者団に対して「1990年代から2000年代初めにかけての金融危機で(金融機関の自己資本に)公的資金を投入するなどした日本の経験を伝えたい」と語ったそうだ。(読売新聞の白川・日銀総裁がワシントンに到着「日本の経験伝えたい」
 より)
 その前にも中川さんはG7に出発の前に米国に日本のバブル崩壊の後と取った公的資金注入の経験を進言したいと言ったと報道されている。
 私はそれより10月5日の米国の公的資金投入と日本
[日本経済と米国]で書いたように日本は米国追随一辺倒でなく、いかがわしいサブプライムローンについて、バブル崩壊の先輩国の日本が、問題化しない内に米国に忠告しても良かったと思うのだが

[日銀の金融市場に資金供給]
 10日付けの読売新聞 
は「日銀が18営業日連続の資金供給…異例の3回、4兆5千億円」のタイトルで、日本銀行は10日、短期金融市場に午前と午後の計3回、4兆5000億円を即日供給した。
 金融危機が世界的に広がる中、外資系金融機関の円資金調達金利が0・7%超と、日銀の誘導目標(0・5%)を大きく上回る状態が続いていることに対応した。
と報道している。

 今日の読売テレビの「ウェークアップ!ぷらす」で司会の辛坊治郎さんが、「サブプライムローン・バブルの崩壊は、外国人の投資家が日銀の低金利政策を利用して日本から資金を調達してバブルを助長し、それが結局崩壊に終わったのだと言われているが」との質問に対して前金融長長官の五味廣文さんが「そう言う話もある」と返答し否定も肯定もしなかった。
 今回の資金供給も金融市場の資金の流動性を確保のためのようだが、日銀はまたは資金の供給だけで、後は市場任せて良いのだろうか
 金融機関が日銀の意図(例えば中小企業への貸し出しの増加)に合わせて、実際に供給した金が廻っているのか否かのチェックを日銀や政府機関をするべきだし、もしもそうでなかったらその対策を検討する必要は無いのだろうか。
 政府もそのための法制作りや改正などする必要は無いのだろうか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
政治ブログランキングへ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の国会とマスコミの印象 | トップ | 麻生さんの文春発言とテレビ朝日 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
間違い (ろっし)
2008-10-12 13:54:09
 間違いや部分的要素を指摘します。

 サブムライムローン崩壊の影響をまともに受けた米国は勿論、それに対する備えを怠ったEUなどのドル、ユーロの下落に比して、前回のバブルの経験を活かした日本の円だけが独歩高を演じていると言うそうだ。

 通貨で円高になるのは、円キャリー取引の収束、金利差の縮小が、原因です。日本の株を売って、ドルに大量に返還されています。ちなみに、東京証券市場は、アメリカの東京支店と考えるのが妥当です。

 円高→株価の下落→経済の悪化

 今回のショックは、円高と株価の下落にリンクはありません。通常ですと、円高だと株価下落ですけど。ダウと完全ドル建て連動です。

 「サブプライムローン・バブルの崩壊は、外国人の投資家が日銀の低金利政策を利用して日本から資金を調達してバブルを助長し、それが結局崩壊に終わったのだと言われているが」

 サブプライムローンは、低所得層がお金を返済できなくなったのです。ちなみに、ローンは住宅価格が永遠に高騰するという過程並びに返済が途中から上昇する形式です。それを債権化していたので影響が世界に及んだ。また、アメリカ、イギリス、スイスでは、信用取引(債権、不動産を担保とする取引)やレバレッジ(てこの原理で資本の数倍~数百倍のお金を運用する)を行っていました。日本からお金を借りたのは、世界で一番低金利だからなのです。つまり、円高には関係しますが、株価、債権には影響しません。別に日本が低金利でなくても自国で借りる話しだし全く関係ないですね。ちなみに、FRBが翌日物2%台にしてからドル替えが増えたのもドルが円で100円近くにいる理由です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『行け行け!インド』 (喜八ログ)
インド代表女子ホッケー・チームを描いた映画『行け行け!インド(原題:Chak De! India)』シミト・アミーン監督(2007)が面白そうです。
中村地区「コリアン移転」一考 (博士の独り言)
伊丹市中村地区の「全住民」移転とは 消えゆく同胞の住む街 在日3世が映像化 在日1世へのオマージュ…「中村区のイヤギ」 大阪で...
政権維持に固執する麻生首相の、オレさま流の「決断」&「一発逆転狙い」 (日本がアブナイ!)
 今日も記事アップが遅くてすみません。m(__)m  風邪の方はやや良化しています。ご心配下さった方々、有難う です。m(__)m このブログのためにも(?)、今週は大井遠征も 府中遠征もガマンして、、回復に努めているmewでございます。(・・)  最新記事の一覧...