普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

商業マスコミを脅かすか?ネット情報

2010-05-24 13:23:57 | 情報、マスコミ

 昨日の「弱虫軍団?民主党」のブログで自民党の江藤格さんの国会審議に対する民主党の野次に対するTwitterの反応に触れましたが、今日は最近のテレビで知った新しいネット情報の動きに就いて書いて見たいと思います。
NHK海外ネットワークのワールドトレンド「非営利ジャーナリズムの可能性は」 (5月22日)
  新聞や雑誌の経営悪化が深刻なアメリカでは、ピュリツァー賞を受賞するなど、有名で且つ高給のジヤーナリストを放出しているが、その人達を中心にして設立された「プロパブリカ
と言う非営利の報道機関が注目されている。
・スローガンは「journalism in the public interest
・その発表の場は主としてネットだが、記事については無料で新聞、雑誌テレビなどにも提供、広告料は取らない
・スタッフは約28人、資産家などからの寄付で運営
・従って報道は政治、財界などの権力にも脅かされた自由な報道ができ、それをまた大衆が支持している
・他にも同種の機関として「テキサス・トリビューン
などあるが、その背景には民主主義には公正な報道が不可欠だと信じる米国民がおり、その考えに従って、資産家が合計約30億円もの金を寄付すると言う、(私の考えですが)キリスト教に基づく「寄付文化」があることです。
  「前向きの提言」をキャッチコピーにしている私も、 日本人として羨ましく思うほかないのは残念です。
 せめて既存のマスコミが米国の非営利機関に負けないように、是非公平な報道をして貰わねば、 こ報道機関もそうですが日本の将来はない ような気がします。

フジテレビの「Mr.サンデー」のネット解禁“日本の政治”激変?(昨夜)
 これは関西で活躍している宮根誠司さんと滝川クリステルを中心とした番組のようですが、昨夜は政界でのネット利用の状況を伝えていました。
・事業仕分けのテレビへの開放→動画への書き込み→その書き込みを仕分けのスタッフが参考にしてその後の追及のやり方を変える(ポピュリズムと言う批判もでそうですが)
・Twitterの積極利用で有名な総務大臣の原口さんが自作自演で、テレビに頼らぬ動画の発信
・小泉進次郎さんのブログでの浅草で演説予定を見た女性達が雷門に殺到と彼へのラブコール
  中でも彼のコメントで感心したのは、「ブログ、Twitterで自分達を積極的に売り込むことは、国民に自分を知って貰うだけでなく、自分達が国民に近づきことで、国民から遊離しないことになる」と言う趣旨の発言でした。
  正に私の兼ねての主張の「政治家はマスコミが報道してくれないと愚痴る前に、自分からネットを利用して売り込むこと、そして一般の人達のコメントをシャットアウトしないこと」と同じことを言っていたからです。
  殆どの政治家がホームページを持ち、多くの人たちがブログを開設していても、意見欄がどこにあるか判らず、ブログのコメント欄を閉鎖している人が如何に多いか、そして折角の意見やコメントも如何に無視している人達が如何に多いか。
  今や情報は商業マスコミの独占で無くなり掛け、ネットの情報力も大きな力に成り掛けています。
  ベテランの政治家たちは若い感覚をもつ進次郎さんの意見の意味することを良く知るべきですし、もし情報手段の変化に就いて行けなければ若いスタッフを有効の利用すべきです。

