普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

原子力規制委員会の責任感は?放射性物質の「拡散シミュレーション」

2012-10-25 15:53:35 | 企業経営・原発
・原発事故後の強化対策無視、明らかに安全な原発も全炉炉心溶融を前提としたシュミュレーション・無茶苦茶に安全な基準を作り事実上原発ゼロにすれば日本経済衰退は確実
人気ブログランキングへ ブログ村政治ブログへ
 原子力規制委員会は24日、全国16か所にある原子力発電所で事故が起きた際、放射性物質がどれくらい拡散するかを予測した「拡散シミュレーション」を公表した。
 柏崎刈羽、浜岡、大飯、福島第二の4か所では、規制委が示した新防災指針案で重点区域とされた原発から半径30キロ圏を超え、7日間で100ミリ・シーベルトに達する結果が出た。国がこうした試算を公表するのは初めて。ただ予測は、(年平均の)気象条件だけをあてはめたもので、地形は考慮していない。
 今回のシミュレーションは、地域防災計画を作る自治体の求めに応じ、福島第一原発を除く全国16の商業用原発を対象に参考情報として試算した。
 それぞれの原発で、〈1〉福島第一の事故と同量の放射性物質が漏れるケース〈2〉すべての(炉心溶融に伴う)原子炉の合計出力に応じた放射性物質が漏れる最悪ケース――で実施。原発から16方位の直線上に、国際原子力機関(IAEA)が避難を求める基準である7日間の積算被曝線量が100ミリ・シーベルトに達する地点を地図上に示した。
 (読売新聞より、なお括弧内は私の注記)
 この発表では原発の維持を主張する読売はほぼ肯定的な社説を出し、産経の社は下記のようにやや批判的ことを指摘しています。
・「汚染の限界」を示すはずが「汚染の予告」と誤解される可能性を孕んでいるのではないか。
・地形に就いて考慮されていない、事故時の風向き次第で異なる汚染の分布も生じ得る。
 自治体の側も、困惑するはずだ。実効性のある地域防災計画の策定に有効につながるかどうか。前提条件の影響で、汚染範囲が過剰に拡大する。(詳細省略、この点は読売も指摘)
・シミュレーションの全般の傾向を見る限り、避難が必要となりそうな地点は多くの原発で20キロ圏内外に収まっている。そうした見方も忘れてはなるまい。
・さらにもうひとつ。放射性物質の大量放出をもたらす水素爆発の再発防止策は各原発で講じられている。これを考慮しない防災計画は現実離れしかねない。
[私の意見]
 原子力規制委員会の発表を見て直ぐ感じたのは産経の最後の指摘した部分です。
 私は前から書いているように今回の福島第一の事故の責任は99%東電、それも幹部にあると言う立場ですが、菅さん以下政府幹部の介入にも関わらず、現場の人達の頑張りで、未曽有の大地震と大津波の中での日本始めての事故の中で1~3号機は炉心溶融、4号機は燃料プールの建屋破壊しましたが、5~6号機は冷温停止に成功しました。
 その後保安院から緊急対策の指示の通りに各原発は緊急電源、外部電源の設備など緊急対策は終わりました。
 また総てパスした訳ではありませんが、各原発はその後の指示でストレス・テストも終えています。
 現在原子力規制委員会で安全基準を作っていますが、その前に保安院からでた約20項目の改善指示に従って各原発とも強化策を計画、または実施中です。
 詰まり各原発とも事故処理に対する貴重なノウハウも持ち、少なくとも当面必要な改善策を実施しています。
 特に何も処置しないでも福島第一は6設備中、4号機の建屋破損と3設備の炉心溶融で済み2設備は無事停止し、そしてそれに各原発は事故処理のノウハウと設備の改善済みです。
 そして規制委員会の安全基準に添った改善が加われば、よりトラブル無しの原発が出来る筈です。
 それでも安全に見てシミュレーションをするとすれば、「福島第一の事故と同量の放射性物質が漏れるケース地域」の指定だけで良かったのに、すべての原子炉の炉心溶融に起因する「すべての原子炉の合計出力に応じた放射性物質が漏れる最悪ケース」を設定したのは、いたずらに地域に人達に不安を与え、反原発派の動きを加速させることになるような気がします。
 それと地震や津波の頻度もレベルも低いとされる玄海や川内などの各原発の総ての原子炉の炉心が溶融が起こる可能性は全くないように気がするのですが、規制委員会はそこまで考えているのでしょうか。
 安全性の高い原発も低いのも総て一律のスケールで発表して、地域のため国のためになるのでしょうか。
 私は原子力規制委員会ができたとき、原発事故発生後の安全委員会の人達の無責任な発言から、規制委員会も事故が起こったときの自分の責任逃れのため、経済性を全く無視した安全基準を作るのではないかと心配していました。
 勿論日本の経済が上り坂のときなら原発を思い切ってなくすことも出来ますが、綱渡り状態の経済では何とか原発の安全を確保しながら、原発を少なくとも漸減しなければならないときです。
 原発の稼働を決めるのは政府で、規制委員会は安全の基準を作れば良い、(委員達はそうは思っていないと思いますが)原発など無ければ一番良いと考えるのは政府機関の一つとしての責任が果たせないと思うのですが。
 たまたま、「大地震予知失敗のイタリア科学者6人に実刑判決」のニュースが出ていますが、自分達のしたことの批判を恐れて、今度のシミュレーションのように何がなんでも安全側の情報を流し、経済性を無視した安全すぎる基準を決定をしたら、日本経済はがたがたになります。
 無責任と言えば政府は原発の稼働を決めるのは規制委員会と言い両者で責任を押しつけ会っていますが、全体をみるべき政府として余りにも無責任過ぎると思いますが、このような政府を持つ日本の行く先はどうなるのでしょう。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキング
       
