むすんで ひらいて

ぽてぽてと歩く毎日。

のどかに、やさしく生きたいな。

白馬の滞在記 2

2016年09月18日 | 日記

朝食後のお散歩。 前日の夜中に雨が降っていたので、苔の絨毯もしっとり。

 

倒木から、きのこ。 

 

長い石段を上ったところにある青鬼(あおに)神社。 暑い日だったけれど、途中この辺りから、ひんやり気持ちのいい気温に変わった。 

すぐ下の青鬼集落の路上にはバッタがたくさん、蝶々やトカゲやヘビも共存していて、標高約760mのそこには人よりも大きな力を持つ自然の下での暮らしを如実に感じた。

 

森閑とした境内で、苔に射した光が踊っているように見えた。 同時に、抹茶きな粉の安倍川もちが並んでいるようにも・・・。

 

 

夜の白馬駅、20:20くらい。 山の夜は静か。

  
 

                                                           つづく

 

 

 

                           かうんせりんぐ かふぇ さやん     http://さやん.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白馬の滞在記 | トップ | 白馬の滞在記 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。