普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

どうした蓮舫民進党

2016-10-12 11:55:55 | 政策、社会情勢
 前回の投稿で「民進党代表に当選した蓮舫さんのは今後は批判ばかりでなく提案力を活かして進みたいと言っていた。定常的政権交代を期待している私としては、彼女が対案を出せない難しい党内の情勢の中でも頑張って貰いたいと思っているが果たして!?」と書きました。
・現実は彼女の提案は単なる提案の名を借りた批判ばかり。
私も前回の投稿で提案と対案をごちゃ混ぜにして書いて居ましたが、私の期待するのは元政権与党、野党第一党として出して欲しいのは安倍内閣の政策に対する対案です。
蓮舫さんですら対案が出来ない理由は民主党が自民党の右翼に近い人から反日の丸日教組など左翼との混合の中でいかに弁舌に優れていても提案と言う名の批判しか出来ないのでしょう。
・テレ朝の羽鳥-橋下の番組で民進党から細野さんが出ていました。お世辞を交えて言えば論旨明快、率直な物言い。これだったら民進党も何かやってくれるかもと錯覚させます。
 現実は昔の民主党で言えば古い体質の小沢から左へ赤松、社会党から来た横路、日教組の輿石とのベテラン各氏がが党の基本方針を抑えているのです、そして彼らは言いっぱなしのNHKの国会討論には出でも民間人もでる討論番組には絶対にでないのです。だから民放を見た国民に民主もやるな思わせ、それにしては自民党が良く言う対案をだせと言っても民主から何故ほとんど対案が出なく国民から次第に見放されてきたのです。蓮舫さんはこの体制を直すことが出来るのでしょうか?
・その蓮舫さんは自党では憲法論議さえできないでいることを棚にあげて、5日の参院予算委員会で自民党憲法改正草案に「家族は助け合わなければならない」とあるのを時代に逆行しているなどと批判していましたが、安倍さんから軽くいなされていました。
 私は家庭内の虐待、殺傷事件が増え、低成長で昔より就職のために家族が別に家を構えるいわゆる核家族化の傾向減少し、女性の社会進出が叫ばれ子供の世話をする健康な老人が増えた今こそ家族のあり方について見直す必要があると思いますが。
 蓮舫さんの国会での業績?は大臣新任の稲田さんいじめ位。これが野党第一党の代表がすること?
・そして蓮舫民進党のやった事は東京都と福岡県の衆議院補選へ共産党との共闘。最大の支持母体の連合の会長から共産党から手を切れば応援するとの言葉を無視して。
 追記:10月10日の読売の世論調査の同補選での共産党との共闘に賛成30、反対50(国民も良く見ています)
一方の自民党は二階幹事長はそれまでのいざこざをおいて小池都知事と衆議院補選の協力を決め、安倍内閣は連合の求める従業員の待遇改善をしているのに。
勿論それでなくても天変地異がない限り若狭さんの圧勝は間違いないと思いますが。
  民進党の唯一の希望は自民党分裂の福岡県の補選だけです。万一それを落とせば蓮舫さんの人気はがた落ち、また民進党恒例の内紛。
・都知事選で最初から最後までその目的は原発反対を訴えるためと言った鳥越さんを支援した民進党。
県内に川内原発を持つ 鹿児島の県知事の二反園さんと違って、都内に原発を持たぬ東京都の都知事がいくら原発反対と言っても犬の遠吠えになるのは分かりきっているのに、原発反対が唯一の表看板の鳥越さん推し共産党との共闘でまたまた実質的には最下位のとなり信用を落とした民進党。
・議会では多くの法案を出している日本維新の会の民進党批判が目立ちます。自民党に対抗する憲法草案どころかろくな法案も出せない民進党批判を通じて自党の存在を際立たせないのでしょう。
・最近本屋で某中小企業の社長の書いた「笑い民進党」を見ました。
内容は参議院選挙で最初から自民・公明の3分の1防止とまるで最初から負け戦を見越した公約批判など最初から終わりまで民進党批判ばかり。
何故忙しい社長さんが文庫本とは言え、どれだけの時間を割いて書いたのか。
定常的な政権交代を期待する私は、彼が「元政権党、野党第一党の民進党よももっとしっかりしろ」と言っているような気がしたのですが。
 民進党の人たちは感謝してその本を見たらどうでしょう!!

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天下の悪法残業時間無制限法... | トップ | 元保全技術者が見た豊洲問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。