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋下さん、原点に帰って政治... | トップ | 石原さん都知事辞任・新党結成へ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お勉強になりました。 (くみ)
2012-10-26 03:02:18
子供にも 解るくらいの説明が あったら いいなぁ!って 思いました。 原発は 事故が あってから 知りました。 ニュースがながれ 国会議員の先生方とか 大学の偉い先生方とか いろんな方々が 原発推進して いらっしゃるのが解りますね。 推進のメリット?は なんなんでしょう?? みんな、とっても賢い方々ばかりだと 思います。よーくテレビを みていたら ほとんどすべて、原発推進の方々ばっかりですね。 反対派の方々の お話がでてないのも 不思議ですね。
よく解らない事ばかり 起こってますね。 (くみ)
2012-10-26 10:46:51
責任者?? 東電だと おっしゃいますね。 私は 賢くないから ごめんなさい。 私が 劇団とか バレエ団に 遊びに行った時 だ~れも いなくて 建物に 何かあったら 建物の所有者の 責任に なるんやて!って 教わりました。だから 鍵は しっかり閉めてね!って みんな気をつけて います。 建物だけを 言ったら 東電様の 責任に なりますね。m(_ _)m 後 事故が 起こったら 偉い 政治家の先生方が 言葉に重みがある 政治家の先生方が 危なくないって 言ってられますね。 政治家の 先生方は 何をするお仕事なんでしょう? 逃げて下さい!って 言う偉い方々が だぁれも いないって 不思議ですね。??? 逃げてないから 建物を 持ってる東電さんの 責任に なるのですね。建物の、所有者だからかなぁ? テレビも あんまり ニュースが 危険度が 解らないでした。 交通事故みたいに 起きた事だけが 流れてましたね。 台風だと 最大限の 注意とか 外出しないように 注意してくれますよね。だから なんでも ないのかなぁ?って 思います。テレビは 原発事故は 台風みたいに 注意報でなかったんで 変ですね。 有名な大学の先生方が テレビに ではりましたね。あんまり ちっとも、危機感が 感じられませんでした。 社会人とか、原発の現場にでてない、偉い先生方は 現場を 理解するのは、難しいと 思います。 危なくないように お話されてますが テレビ局とか、お部屋の机で お勉強されてるから 偉い大学の先生方は、無理かもです。大学の先生方も 福島で 事故現場で 生活して、お話されたら すぐに解ります。 原発事故は 危ないものだと 思います。 建物の所有者さんの責任に したら 広範囲に 汚染されてます。広範囲の方々の責任に なります。 広範囲になるように 拡散を手伝った 方々も 責任になります。最初は 小さな 建物だけでしたが 今は 瓦礫問題も 含めて 焼却場まで 責任者に なります。 どこかで 止めてくれないと 市民が 困ります。賢くない私ですが 放射線物質が 拡散したのなら 拡散した原因の 所有者まで いっぱい出てきます。大変です。m(_ _)m
Unknown (Unknown)
2012-10-26 14:47:45
2012年10月26日

軌道


知識にはそれぞれ回転する複数の軌道がある。

観察者がどの位置にいるかを識るための知識なしでは
異なった軌道を相互に移動できない。

それは子どもが実験から学ぶべき
重要な最初の知識に違いない。
http://two-pictures.net/mtstatic/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。