普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

天下り問題から官僚制度を考える

2008-01-06 10:27:16 | 政策、社会情勢

 近頃政府攻撃の材料として、野党や一部マスコミが取り上げている官僚の天下りの問題を私の経験を通じて見た官僚制度を考えてみたい。
 詰まり「針の穴から天を覗く」ような見方だが、それなりにも問題の核心の極く一部に触れることもあるかも知れない位の軽い気持ちで読んで頂きたい。

[私の経験]
 私は定年間近にになって、下請けの会社に出向していた元の上司のからの要請で同会社に出向した。
 詰まり今の言葉で言う天下りだ。
 違うのは同会社が社としては小さいが将来の方向を決める海外プロゼクトに人がいなくて、海外での技術援助の経験がある私を派遣して貰う様に私の会社に依頼してきたことだ。
 私は正直言って、その会社の余りにも金にがめつい社風が嫌いだったが、宮使えの悲しさで会社の命の従う他なかったが、旧知の同社の副社長に入社後は技術一本槍で営業にはタッチしないことを約束して貰って入社した。

 そのプロゼクトは、新しく建設された工場のメンテナンスで、私の半世紀に渡ってやってきた専門の仕事だ。
 私は部下とともにスタート・トラブルの解決に当たり、多分客先や出向先の評価もそれなりにあったと思う。

 私はそれが済むと、次の同じような海外の業務の受注から、実施まで当たって63歳で退職した。

 その間昔の会社と社風が全く異なる出向した会社で嫌なこともあり、同社の評価もそれなりだったと思うが、冴えない私にしては幸運と思わなければいけないのだろう。

 さらに幸運だったのは、同社に同じく重役として出向していたAさんが海外の技術員研修を目的に立ち上げた、NPOに拾って貰ったことだ。
 そのお蔭で大した能力もない私が、80歳まで陰の仕事が主だったが、何とか国際貢献に少しでも携わることができたし、弁当代や交通費の名目のいくらかの手当で家計の助けにもなり、家内から粗大ゴミ扱いにされずにこれた。

 詰まり私は、
・バブル真っ最中で膨張に続く膨張からくる人材不足を埋めるための出向だったこと、
・その業務が、私の専門だったこと、
・当時の国際貢献の波に私の海外勤務の経験が活かされたこと、
などの幸運が重なったのだ。

 私たちのNPOの主な業務は、政府の直轄のJICA(現在は国際協力機構に改編)の委託を受けての海外技術員の研修だった。
 そこで私は始めて政府関係者のことを直接、間接に知ることが出来た。

 私たちのNPOが一番困ったのはJICAの職員が約2年で交代することだ。
 その為海外事務所から来た人など技術研修など何も知らず、やっと覚えた所で直ぐ転出してしまう。
 そうかと言って委託先の人にその仕事の説明を受託機関の人が説明するのも可笑しいし、と言う訳だ。

 JICAの関係者としては、私どものNPOに丸投げ状態で、我々に来る指示はJICAの基本方針の変更とか、NPOが提出する予算の数字の間違いなどの指摘だけと言うあり様だった。
 NPO側としては予算の枠内では自由にやれることが出来た一方、NPO側自身にも問題があったが話が逸れるので省略する。
 唯言えるのは委託先のNPOにJICAが殆ど指導することが無かったと言うか出来なかったことだ。

[天下りと官僚組織]
 万が一にJICAから私のいたNPOに天下りを打診されたら、余程のことが無い限り、NPO側は断るだろう。
 何故なら彼らはゼネラリストではあるが海外研修専門のスペシャリストではないから、来て貰っても役に立たないからだ。

 これが一般官庁からの天下りを一般の民間企業で受け入れるのも同じことだ。
 技術畑の人や医学の専門家などのスペシャリストの場合は殆ど問題ないどころか喜んで受け入れるかもしれない。
 然しゼネラリストとして育てられた人にたいしては、本人の官庁で培われてきた潜在的能力を考慮して何らかの使い道を考えて受け入れるのだろう。

 然しそれも不足している人を官庁から押しつけられた場合はどうするか。
 私の場合は出向にあたり不得手な営業をやらない条件を出したが、官庁も本人もそのような条件も出せない
 官庁によっては、本人を受け入れれば、受け入れ先にもいいことがあるようなことを匂わせる所もあるかもしれない。
 だから受け入れて貰った本人達も余程厚かましく無い限り、営業に走るしかない。
 詰まり出身官庁から仕事を取ったり、今まで仕事を出していた民間企業に、出身官庁の名をちらつかせて仕事を貰ってくることだ。
 そこから談合や不正受注、今回の守屋さんのような収賄などの不正行為が起こる可能性を秘めている。(なお守屋さんの相手の宮崎元伸さんは自衛隊出身)

