普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

12道府県の不正経理

2008-10-21 17:21:31 | 地方分権と再生

[不正経理12道府県で10億円超、国に返還5億6339万]
 
全国12道府県で不正経理が発覚した問題で、会計検査院に指摘された不正経理の総額が、10億円以上に達することがわかった。

 国へ返還する補助金分は5億6339万円となる見通しで、架空発注で業者の口座に資金をプールする「預け」と呼ばれる裏金も、総額8678万円に達した。膨れ上がった不正額は公金を扱う職員のモラルの乏しさを映しており、批判の声がますます強まりそうだ。  (読売新聞より)

[地方分権の問題点]
 昨夜テレビ朝日の「たけしのTVタックル」で地方分権に対する政府の省庁の強い抵抗があり実質的な殆ど進行していないことと、自民、民主両党のそれに対する態度を放送していた。

 地方分権に反対する省庁の言い分は次のようなものだろう。
表向きの理由
・全国レベルでバランスの取れた政策が難しくなる
・地方組織の規模が小さ過ぎて情勢の変化があった場合にその運営に支障を来すことがある。
・技術的には国からの都道府県ごとの交付金の決定が難しいので、今までのように案件ごとの交付金配布の方がより適切になる。

表向きには言えない理由
地方の問題

・国に比べて特定の思想を持つ人が長になる可能性が大きく、国全体の方向と違う方向に進む可能性があるのでその権限はなるべく小さくしたほうが良い。
・地域が小さくなる程土地のボスや特定の圧力団体の影響力が大きくなりやすく、公平な政策実施が難しくなる。
・地方自治体に問題が起こっても、全国的に報道されず地方に埋もれてしまう可能性がある。
・地方自治体の不正など中央省庁としての監督する必要がある。

省庁内の問題
・人員、予算とも大幅に減らされれば、その権限が大幅に削除される。
・ある程度合理化が進んでいる地方自治体に出向した職員はリストラされないとしても、その負担が大きくなる。

[地方自治体へ]
 今回の会計検査院が検査した全ての道府県の不正経理の発見は自民党、近い将来政権をとるかも知れない民主党による地方分権や公務員制度改革に直面している省庁にとってまたとない反対の理由を与えるものだ。
 社保庁職員のようなとてつもなく大きな怠業や国土交通省の無駄遣い、前防衛事務次官の収賄など、自分のことは棚に上げて、政府の官僚は地方自治体の監督の必要性を訴えるだろう。
 地方自治体は今までの分権要求の方向から、地方への交付金増額要求のほうに傾いているそうだが、今回の問題発生が地方分権のみならず予算増額要求にさえ不利な情勢をもたらしている。
 都道府県庁など地方自治体は政府の省庁に比べれば圧倒的に規模は小さく、首長や幹部がその気になれば、細部に亙って眼が届きやすい立場にいる。
 今度のことで政府省庁に地方分権反対や配布予算の増額反対の余計な口実を与えない ためにも、会計検査院に代わる第三者の定期的な会計監査を自主的に導入するなどして、このような問題の起こらない様に努力する必要があると思う。

[麻生さん小沢さんのどちらが上手く官僚を制御できるか]
 麻生さんは「官僚は敵ではない、如何に上手く使いこなすかが問題」と言い、官僚には「省益より国益を優先する」よう指示した。
 私は麻生さんが企業の自主管理活動の考え方をを官庁に導入して合理化を進める一方、かっての渡辺喜美さんの提案に対してゼロ回答するようなことをすれば、事務次官を更迭する位の思い切ったやり方をして貰いたいと思うが、それも自民党が勝って、しかもその場面にならねば判らないのが残念だ。

 一方、小沢さんは民主党が勝った場合は、党員約100人を省庁に貼り付けること、天下り全廃と言う官僚を全く信頼してないかに様に見える政策を訴えている。
 これは一つの考え方で、私も多くの問題を抱えている舛添さんには必要とするだけの要員を配置するよう提言したことがあるが、100人もの人を貼り付けることは、官僚の「やる気」の点から考えると問題があるような気もするが、その良し悪しもまたやって見なければ判らない。

 いずれにしても二人のどちらが勝っても上手く官僚を使いこなし、両党とも賛成している地方分権の成果を上げてもらいたいものだ。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
政治ブログランキングへ

政治ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これからの日本の役割 | トップ | 橋下さんと朝日新聞 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
表向きには言えない理由 (ろっし)
2008-10-22 06:50:46
表向きには言えない理由は、そんな感じでしょうね。地方分権が進めば、地方に優秀な人材が必要です。後、国会議員が道州のトップを目指すでしょう。町村だと職員は、何でも屋であり、官僚や国会議員にその実態は、理解されていないでしょう。都道府県議員で理解している人は、それなりにいると思うけど。医師不足と同じで、職員不足(すなわち専門性の欠如)であり、財政面を考えれば仕方のない現象であることは確かです。このあたりを十分に考慮しないと問題が起きるでしょう。逆に政令指定都市、中核市では、プラスばかりです。街の格差が広がるのは、止めれないでしょう。
Unknown (名無し)
2008-10-22 17:09:50
体制側の政府や政治家は常に批判される存在。
彼等を批判できなくなった世界は独裁国家に過ぎない。それが嫌なら政治家などならないで、評論家でいればいい。そして好きなだけ、自分を叩いた言論機関と喧嘩すればいい。
政治家はその批判を不当に感じていても、いちいち反論するべきものではない。鬱陶しい存在だと思うだろうが無視すればいいのである。
もし名誉棄損だと思えば刑事告訴をすればよいのである。

五月蠅と本気と喧嘩するような政治家には政治は任せられない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
韓国「対馬侵略」 (博士の独り言)
  侵略国のおぞましい実態を知ろう! 対馬が危ない!!(上)  古事記や日本書紀にも登場する「対馬」(長崎県)。国境を背負い、...
【2ch×mixi】10月以降ダライラマ来日までのフリチベ運動【追加続き】 (帝国ブログ)
前回の最後にこう述べました。 ※更新するに辺りページ容量限界の問題から次回に続きます。 という訳で続きです。 デモや報道など情報はこちらまでお寄せください。 ≪告知≫ チベット関連総合資料室2 ≪コピペ≫ http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/off...
怒-22 「朝日新聞は悪口ばかり」・・・・確かに! (『春夏秋冬 喜怒哀楽』)
10月21日(火)社会面(33面)の片隅に、その記事はありました。 テレビで、大々的に放送していたが、流石に自分のところの問題は 掲載していないかな?・・・と思いましたが、朝日は載せていました。 少し、(ほんの少しだが)褒めてあげましょう。 ...
郵政選挙のころ(凛) (がんばれ城内実(きうちみのる))
城内実後援会メンバーの「凛」さんのコメントを掲載させていただきます。 (★引用開始★) 喜八さんのリクエストに応えてコメントさせていただきます。 私(凛)は2005年の郵政解散...