Twitterに就いての私の小さな経験
・昨日、口蹄疫とTwitterの関係に就いて書いた流れで、また「口蹄疫」で検索してみましたが、今度は政府が口蹄疫発生に対して、国際連合食糧農業機関(FAO)から専門家派遣の申し出に対して政府が断ったことに対しての批判が多く出ていました。
  インターネットで検索しても批判のブログな多くあっても、その基本的な情報がどこから出たかはっきりしませんでした。
  それらを調べる内に共同通信→the Mainichi Daily News 
→2チャンネルの書き込み→ブログやTwitterで拡散したようです。
  毎日新聞で検索しても(何故か)出ないし、勿論(私の調べた範囲では)他の新聞で報道されていないようでした。
  この情報の重要性に就いては判りませんが、はっきりしているのは多くの国民が知らない内にブログやTwitterで流されていること、それが何らかの大きなことの前兆のになるかもしれないことです。
  口蹄疫蔓延の問題でも、テレビである解説者が、その初期から多くの人達がTwitterでこの問題を指摘していたのに政府が何もしなかったと言っていました。
  これもTwitterでは140字の制限があるため、逆に言えば気楽とtweetできるので気付いたことを直ぐに書けるので、ほんの一寸した情報でも発信できるからでしょう。
  私のような年寄りにはブログが精一杯で、一過性のTwitterで名もない私が多くの人達を惹きつける時間も体力もないし、進化し続ける情報手段にとて就いて行けそうにありませんが、政治家の人達はこの変化に就いて行かねば、取り残されるばかりになると思います。
・安倍さん:小泉改革の負の部分に対する国民の反応に気付かず参院選大敗
・麻生さん:公務員制度改革への国民の大きな期待に気付かず参院選大敗
  勿論、この他にも理由があり、マスコミ特にテレビの報道姿勢にも問題がありましたが。
・そして鳩山さんが自分の発言が起こした、沖縄県民の考え方の変化に気がつかず、 (意識的に目を瞑っていたかも?)自ら普天間基地問題を暗礁に乗り上げさせたこと
  前にも書きましたように政治家は進化する情報手段を通じて、自分を国民に知ってもらうことと、自分も国民のことを良く知って、国民から遊離しないようにするべきだと思います。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱虫軍団?民主党 | トップ | 社民党は連立を離脱すべきか否か »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愚かな宮根誠司 (鳩山ルーピー由紀夫)
2010-05-24 19:40:29
普天間基地の移設先は国民全体で考えるべきだなどと、愚か極まりないことを言う左巻きの宮根誠司。
愚かな鳩山由紀夫の責任を国民に転嫁しょうとするのである。
無責任で愚かな宮根誠司自身は、どこに移転するのかの意見が言えない。
【静岡県連への活動費ストップ=小沢氏、2人目抵抗で報復か-民主 (愛信)
2010-05-25 00:37:52

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052300257

静岡県連は、2人区に2人の候補を擁立する小沢一郎幹事長の方針に
「2人が勝てる状況ではない」と抵抗。結局、小沢氏が県連の頭越し
に2人目として新人の公認を決めた経緯がある。

不正選挙違反関係
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/csski.cgi
定額給付金関係
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cstgk.cgi

小沢幹事長には斯くも強引な2人目擁立でも当選できる腹案があるの
だろう。


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
北朝鮮の対日戦略 Part4 (風林火山)
北朝鮮が魚雷攻撃で韓国の哨戒艦「天安」を沈没させた事件について、北朝鮮は、(韓国が)報復に出た場合は「全面戦争で応える」と脅迫宣伝を行ったようだが、、北朝鮮は昨年11月のデノミネーション(通貨単位の切り下げ)失敗もあり、すでに国家として体をなしてなく、兵...
立ち上がれ日本の参議院選候補者はどんな人たち? (はみ出し教師の考え)
 最近新党が流行っている。もうすぐ参議院選挙があるので、新党の候補者がどんな人たちなのか、興味があるので調べてみた。  今回は立ち上がれ日本の候補者について見ていく。  比例代表 中川義男さん 参議院議員・次回自民党で公認が得られないことが決まって...
貧困な価値観 (三四郎の日々)
兵庫県の自治体が「若者の読書意欲を刺激する」という意図をもって1冊で一千万円を超える豪華な「希少本」を購入したという(神戸新聞電子版)。 >兵庫県たつの市が「若者の読書意欲を刺激しよう」と購入した1冊1240万円の美術書「ミケランジェロ ラ・ドッタ・...