天下り問題の解決策
 天下り問題解決のためには平凡だが次の方策しかないと思う。
1.官僚の育成には、民間企業で受け入れて貰えるような教育をすること。
 その為に、民間企業への出向なども考えること。
 これは出向先との依怙贔屓を産みやすい反面、官僚が現場を知ると言う大きなメリットがある。

2.官僚組織と言う密閉社会で一生を完結する人事制度を考える。
a.一人が昇進すれば、同期の人が余所に出される現在のシステムから60歳まで官庁内で働けるように変える。
b.関係の今までの独立法人(下記参照)などの人事管理を一本化して、同法人への出向でなくて、転勤とする。
・当然に給与体型も一本化する。
・だから今までのように法人を変わる毎退職手当を出さずに、最後の法人を退職するとき一度だけ出すようにする。
 詰まり今までの直轄の独立法人は全て省庁の外局扱いにする
 民間会社の連結決算の考えかたを導入し、予算も全て省庁の予算に一本化する。
・当然に特別会計も無くす
然し、この様な世間と隔絶した空間を作って良いかとの基本的な問題が起こる。
そこで考えられるのは3.のような折衷案が良いのかもしれない。

3.1.と2.の考え方の両方を採用する

 今まで続いてきた官僚組織を変えることには大きな問題もあり、大きな抵抗もあると思うが今の政治制度と併せて、今後絶対に進めて行くべきだし、また何年が何十年か先か判らないが何時かはそうなると思う。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓
人気ブログランキングへ
政治ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二大政党制度の検証 | トップ | 政治の停滞を如何に克服するか »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-03-12 20:14:49
本当にそうだと思います。
いっそ、なくなってしまえば、だれもいやな思いをしないですみます。
定額給付金の財源よりこっちの財源つぶしません?
人へのお給料、必要経費ってけっこうかかるもの。
途上国の人たちも、自分たち(の仲間)が日本にいけるからって、目をつぶってるひとも多いんじゃない?
または、一握りの特権階級が自分たちの生活を脅かされないようにしているのもいやな感じ。

結局、大満足して帰国する人って、誰もいないんじゃないの?やめましょう、ぜひ。
官僚とは (Unknown2)
2010-08-28 12:13:20
前近代、最近超高齢者問題で
話題があるが、その時代士族と言われた人たちは
何らかの優先権を持って、新しい時代を迎えた。
もちろん失敗した人もあると思うが
概ね、人を押しのけることに生きてきた人が多く、
その人たちは多くの財や、利権を得て今に至っていると思う、
試験など各種の選抜があるが、
その公平性に至ってははなはだ疑問で、
裏工作などが問題になるのは元々、
末葉に人たちもっと主幹は何の苦もなくすり抜けていると思われる。
これれの事実を持って、相続制度、等その伝統を保護する、
上位優先のかんがえを改めさせることは
千年掛かっても無理かも知れない。

イギリスを見よフランスを見よ。
ちょっと言いたいんだけれど (本当?)
2015-06-18 23:31:31
NPO、NGO善が、思考停止です。それなりの人が何となく吠えているだけ。でも仕事はできないし、やはりNPO、NGOなんだな・・・と思います。
Unknown (Unknown)
2015-11-08 21:24:07
請け負っている限りはプロフェッショナルに徹してください。指示がなければ仕事が出来ませんか?JICAを好きではないけれども、あまりにナイーブなNPO、NPO連が多すぎる!!!

コメントを投稿

政策、社会情勢」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
創価「民主が手助け」か (博士の独り言)
    「政局を割る」つもりが創価学会の手助けに 「地方参政権付与法案・再提出」の矛盾  外国人の地方参政権法案、民主内...
共闘が共倒とならない為に・・・ (らんきーブログ)
人気ブログランキング ←全体的にクリック数が減ってる。今がチャンスだクリックだ!(笑) たくさんの人のお陰でやっと、ブログも年を越...
自公放置で橋下ピンチ?+公明党開き直り+M&A規制+都三鷹・野茂・競馬 (日本がアブナイ!)
最新の記事一覧・・・12月分はコチラ、1月分はコチラ   5日、今年の初競馬(JRA)が始まった。  <mewは、すでに川崎競馬をやってるけど~。お正月開催は、そこそこ プラスだったので、ご機嫌。(~~)>   初日恒例の金杯は、東がアドマイヤフジwith川田...
墓穴を掘ったヒラリー・意地悪婆から泣き婆へ (米流時評)
    ||| 自ら墓穴を掘ったヒラリー ||| 08年大統領選・民主党最有力候補から傷ついた敗北者へ一夜で転落 ヒラリーの敗因は、彼女自身のエゴと Likability=好感度の欠落 意地悪婆に天罰が下った。いきなりの暴言でえげつないことこの上ないのだが「ヒラリー3...